« 「重粒子線治療」などの「先進的な医療」保険は無意味? | トップページ | 「常に観察すべき五つの真理」(5/6)~「業」 »

2012年6月14日 (木)

1996年発売のクラシックCDより(1)

雑誌「レコード芸術」の付録にサンプルCDが付きだしたのは1996年3月号からである。このCDには、その月に発売される各CDのサワリ1~2分が30曲あまりも録音されている。よって、それまでは買わないとどんな録音か分からなかったが、それを事前に聞けるようになった。これは画期的なこと・・・。
「レコード芸術」はクラシックレコードの情報雑誌としての老舗。自分も(半世紀前の)学生時代にずっと愛読していた。しかしその後は、ご多分に漏れず、サラリーマンの仕事が忙しくなり、結婚して子どものことなど、生活が変わるに連れて、遠い存在となっていた。しかし、CDが付きだして1年ほど後の1997年7月に、CDが付いていることを知って、また買い出した。そして、その付録のCDから色々な音源を知り、ホンモノのCDを買ったものだ。しかしそれも2003年までで、その後は「レコード芸術」を、買ったり買わなかったり・・・・

その後、ウォークマンのmp3の時代になり、このサンプルCDから気に入った音源をウォークマンに録音して聞くようになった。通勤電車の中で聞く、次から次へのランダム再生は、まあ邪道かも知れないがなかなか面白いもの。
そして先日SONYのHDDオーディオレコーダー(NAC-HD1)を手に入れ、クラシック専用と位置付けてから、今度はリニアPCMとして、気に入った音源をこのレコーダーに録音し始めた。この付録のサンプルCDも、持っていない号をオークションなどを通じて集め、発行済みの196枚中191枚ほどになった。まだ数枚残っているが、これも追々集めるつもり。

前からウォークマンで良く聞いた音源もあるが、NAC-HD1に録音しながら、改めて古いものからじっくり聞いてみることにした。そしてやっと1996年分を選別して録音したのだが、今日は、その音源の中から、オヤッとおもった音源を紹介しよう。普通の演奏では面白くないので、ちょっと変わった録音を・・・・。今日は有名な交響曲を、編曲で・・・

<弦楽五重奏版 ベートーヴェン(エバース編):交響曲第7番#1~プロ・アルテ・アンティクア・プラハ>

<弦楽五重奏版 ベートーヴェン(エバース編):交響曲第8番#1~プロ・アルテ・アンティクア・プラハ>

ベートーヴェンの交響曲はピアノ版は何度も聞いているが、弦楽合奏はなかなか珍しい。

<4手ピアノ版 ドボルザーク:新世界交響曲#2~デュオ・クロムランク>

テーマが有名なだけに、ピアノでも違和感はない。

<オルガン版 モーツァルト:交響曲第40番#1~ニーウコープ、オールトメルセン(org)>

なーるほど・・・・・・

これらは16年前のCDだが、昔はクラシックのレコード業界も充実していた。毎月たくさんのCDが発売されていた。それに比べて、最近のサンプルCDは、前の号と同じ音源が収録されている。つまり、それほど新譜のCDが無いのである。

若い頃に君臨していたロンドン(英デッカ)やドイツ・グラモフォン、フリップス、英EMI、CBSコロンビアなど、今は再編されてどうなっているのか・・・・

しばらく、年を追ってこのシリーズを続けてみようかと思っている。サンプルCDからまた別の楽しみ、発見があるかも知れない。

                             NEXT→


« 「重粒子線治療」などの「先進的な医療」保険は無意味? | トップページ | 「常に観察すべき五つの真理」(5/6)~「業」 »

コメント

はじめまして。
これらのCDはもう手に入らないのでしょうか?
 ベートーヴェンの曲は聴きたいですね。

【エムズの片割れより】
Amazonで見るとまだ現役のCDで、新品を購入できるようですよ。

投稿: ちびともこ | 2012年6月17日 (日) 15:10

クラシックはモーツアルト以外はあまり聴かないのですが、ベートベンの交響曲第7番は格別。私のお気に入りだった、クラシック音楽ラブ・コメディ・ドラマ「のだめカンタービレ」(2006年にフジテレビで初放送、その後何回か再放送)のテーマ曲でもあり、このドラマの最終回(第11話)はサントリー・ホールで主人公が指揮するこの曲の演奏(クリスマス公演)が成功するところで終わっているからです。先週、同じサントリー・ホールで小林研一郎指揮の東京交響楽団演奏のこの交響曲第7番を家内と聴きましました。生で聴くこの曲の迫力は圧倒的でした。また同じ曲を、別の指揮者、別の楽団で聴いてみたくなりました。

【エムズの片割れより】
そうですか・・・
7番は、自分は何と言っても映画「英国王のスピーチ」が一番印象が深い・・・。良かったら当サイト2012年9月3日の記事を読んでみて下さい。

投稿: KeiichiKoda | 2013年10月28日 (月) 10:58

映画「英国王のスピーチ」は見ようと考えていたのですが、忙しさにかまけているうちにいつのまにか終わっていて見逃してしまった映画です。エムズの片割れさんんのご推薦もあるので、近いうちにぜひDVDを借りて見てみます。
なお、「のだめカンタービレ」は全話がネットのドラマ(映画)サイト(↓)に収録されています(交響曲第7番の演奏は第11話にある)。このドラマのSPがいくつか映画化されていて、劇場でも見ましたしたが、最近の音楽映画は音響効果がすばらしくてまるで生で演奏されているかのようでしたね。

http://youtubetvdoramadouga.blog111.fc2.com/blog-entry-414.html

【エムズの片割れより】
クラシック音楽がふんだんに出てくるドラマも珍しいですね。しかも、Netでドラマが見られる時代・・・。最後に出て来ましたね。No7が・・・

投稿: KeiichiKoda | 2013年10月29日 (火) 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「重粒子線治療」などの「先進的な医療」保険は無意味? | トップページ | 「常に観察すべき五つの真理」(5/6)~「業」 »