« 映画「南極料理人」 | トップページ | 日本の食糧自給率 »

2011年12月24日 (土)

サラ・ブライトマンの「きよしこの夜」

今日はクリスマス・イブだという。昼にショッピングモールに行ったが、そのような雰囲気は無かった。確かに食材売り場ではチキンが沢山あったが・・・。これも自粛の影響か?
しかし、我々のようなシルバー世代の二人暮らしとなると、それでなくても縁がないクリスマP11008501 ス。今日も、どうってこと無いのだが、唯一の“お嬢”の愛犬メイ子のために、ペットショップで、サンタさんの帽子と犬用のお菓子を買ってきた。
それなのに、サンタさんの帽子で記念写真を撮ろうとすると、えらく迷惑顔・・。しかもお菓子もポイ・・・。ウチのお嬢も、昨日(2011/12/23)ちょうど9歳になって、もう立派な“お婆”・・・。人間で言うと、そろそろ還暦に近いのだ。よって、そうそう人間の言う事を聞けるか・・というところ。(写真はクリックで拡大)

さて、今夜はせっかくのイブなので、「きよしこの夜」でも聞こうか・・・。
今まで沢山の音源を集めてきたが、「きよしこの夜」の英語バージョンの音源は、これを含めて2つしか持っていない。今日は、サラ・ブライトマンの歌う「きよしこの夜」を静かに聞いてみよう。

<サラ・ブライトマンの「きよしこの夜」>

「Silent Night」 ( by Josef Mohr 1818 )

Silent night, Holy night,
All is calm, All is bright,
'Round yon Virgin Mother and Child,
Holy infant so tender and mild,
Sleep in heavenly peace,
Sleep in heavenly peace.

Silent night, Holy night,
Shepherds quake at the sight,
Glories stream from heaven afar,
Heav'nly hosts sing Alleluia,
Christ, the Savior, is born,
Christ, the Savior, is born.

Silent night, Holy night,
Son of God, love's pure light,
Radiant beams from Thy holy face,
With the dawn of redeeming grace,て
Jesus Lord at Thy birth,生
Jesus Lord at Thy birth.

「静かな夜(きよしこの夜)」
   (訳詞:妹尾佳江(ここ)より)
静かな夜、聖なる夜
全ては静かで、全てが光輝く
あちらの聖母マリアと御子のまわりで
聖なる幼な子は優しく穏やかに
天国のようなすばらしい平穏の中で眠る
天国のようなすばらしい平穏の中で眠る

静かな夜、聖なる夜
羊飼い達は、その光景におののく
栄光がはるかな天からさしこむ
天使達がハレルヤ(絶賛の言葉)を歌う
救い主キリストがお生まれになった
救い主キリストがお生まれになった

静かな夜、聖なる夜
神の御子は、愛に満ちた純粋な光を放ち
そのお顔から輝かしい光が放たれる
救いの恩恵の夜明けをたずさえて
主イエス、誕生
主イエス、誕生

誰も同じと思うが、この歌は中学の英語の授業で、皆で歌った記憶がある。自分にとって、英語で覚えた最初の歌ではないか・・・
しかし覚えているのは1番だけ。全体でどんな事を歌っているのか、Netで検索したら、上記のような訳詞が見つかった。

話は戻るが、さっきのスーパーもそうだが、近所の家で、競い合うように飾っていた庭のクリスマスのイルミネーション(これ)も今年は点いていない。
今年のあまりの災害やそれに伴う停電騒ぎで、家庭のイルミネーションも自粛ムードなのだろう。
今年もあと一週間。これほど良くない年は今まで無かった。早く終われ!と思う年末は珍しい。静かな夜である。

Image08541 (2011/12/30追)
アップし忘れていたが、本家の「クラフト☆ギャラリー M's(エムズ)」さん(ここ)が、上記の写真をチョイスすると、こんな具合になる・・・・・。(写真はクリックで拡大)


« 映画「南極料理人」 | トップページ | 日本の食糧自給率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「南極料理人」 | トップページ | 日本の食糧自給率 »