« 「豊かさの競争」~視点の違い | トップページ | 「危ない場所」 »

2011年8月26日 (金)

「“いただきます”夫婦で復活」

またまた古い新聞記事の話で恐縮だが・・・・。(カミさんが、「最近暗い話が多いので、方向転換したら!」と言うもので・・・)
だいぶん前の新聞だが、こんな投稿があった。

「『いただきます』夫婦で復活
     主婦(川崎市高津区 65)
 子ども2人が独立し、夫婦2人の生活になり10年が過ぎました。最近、食事前に「いただきます」を言わなくなっていることに気づき、ちゃんと言いましょうということになりました。
子どもがいる時はしつけのため気にしていたことが、夫婦だけになるとなおざりになってしまうのです。
 「いただきます」には批判もあるようですが、私たちは「目に見えないものへの感謝の念」で考えが一致しました。しかし一度使わなくなっていた言葉を復活させることは、簡単なようで結構大変でした。夫は忘れないうちにと、テーブルに着く途中で言ってしまうことも。2人とも食事の途中で思い出して言い、大笑いすることもありました。
 「いただきます」以外にも「おはよう」や「おやすみ」など家族4人の頃には自然にしていたあいさつが失われてきています。2人だと照れがあるからでしょう。とりあえず次は「ごちそうさま」に挑戦中です。」(2011/08/10付「朝日新聞」p8「声」より)

仏教の視点での「いただきます」については、前に書いた(ここ)、今日は家族の間の挨拶について考えてみよう。

この投稿を読むまでもなく、我々の家族間の挨拶は、何といい加減なことか・・・。それは全て“甘え”から来ている。甘えに歯止めが効かなくなっているので、何事もいい加減になる・・・?
これは危ない・・・(何せ「変わらないものは無い」のである。あまり甘えていると逃げられるぞ・・・・!?)

さて、我が家の事を少し振り返ってみる。我が家で「いただきます」は言うかな・・・? キッパリ“言っている”と言うには、ちょっと自信が無い。でも「ごちそうさま」については、かなりはっきり言っている・・・と思う。実は、自分は“実に正直な人間”なのである!? だから、「これはうまい!」と思うと、つい「ごちそうさま」が口をつく。まさに“ごちそうさま”の話なのだが、ウチの料理人の腕前は大したもの。新婚当初、住んでいた団地で「あのー、卵焼きはどうやって作るんでですか?」と、歩いている知らないおばさんに聞いた、という逸話の持ち主とは思えないその後の上達ぶり・・。
それに外食をした時には、自分は必ず三つ指をついて「ごちそうさま」と言う。もっともこれは“金はアナタが払えよ!”という意思表示・・・。(←これ少し不健全!)

話は変わるが、最近、昔の加山雄三ではないが、散歩をしながら「幸せだな~」を連発するようになった。カミさんが「言ったもん勝ち」(事実はどうあれ、言ってしまえば事態はそうなる・・!?)と言っていたせいもあるが、夏の夜、満腹の腹を抱えて、やっと涼しくなった近所の道を、犬を連れて散歩する時、「幸せだな~」が出る。
うまいものを食事の制限もなく、ビールと一緒に思う存分に食う事が出来、外に出て喜ぶ犬を連れて散歩をする事が出来、まあ身に迫った大きな悩みがない(本当は色々あるけど・・)のは幸せ・・・と、意識的(?)に「幸せだな~」を口にする。すると、ホントウにそんな気になるもの・・・
(もちろん我が家の場合は、あまりたくさん言い過ぎて、単なる枕詞(まくらことば)に陥ってしまった気はするが、まあ「言ったもん勝ち」だ・・・)

前にも書いたが、「黙っていても分かる」は傲慢。なるべく良い事、前向きの事は家族といえども口に出して言いたいもの。
「親しき中にも礼儀あり」という言葉もある。感謝の言葉、前向きの言葉、それらが自然に出てくる関係が良い。最初は無理に言ったとしても、段々とそれらが自然に出てくる関係・・・、それを目指すとしようか・・。


« 「豊かさの競争」~視点の違い | トップページ | 「危ない場所」 »

コメント

我が家でも、夫婦2人になって、6年以上が経ちます。だいたい夫婦の食事の時間は違うし、食べ物も違います。私の時間帯は妻と2時間くらいの差があります。私の方が起きるのも、寝るのも2時間早いのです。
当然、朝食も昼食も夕飯の時間も2時間くらい違っていました。ですから食事の用意は各自が行います。このごろは私の作ったものを妻が食べています。でもご飯とみそ汁は妻が作ります。と言うような具合ですが、少しずつ、妻の時間帯が私に近づいてきました。朝起きるのが早くなってきました。ただし私は夏は4時には起きています。お互いに歩み寄りつつありますがね。ですから「いただきます」も「ごちそうさま」も自分に言っていますよ。

【エムズの片割れより】
なかなか不思議なご夫婦のようで・・・
そもそも「いただきます」は、食物の命を頂くこと。でも何時の間にか、作ってくれる人に対しての感謝の言葉になっていますよね。
それにしても朝4時起きとは、奥様も付いて行くのが大変・・・。
まあ自分だったら、カミさんに合わせてしまいますが・・・。

投稿: 中野 勝 | 2011年8月27日 (土) 11:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「豊かさの競争」~視点の違い | トップページ | 「危ない場所」 »