« 「曜日の順番は惑星と関係ある?」 | トップページ | NHKドラマ「はつ恋」にドキドキ?? »

2012年6月28日 (木)

ザ・ピーナッツ伊藤エミさん死去(71歳)~「モスラの歌」

今朝の新聞に、ザ・ピーナッツの姉・伊藤エミさんが死去したという報が載っていた。71歳だったという。
「1960年から70年代にかけて活躍し、ヒット曲「恋のバカンス」「恋のフーガ」などで知られる双子姉妹デュオ「ザ・ピーナッツ」の姉、伊藤エミ(本名・沢田日出代)さんが、今月15日に亡くなっていたことが27日、分かった。71歳だった。関係者によると、最近は病気療養中だったという。死因は不明。葬儀はすでに近親者のみで執り行ったとしている。
 そっくりな笑顔で昭和の一時代を彩った、二輪花の、一輪が静かに散った。関係者によると、かねて病気療養中だったエミさんは病魔に打ち勝つことはできず、静かに息を引き取ったという。
 一卵性双生児の姉・エミさんと、妹・ユミ(本名・月子)は幼少時代から合唱団に所属。17歳のとき、名古屋市のナイトクラブで歌っているところを、渡辺プロダクションの渡邊晋社長(当時)に才能を見いだされた。英才教育を受けて、ザ・ピーナッツを結成。1959年4月に「可愛い花」でレコードデビューを果たした。
120628itouemi  たぐいまれな歌唱力と双子ならではの美しいハーモニーで、「恋のバカンス」や「恋のフーガ」など大ヒット曲を連発し、シングル・アルバムを合わせ、1750万枚を売り上げた。NHK紅白歌合戦にもデビューイヤーの59年から16年連続で出場。音楽バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」のメーン司会を務め、コントもこなすなど人気を博した。61年には2人そろって映画「モスラ」に出演し、「モスラ~や、モスラ~や」で知られる劇中歌も担当した。
 73年に一度は引退を決意するも、日本歌謡大賞特別賞を受賞したことから一時引退を撤回、75年4月に芸能界を去った。このときエミさんは、ザ・ピーナッツの「東京の女」の作曲を手掛けた歌手・沢田研二(64)と交際しており、75年の引退直後に結婚した。子宝にも恵まれ男児を出産したが、87年に離婚。その後も芸能界に復帰することはなかった。
 脚光を浴び続けた16年間の芸能生活では、後輩の園まり(68)や小柳ルミ子(59)にドレスをプレゼントするなど、仕事仲間の面倒見が良かったエミさん。引退後は人前に出ることを極力避けて、“一般人”として暮らしていた。
 それでも芸能界でお世話になった恩人が亡くなった際には、告別式とは別に人目につかないタイミングで弔問し、義理を忘れることはなかった。表舞台から姿を消してからは、ファンの前に再び登場することもなく、そのままひっそりと天国へと旅だった。(2012年6月28日)」(
ここより)

ザ・ピーナッツは、自分の音楽人生(!?)の中でも、“非常に良く”聞いた歌手のひとり。ちょうどレコードがモノラルからステレオに変わる時代で、ステレオ録音の初期の頃、二人が左右に分かれて録音された歌は、何ともステレオを意識した録音で懐かしい。
前に「心の窓にともし灯を」の記事を書いた(ここ)。自分がこの歌を初めて“録音”したのが1964年(昭和39年)なので、もう半世紀も聞いている歌手、という事になる。それに引退が1975年だというので、もう引退から32年も経っている・・・。早いものだ。

今日は、上の記事にも出てくる「モスラの歌」を聞いてみよう。これは1961年に公開された映画「モスラ」の劇中歌で、この音源はたぶん擬似ステレオである。

<ザ・ピーナッツの「モスラの歌」>

「モスラの歌」
  作詞:由起こうじ
  作曲:古関裕而
モスラヤ モスラ
ドゥンガン カサクヤン
インドゥムゥ
ルスト ウィラードア
ハンバ ハンバムヤン
ランダ バンウンラダン
トゥンジュカンラー
カサクヤーンム

この歌詞は、架空の言葉だと思ったら、何とインドネシア語だという。そしてその意味は、下記のようだという

モスラよ 永遠の生命 モスラよ
悲しき下僕の祈りに応えて
今こそ 蘇れ
モスラよ 力強き生命を得て
我らを守れ 平和を守れ
平和こそは 永遠に続く
繁栄の道である

そして、改めてビックリしたのが、作曲が古関裕而だということ。ナルホド・・・・
ともあれ、とっくに引退されたとはいえ、時代に大きな影響を与えたこれらの人たちの逝去の報に、つい時代の流れを意識してしまう。
こんな歌でも聞きながら、伊藤エミさんの冥福を祈ることにしよう。


« 「曜日の順番は惑星と関係ある?」 | トップページ | NHKドラマ「はつ恋」にドキドキ?? »

コメント

ラジオからは歌が流れて来るので、
歌手として、いつも活躍しておられるような感じでした。
71才、ご病気でしたのね。
ザ・ピーナッツ「二人の高原」が好きです。

【エムズの片割れより】
「二人の高原」という歌は知らなかったので、Youtubeで初めて聞きました。

投稿: なち | 2012年6月29日 (金) 05:27

ありがとうございます
これでこの唄立派に歌えまs

投稿: stan | 2013年6月12日 (水) 17:24

え!!あのモスラの歌の歌詞はインドネシア語だったのですか。子供の頃によく口ずさんでいましたが、てっきり架空の言語だと思っていました。いやあ、驚きました。しかも、堂々たる内容の歌詞なのですね。

 あらためて伊藤エミさんのご冥福をお祈りしつつ、ザ・ピーナッツを懐かしみたいと思います。素晴らしい歌声に感謝しつつ・・・ありがとうございました。

【エムズの片割れより】
自分もてっきり架空語だと思っていました。

投稿: NAOKI | 2014年2月 8日 (土) 21:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「曜日の順番は惑星と関係ある?」 | トップページ | NHKドラマ「はつ恋」にドキドキ?? »