« 家庭用耐火金庫を買った話 | トップページ | ミス・コロムビアと美空ひばりの「悲しき子守唄」 »

2012年2月24日 (金)

未だに見る“試験”の悪夢・・・

今日はホントウにつまらない話・・・
今朝、悪夢で「こんな夢を見るのなら、睡眠不足の方がマシ・・」とばかりに、意志の力で、強引に目を覚ましてしまった。時刻は4時半・・・。平日はいつも5時半に起きるが、結局それからは眠れなかったので睡眠不足・・・。
還暦をとうに過ぎて、これから試験を受ける事など無いのに、自分はよく試験の夢を見る。それと引っ越しの夢。どちらもメインテーマは「焦り」・・・。
今朝の夢も、5時間で5科目の試験なのに、4時間経ってまだ1科目しか答案を書けていない。時間が無い! どうしよう・・・という夢。
舞台は高校。特に数学の問題が、(他の科目に比べて自分は得意だったはずなのに)問題の意味そのものが分からない・・・。数学は基礎からの積み重ねが必要だが、何の基礎勉強もしていなくて、いきなりの高等応用問題。出来るワケがない・・・・という夢。
「時間が無い。どうしよう!」「難しくて、まるっきり歯が立たない。どうしよう!」「これでは卒業出来ない。どうしよう!」・・・と、フト“これは夢だ”と夢見心地に気が付いた。それで「エエイッ!起きてしまえ!」と、やっと夢から覚めた・・というワケ。

今朝は試験の夢だったが、引っ越しの夢も良く見る。引っ越しの朝になっても、箱詰めが出来ていない。ああもうトラックが来る。段ボール箱も無いのに、家の荷物をどうしよう・・! キーワードは「どうしよう!」だな・・・

先日、朝日だか日経だか忘れたが、ある医師が書いているコラムで、自分と同様に、未だに試験の夢を見る、という記事があった。そのコラムにも「それぞれの試験をクリアして、ちゃんと医者にもなれているのに、なぜ今頃試験の夢を見るのか分からない・・」といった話。
これを読んだとき、他にも自分と同じような人が居るんだな・・と面白く思った。

たぶんこの現象は、トラウマ・・!? 確かに高校時代は、こんな夢を見るのは当然の状態だった。自分の行った高校は、いわゆる受験校。つまり、自分のように実際には力がない高校生を、全力疾走させて現役で大学に合格させる。そんなシステムの高校だった。
中でも、苦手の英語の授業は怖かった・・・。特にH先生を思い出す。年配のおっかないベテラン先生で、当時は進学指導部長・・・。でも教室から逃げる勇気は無かった・・・。でもあれから50年近くも経っているのに、未だに・・・。思春期に受けたプレッシャーが未だに生きているのだろうか?それがトラウマに???

しかし根本にある、この“焦り”はいったい何だろう? 日々充実していない証拠か・・?
他人から見ると“つまらない話・・”。特にカミさんは「今朝の夢だけど・・」と言ったとたんに耳をふさぐ。「バカバカしい・・」と。でも当人にとっては“深刻な”夢の話なのである。(ここまで書いて、確かに自分でもバカバカしいと思った。でもね~~)


« 家庭用耐火金庫を買った話 | トップページ | ミス・コロムビアと美空ひばりの「悲しき子守唄」 »

コメント

お久しぶりです。
今読んで、ワー!同じー!と思って、書き始めました。
それと、うれしいことがあって、それが不思議と夢と繋がっていて。今朝のことです。

まず、私もよく試験の夢を見ました。その夢は大体中学生の仲間が周りにいます。私の夢は、テストの途中で眠くて眠くて寝てしまったらしく、「終わり」といわれて目を覚まして何も書いていない、という夢ばかりです。現実には、そういったことは一度もありません。おかしな話ですが、夢を見ていて、夢だから眠いに決まっていると俯瞰してみているような自分もいます。

