« ノートパソコンのHDDを更新した | トップページ | 「弟に会いたい」~兄弟とは・・・ »

2011年10月11日 (火)

由紀さおり・安田祥子の「トルコ行進曲」

先日、FM放送を聞いていたら、由紀さおり・安田祥子の「トルコ行進曲」を放送していた。この曲は、1997年の紅白歌合戦で歌われて大きな反響を呼んだという。聞き慣れた二人のスキャットだが、この曲をじっくりと聞いてみると、二人の声が織りなす効果は、なかなかのもの。特にホンモノのオペラ歌手であった安田祥子の歌は、やはりホンモノ・・。少し聞いてみよう。

<由紀さおり・安田祥子の「トルコ行進曲」>

アカペラの録音もある。

前に、あるテレビ番組で、ショパンの幻想即興曲について、仲道郁代が「左手が1/6拍子、右手が1/8拍子で、それらが一緒になってまるで布が織られるように聞こえる」といった説明をしていたことを思い出した。
もちろんトルコ行進曲はそれとは違うが、この録音を聞くと、同じように二人の声が縦糸と横糸になって、まるで布を織っているように聞こえる。これには、モーツァルトもビックリ!?

自分が好きなトルコ行進曲。前にも書いたが(ここ)、ピアノ以外では、自分はマリンバの演奏が好き。この軽快な曲は、打楽器であるマリンバがよく似合う。これも少し聴いてみよう。

<高橋美智子(マリンバ)の「トルコ行進曲」>

自分も音楽は色々と好きで聞いているが、何の楽器もモノにならなかった自分。せめてピアノで、この曲だけでも弾けたら、冥土の土産になるものを・・と思ってはいるものの、絶対にチャレンジしない自分ではある。

(関連記事)
モーツァルトのトルコ行進曲


« ノートパソコンのHDDを更新した | トップページ | 「弟に会いたい」~兄弟とは・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノートパソコンのHDDを更新した | トップページ | 「弟に会いたい」~兄弟とは・・・ »