« 「福澤心訓」はウソ・・・ | トップページ | 信州・松本への一泊旅行 »

2010年10月 9日 (土)

手仕事屋きち兵衛さんの「車座コンサート」に行く~ホテル玉之湯

念願だった、長野・松本・浅間温泉のホテル玉之湯で毎月第二(金)に開催されている「手仕事屋きち兵 車座コンサート」(ここ)に行ってきた。昨夜(2010年10月8日)のコンサートは、まさに“車座”、目の前でのコンサート・・・・(写真はクリックで拡大)

P10802131前から話だけはあったものの、なかなか実現しなかったが、ようやく昨日、息子とカミさんの3人でホテル玉之湯に一泊してきた。1万6千円弱の部屋。もちろんお目当てはきち兵衛さんのコンサート。時間は20:40から約1時間だという。
温泉に入って、夕食を食べて、15分前に行くと、もうきち兵衛さんがリハーサル中。部屋の中に入って良いというので入る。きち兵衛さんに「まだ15分も前ですよ・・」、と冷やかされながら・・・
きち兵衛さんから「リクエストがあればまだ間に合うかも・・」と言われて、シメタと思い「風の桜衣」(これ)をリクエスト。カミさんは「生きている悲しみ」(これ)を。そして図々しく「もうひとつ、“木更津にて”も・・・」(これ

P10802701 P10802721 P10802661

相変わらず、きち兵衛さんは「写真も録音もご自由に・・」と。ただし演奏中のフラッシュはご勘弁を・・・・・。それで図々しく、撮(録)らせて頂いた。
まずは自分のリクエストした一番好きな「風の桜衣」を、きち兵衛さんの軽妙なトークと共にご紹介しよう。(「絵島生島事件」の詳細はここ

<手仕事屋きち兵衛の「風の桜衣」~車座コンサートより>

 「風の桜衣(はなごろも)」
     作詞/作曲:手仕事屋きち兵衛

   山里を染めて咲く 小彼岸桜(こひがんざくら)
   風を呼び 風に乗り 空に流れ行く
   かなしい程に 澄んだ青空の中
   はじけ散る 桜吹雪(はなふぶき) 春景色
   いつ誰が名付けたか 高遠桜嵐(たかとうはなあらし)

   山里の人は言う あれはあの女(ひと)の
   切なさと哀しみが 染め上げたのだと
   道理(みち)を忘れた 恋におぼれた罪と
   裁かれて落とされて 流された
   あの女(ひと)のはかなさを 飾る桜衣(はなごろも)

   山里に流された その女(ひと)は絵島
   美しい女(ひと)ゆえの 恋の濡れ衣
   女盛りの花を 散らした絵島
   泣き濡れて あきらめて手を合わす
   山里の赤い桜(はな) 絵島の物語り
   山里の赤い桜(はな) 絵島の物語り

とにかく、まず音が素晴らしい。“ナマ演奏”なので当然なのだが、ギターの、そして声の柔らかい響き・・・。最初に聞いたとき「何と柔らかい・・・」が第一印象・・・
そして、きち兵衛さんも還暦を迎えたと言っていたが、まだまだ声が衰えていない。次の日は大町でコンサートとか・・
そして、図々しくお願いした3曲全部を取り上げてくれた。しかも、トークの中で、その歌にちなむ話をさりげなくされる・・。まあ昔、ラジオ放送にも出演されていたというので、お上手なのは分かってはいるが・・・

しかしこの浅間温泉も、他の温泉地と同様に客足が段々と遠のいてきているらしい。確かに若い人は温泉に行かなくなったのだろう・・・。我々シルバー族は温泉は好きなものの、きち兵衛さんのコンサートがなければ、この温泉の名は知らなかった・・・。キッカケは何であれ、来てみると、ウチが選んだ1万6千円弱のコースにしては、なかなかのもの。夕食の懐石料理も立派。部屋も個室で落ち着ける。(自分が頼んだ豚肉料理が一番うまかったが・・・)
しかも何もかもが上品。きち兵衛さんが良く言う「“品”を持とうよ!」がホテルにも浸透している??

自分も若い時から幾多のコンサートには行ったが、今回のコンサートは特別・・。何が特別かというと、目の前での演奏会は初めて。リクエスト曲はもちろん、歌われた歌のほとんどを知っている事もあり、時間延長してくれても、「あー、終わっちゃった・・」という感じ。
それがもし、温泉客の減少と共に廃れる可能性があるとしたら、非常に残念なので何とかしなくては・・・。
たしかに自分もきち兵衛さんが言っていたマイナーな歌手(←失礼!)を聞く「(少数派ではなくて)極小数派」なのかも知れない。でも何か響く・・・

←BACK                       NEXT→


« 「福澤心訓」はウソ・・・ | トップページ | 信州・松本への一泊旅行 »

コメント

うらやましいです!土曜ならいつか行けるかもしれません。ありがとうございます。

【エムズの片割れより】
まあ音楽はフィーリングですので・・。

投稿: 三山sanzan | 2010年10月10日 (日) 18:40

連続のメールでごめんなさい。
きち兵衛さんのコンサートに数回お足を運ばれて、、、本当に羨ましいかぎりです。そもそもこのサイトに出会えたのは、NHKラジオで、安曇野を歌うきち兵衛さんの透き通る声に魅せられ、CDを探しても見つからず、ネットで検索し、たまたまヒットしたのが、ここでした。エムズ氏とは同年代であり、選曲紹介も、何曲か登録させてもらいました。
きち兵衛さんとおなじような感覚の持ち主で、ゆめさと、、、と言うヒーリングをソフトに歌う方が居りましたが、残念なことに、
2009年10月に、お亡くなりになつたそうです。ゆめさと、、の公式ホームページがありますから、聞き比べて見てください。長くなりゴメンナサイ。

【エムズの片割れより】
Amazonで夢慧(ゆめさと)さんの音楽を少し聴きました。心が安まる音楽ですね。
現代はこんな音楽が必要なのかも・・

投稿: 北海道の元気爺さん | 2010年10月10日 (日) 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「福澤心訓」はウソ・・・ | トップページ | 信州・松本への一泊旅行 »