今朝は、急に目が覚めて時計を見たら4時半でした。なんでこんな時間に目覚めたのだろうと思いました。もう少し寝なければと思っても覚醒状態。そしたら、4時38分に携帯の着信音を聞きました。今頃誰だろうと思って開いたら、ニューヨークにいる娘からでした。ある資格試験に合格し、うれしくて泣いてしまった云々と書いてありました。もちろん早速喜びの返信をしました。
その後すぐ、自分が寸前まで夢を見ていて、後から考えるととても不思議な夢だと気づきました。(娘が、1月末に試験を受けたという話は聞いていましたが、発表はかなり先だと、そのとき言っていたので、私の頭ではほとんどそのことは意識に入っていませんでした。)
その夢というのが、私の3人の子供たちが通った中学校の教室だったようです。3人の子供の中でも夢に出てきたのはその娘でした。いろいろな場面が続いた後、先生が、クラスのみんなの前で「○○子(娘の名)さんは××学院の高校に合格しました。みんなはこれから試験だから頑張りましょう。」と話しているのです。私は、その情景を俯瞰して見ていて、あとから、先生に、「その学校は聞いたこともないし、親はそんなところに娘が受けたのも知りません。どういうことでしょうか?」と聞てみたら「今度、近くにこの学校ができるんですよ」と先生はにこにこして言いました。全く非現実の変な話、これは夢だと思いながら、夢を見ていたのです。
そして、急に目が覚めてしまい、そこへ娘からのメールでした。今朝、メールが来るとは全く思っていませんし、とても不思議でした。こんなことがあるなんて、未だに不思議です。

【エムズの片割れより】
夢はある種の潜在能力の発露なのでしょうかね・・・。スピリチュアルな世界・・・。つまり理屈以外の・・・。
それにしても、自分は年を取ってから夢が多い。眠りが浅いのでしょうか・・・。まあ夢の話を話題に出来る幸せを感じますが・・・。

投稿: jan | 2012年2月25日 (土) 02:10

私も試験の夢を見ます。勉強してなくて焦るというもので、たまに、これは夢だと気付いて目を覚ますということもあります。なんなんでしょうね。ちなみに、夢の中でも、自分が思考しているその思考を客観的に観察する、という修業を実践しなさいと言う僧侶がいます。それは全くできません。

【エムズの片割れより】
そうそう、「これは夢だな」を思う事はありますよね。もしそうなら、夢を制御できるわけで、それはもやは悪夢ではありませんね。
前に「この夢は楽しいので、もっと先を見るために、もっと寝ていよう」と思いながら夢を見ていた事があります。

投稿: たかはし | 2012年2月25日 (土) 09:32

私も同じような夢をいまだに見ます。得意だった数学というところも同じです。英語、国語はそれなりの点をとり数学で点を稼ぎ総合点では上位をキープするというのが自分のパターンでした。時間がない、まだ3問も残っている。焦って焦って四苦八苦してひょっとしてこれは夢か?と思い始めたころに眼が覚めます。
ちなみに私はもうすぐ79歳です。数学の科目も数1、数2ではなく解析1、解析2、幾何と言ってた時代です。60年以上も昔です。
何年経ってもまだまだ続きますよ。遠く過ぎ去った己の青春をときどきこうして思い出させてくれていると良い方に解釈しています。

【エムズの片割れより】
こんなお話を聞くと嬉しくなります。それに、確かに、良い方に解釈すればいいのですね。
まあ、目を覚ますと「今の方が良かった(夢で良かった)」と感謝することはありますが・・・

投稿: 昔々受験生でした | 2012年2月25日 (土) 11:40

私も解析の時代でした。級友はすらすら解いているのに、私は1問も解けない。何回も見る夢なのにいつも解析2ばかり、実際も苦手で全く解けませんでした。何とか単位はとりましたが、もう2度と解析は見たくありません。それよりももっと悲しい夢は、昔の彼が若々しい青年なのに、白髪を染めている私をじっと見ているのです。「それは切ない夢だねぇ」と慰めてくれた青年がいました。こんな切ない夢は他にありません。嗚呼、今夜は若い私が夢に出て欲しい!

【エムズの片割れより】
ホホホ・・・。
まあそれはともかく、自分は大キライな語学の試験の夢が多い。前にも書いた通り、楽しい夢もあって、いったん目が覚めても、“続き”を見ようと、もう一度寝た事もありました。毎日楽しい夢ばかりだと良いのにね・・・

投稿: 白萩 | 2012年2月25日 (土) 13:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家庭用耐火金庫を買った話 | トップページ | ミス・コロムビアと美空ひばりの「悲しき子守唄」 »