« 英暴動の写真 | トップページ | 日吉ミミの「男と女のお話」~“なんでも変わる” »

2011年8月11日 (木)

「精神疾患が加わった「5疾病」って?」

先日の朝日新聞「ニュースが分からん!」に、精神病が多くなっているという記事があった。曰く・・・(写真はクリックで拡大)

精神疾患が加わった「5疾病」って?
   ⇒患者が多いから重点的に医療体制を整えるんだ

アウルさん:国民病なんて言われる「4疾病」が「5疾病」になるって聞いたけど何のこと?
Image07421:「4疾病」は「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」「糖尿病」のことだね。医療法に基づいて2007年に指定された。国内で患者が多く、死亡率も高いため、重点的に医療体制を整える必要がある、と定められた。それに「精神疾患」を加えることを厚生労働省が決めたんだ。
ア:どうして?
A:患者数が急増しているからだ。通院や入院をしている人は約323万人(08年)で、がん患者の2倍にあたる。特にうつ病と認知症の増加が目立ち、うつ病などの気分障害は1999年と比べて2倍の約104万人、アルツハイマー病は8倍の約24万人に上る。年間3万人を超える自殺者の9割が、精神疾患にかかっていた可能性があるとも言われ、早急な対策が求められるためだ。
ア:「5疾病」に決まると、どうなるの?
A:全国どこに住んでいても病気の症状にあった治療が受けられるように、各都道府県が医療計画で体制を整備しなければならなくなる。医療計画は自治体ごとに5年ごとに見直され、精神疾患は次の改定で盛り込まれる。来年度からのところが多い。
ア:具体的には?
A:治療に時間がかかるから、救急やリハビリなどの役割分担を地域の病院ごとに決める。病院や診療所、訪問看護ステーションが連携して、退院後も住み慣れた地域に暮らしながら治療できるようにする。厚労省が、計画の元になる指針を今年度中につくることになっている。
ア:私の住む地域がどうなっているか知りたいわ。
A:各都道府県は医療計画をホームページで公表しているから、これで確認できるよ。病院から自宅に戻ることができた患者数や、死亡率の低下などについて、疾患ごとに数値目標を掲げているところもある。(月舘彩子)」(2011/08/10付「朝日新聞」p2より)


うつ病というと、前に見たNHKのテレビドラマ「下流の宴」(ここ)の北沢を思い出す。京大出で、証券会社のトレーディング部長。億単位の年収だったが、結婚への不信感から(?)、結局うつ病になって退社。念願かなって金持ち専業主婦になった娘も、離婚して実家に出戻り・・・

サラリーマンでもうつ病は多いらしい。人間関係に疲れて罹患してしまうのだろう。その時に、逃げ込める“懐(ふところ)”があると、まだ救われる。上のドラマでは、結局夫婦間にうつ病を受け止める土壌がなかったため、夫は実家の親の元へ、そして妻は夢破れて離婚し、これまた実家へ・・・。結局、実家(親)が全てを受け止めている。

今日は、先の震災からちょうど5ヶ月目。震災を機に、婚活が増えたと聞くが、実績はどうなのだろう。結局、非常時の駆け込み寺は家族しかない・・・。
先の記事では「年間3万人を超える自殺者の9割が、精神疾患にかかっていた可能性がある」という。ショッキングな数字だ。
サラリーマンが、会社のリストラなどで精神が失速した時、独身で家族を持たず、親とも疎遠な場合、逃げ込む所が無い。自殺が多いのも、逃げ場の問題が大きいのかも知れない。
鬱病患者のうち、家族持ち者と独身者の割合はどうなのだろう・・・。何より、独身者は“発見”そのものが遅れる。そして手遅れ・・・!?

確かに上のドラマのように、家族も色々だが、ひとりぼっちよりは良かろう・・・と思う。
「各都道府県が医療計画で体制を整備・・・」とあるが、その中に“婚活推進”という文言は入るのだろうか? ぜひ入れて欲しいものだ。


« 英暴動の写真 | トップページ | 日吉ミミの「男と女のお話」~“なんでも変わる” »

コメント

厚生労働省が自殺者の統計を取り出したのは何時からなのだろうか?私の小学校時代、人づてに良く一家心中という言葉が聞かれた。首吊り自殺や飛び込み自殺も多かったように記憶している。実際小学1年生の時、入水自殺現場に行ったことがある。未だ若い女性が自殺した。赤い鼻緒の下駄があった。そして池に消防団のボートが出て捜索が行われた。あきる野市に転居して34年。ここでも自殺の話は聞いた。老婆が用水に身投げした。私にも自殺願望はあった。死んだ方が楽だという思いがよぎる時が良くあった。それはうつ病なのか。『この世の中が不条理だらけ』と思っていたときは、自殺を思った。今は『この世の中はあるべきしてある』と思えるようになって、自殺願望は消えた。

【エムズの片割れより】
自分も高校の時に、中学の友人が自殺しました。会社に入ってからも、寮の窓から飛び降りた人の話を聞きました。
最近思うのですが、自殺する人は良いとしても、残された人はたまったものではありません。まあそこまで気が付く人は自殺しないのでしょうが・・・
どこか、自殺希望者の駆け込み寺などは無いのでしょうか・・。

投稿: 金子 次郎 | 2011年8月12日 (金) 10:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 英暴動の写真 | トップページ | 日吉ミミの「男と女のお話」~“なんでも変わる” »