« 俵萌子氏の乳がん患者による「1・2の3で温泉に入る会」 | トップページ | 感情的反発!?~「電力料金引き上げの勧め」の論 »

2011年5月16日 (月)

「1+235本のトランペット大集合」によるアイーダの「凱旋行進曲」

先日、もの凄い演奏を聞いた。236本のトランペットによるヴェルディ作曲、アイーダの「凱旋行進曲」である。先ずは聞いてみよう・・・

<「1+235本のトランペット大集合」によるアイーダの「凱旋行進曲」>

この演奏については、「難民を助ける会」のサイトに解説がある(ここ)。
この演奏会は、2010年9月1日に、サントリーホールでチャリティコンサートとして行われたそうで、「トランペット奏者のエリック・オービエ氏の指揮のもと、オルガン奏者にティエリー・エスケッシュ氏、特別ゲストとしてティンパニ奏者の菅原淳氏をお迎えし、一般から募集したトランペット愛好家など計236本のトランペットが鳴り響く盛大なコンサートとなりました。・・・・
110516235trp オービエ氏がフランスの教会で成功させた「1+100本のトランペット」という催しをヒントに、日本でも開催を企画。新聞などで参加者を募集したところ、300人を超える方々からのお申し込み、お問い合わせをいただき、会場となるサントリーホールのステージを限界まで使い、235名にご参加いただくことになりました。・・・
トランペットを始めて間もない初心者からプロの演奏家、北は北海道、南は沖縄から8歳から75歳まで、職業も年齢も出身地も異なる235名による大迫力の演奏に、会場も興奮と熱気に包まれました。当日は、秋篠宮同妃両殿下のご来臨を賜り、会場は大いに盛り上がりました。・・・」
((ここ)より)とのこと。

確かに素人のトランペッターにとっては、サントリーホールに立つというのは憧れ。それで参加料を取って募集したが、予想以上に参加者が集まり、ホールギリギリに立てる数が235人という事で、応募者を235人に絞り、「1人+235人」になったとか・・・。
演奏を聴いていても分かるが、235人をまとめるのは大変。でもここまで良くそろった・・・。しかし写真を見ると、どうも指揮者が自分でトランペットを吹いているようには見えない。何よりも、指揮だけで精一杯だろう・・・。
すると1人+235人の“1人”は、指揮のエリック・オービエ氏のトランペットではなく、ティンパニ奏者を言っているのかな・・・? これ不明・・

それと、コンサート会場の音量たるや“もの凄かった”のではないか・・・と思う。普通のオーケストラでも、ブラスの音量は他の楽器を圧倒する。もちろん練習なども、トランペットの音量は近所迷惑なので大変・・。それが236本も鳴り響くと、どの位の音量になるのだろう・・・。想像を絶する。
でもさすがにこの録音は、歪みもなく録音されているから立派・・・・

ともあれ、舞台に立っていた人の充実感は想像できる。自分も若い時に第九を歌ったことがあるが(ここ)、歌い終わった時の充実感、達成感は格別なもので、一生の想い出になる。参加された方は、チャリティーへの参加とともに、良い記念になったことだろう。

最後に、この曲のオリジナルを聞いてみよう。
この演奏は、自分の大好きな英デッカのジョン・カルショー(ここ)の録音である。

<ヴェルディ:アイーダの「凱旋行進曲」/カラヤン:ウィーン・フィル>


« 俵萌子氏の乳がん患者による「1・2の3で温泉に入る会」 | トップページ | 感情的反発!?~「電力料金引き上げの勧め」の論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俵萌子氏の乳がん患者による「1・2の3で温泉に入る会」 | トップページ | 感情的反発!?~「電力料金引き上げの勧め」の論 »