« 「三つの母の日」 | トップページ | 海外メディアが伝える枝野官房長官の働きぶり »

2011年3月19日 (土)

喜多郎の「無限水」と「フル・ムーン」~震災の鎮魂歌

原発への注水が成功し、明日には本命の仮設電源接続の可能性が出てきた。これで原発は必ず終息する・・・。自分はそう思う・・・

「こんな時に、どんな記事を書こう・・・」とカミさんに言うと、「歌がいいよ・・」という。
先日紹介した米のサイト(ここ)に載っている数々の写真。言葉は要らない・・・(写真はクリックで拡大)

Bp17 Bp29 Bp45

これらの人たちに、音楽を送ろう・・・。こんな音楽を聞きながら、我々はただただ黙祷しよう・・・

<喜多郎「無限水」>

<喜多郎「フル・ムーン」>

先日、なちさんからのコメント(ここ)で、「prayforjapan.jp(ここ)」というサイトを紹介頂いた。これは(ここ)に書いてあるように、「インターネットに投稿された心に残るエピソードや、海外から寄せられた応援メッセージをまとめています」だそうだ。ここに記載されている幾つかを読んでみよう・・・

「物が散乱しているスーパーで、落ちているものを律儀に拾い、そして列に黙って並んでお金を払って買い物をする。運転再開した電車で混んでるのに妊婦に席を譲るお年寄り。この光景を見て外国人は絶句したようだ。本当だろう、この話。すごいよ日本。@kiritansu」

「ぜんぜん眠っていないであろう旦那に、「大丈夫?無理しないで。」とメールしたら、「自衛隊なめんなよ。今無理しないでいつ無理するんだ?言葉に気をつけろ。」と返事が。彼らはタフだ。肉体も、精神も。@yoshimicov」

「父が明日、福島原発の応援に派遣されます。半年後定年を迎える父が自ら志願したと聞き、涙が出そうになりました。「今の対応次第で原発の未来が変わる。使命感を持っていく。」家では頼りなく感じる父ですが、私は今日程誇りに思ったことはありません。無事の帰宅を祈ります。@Namicoooo」

「停電すると、それを直す人がいて、断水すると、それを直す人がいて、原発で事故が起きると、それを直しに行く人がいる。勝手に復旧してるわけじゃない。俺らが室内でマダカナーとか言っている間クソ寒い中死ぬ気で頑張ってくれてる人がいる。@yoh22222」

「4時間の道のりを歩いて帰るときに、トイレのご利用どうぞ!と書いたスケッチブックを持って、自宅のお手洗いを開放していた女性がいた。日本って、やはり世界一温かい国だよね。あれみた時は感動して泣けてきた。@fujifumi」

「都心から4時間かけて歩いて思った。歩道は溢れんばかりの人だったが、皆整然と黙々と歩いていた。コンビニはじめ各店舗も淡々と仕事していた。ネットのインフラは揺れに耐え抜き、各地では帰宅困難者受け入れ施設が開設され、鉄道も復旧して終夜運転するという。凄い国だよ。GDP何位とか関係ない。@rasuku」

「ホームで待ちくたびれていたら、ホームレスの人達が寒いから敷けって段ボールをくれた。いつも私達は横目で流してるのに。あたたかいです。@aquarius_rabbit」

「国連からのコメント「日本は今まで世界中に援助をしてきた援助大国だ。今回は国連が全力で日本を援助する。」 @akitosk」

「ディズニーランドでは、ショップのお菓子なども配給された。ちょっと派手目な女子高生たちが必要以上にたくさんもらってて「何だ?」って一瞬思ったけど、その後その子たちが、避難所の子供たちにお菓子を配っていたところ見て感動。子供連れは動けない状況だったから、本当にありがたい心配りだった。@unosuke」

さっきニュースで「首相、自民総裁に副総理での入閣要請 谷垣氏は拒否」というのをやっていた。いま政治家が為すべき事は何か?マスコミが為すべき事は何か?
政治家は“政争ゴッゴ”をしているヒマはないはず・・。マスコミは、先頭切ってフル回転している政府の、“言葉尻を捉えてその活動の邪魔をすること”ではあるまい・・。

世界中から、見えない無数の応援が来ている。今こそ国中が一丸となって、被災者を救う活動に徹すべき時だと思うのだが・・・


« 「三つの母の日」 | トップページ | 海外メディアが伝える枝野官房長官の働きぶり »

コメント

亡くなられた人々の御霊を思い、お祈り申し上げます。 

今、NHK第一のラジオから 視聴者からのリクエストで”心の糸”という歌が流れています。

東京に住んでいたところの近所の寿司屋、
”喜多郎”さんと奥さんと娘さんが 来ていました。そこは都会のまんなかですが、喜多郎さんは とても静かなたたずまいの人なのですね。  そのお店は大通りから一本入った道の角に1間間口でシンプルな店でしたが、そばに新しく立て直してからは 今風に
きれいになりました。そこにも 喜多郎さんが来ていましたね。私は 帰国したら 食べに行ってみたいけど・・・多分 行かないです。落ち着く、小さなお寿司屋さんを見つけてみようと 思っています。

被災された皆様 疲れているでしょうが、どうか、お体を大切になさってください。
私達も 共にがんばりますから。

【エムズの片割れより】
そうですか・・。喜多郎さんの作品は、自分は最近の曲よりも、初期の曲の方が好きです。
しかし、仙人のような喜多郎さんも、寿司を食うと思うと、楽しいですね。

投稿: むべ そよ風 | 2011年3月21日 (月) 20:08

ここに挙げられた三葉の写真を見ながらこの喜多郎さんの音楽を聴くと腹の底から悲しみ、愛惜、の情がこみ上げてきて涙が止まらない。九州の端っこの住人だけど。でもこの惨事には何か意味がある、ものすごく深いわけがありそうに思う。何か、『人類の救い』に関わる何かが。

【エムズの片割れより】
“天”の視点から見ると、今回の震災も、何かの意味があるのかも・・・。でもまだまだその域には達しませんね。

投稿: yakata1578 | 2011年4月 3日 (日) 17:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「三つの母の日」 | トップページ | 海外メディアが伝える枝野官房長官の働きぶり »