« 「晩ご飯の発想」 | トップページ | 「似た者同士 父娘の戦いは続く」~映画「エデンの東」 »

2010年10月23日 (土)

フォークダンス「オクラホマミキサー」

さっき、夜遊びの帰り、車の窓から見える満月がキレイだった。(夜遊びといってもモールでトンカツを食っただけだが・・・)
秋もたけなわ。学校の運動会も終わっただろう。
ところで、今朝の新聞に「昔は~運動会はフォークダンス 今は~創作ダンスが増加」という記事があり、現代は「フォークダンス」という言葉がもう廃れているのだということを知った。曰く・・・

「「オクラホマミキサー」「マイムマイム」――。かつて体育祭や運動会の定番だった外国生まれのフォークダンス。最近では、あまり見かけなくなった。中学校1年生と小学校5年生の娘を持つ東京都在住の女性も先日、2人がこうしたダンスを1回もしたことがないのに気づいたという。
フォークダンスは世界の民族舞踊の総称で、オクラホマミキサーは米国、マイムマイムはイスラエルの楽曲・踊りだ。日本フォークダンス連盟(東京)によると、日本での普及は、GHQ(連合国軍総司令部)の紹介がきっかけ。戦後、男女共学や民主化の流れに沿って学校体育に盛り込まれ、若者の娯楽としても人気となった。最近は「愛好者の高年化などが進み、学校での機会は減ってきた」(同連盟)。
代わって増えているのが、ソーラン節など民謡系の踊りや流行歌、アニメソングなどによる創作ダンスだ。文部科学省によると、創作ダンスは少人数でも楽しめるため、「生涯スポーツの入り口として徐々に広がってきた」(企画・体育課)という。」(2010/10/23付「日経新聞」p2sより)

子どもの運動会に行ってから以降、もう20年も運動会には縁がない。でもその時もこんなフォークダンスは無かったように思う。その時、既にフォークダンスは廃れていた??
まあそう言わず、こんな曲を聞いてみよう。フォークダンスの定番、「オクラホマミキサー」である。

<フォークダンス:「オクラホマミキサー」>

先日、NHKのラジオ深夜便でこの曲が流れていた。その時、アンカーが「このオクラホマミキサーには“オクラホマミキサーの法則”というのがあって、彼のアインシュタインが発見した法則だ、と言っていた。それは好きな女の子の一人前で曲が終わってしまう、というものだという・・・。
あまりに出来過ぎた話に、ホントかなとNetで検索するとちゃんと記述したページがあった(ここ)。読むとやはり何か出来過ぎで、ウソっぽい・・。でも読んでいて愉快・・・。

思い出すと、中学のとき、“オクラホマミキサーの法則”みたいな事があったような、無かったような・・・。高校の時はフォークダンスの機会は無かった。踊ったのはもっぱら中学の時だったな。女の子とは、ひと言の話もしなかった多感な時期・・。でもフォークダンスで目指す女の子が段々近付いてくるとドキドキしたりして・・・。そして手を握るどころか、指先どおしでチョット触れるのが精一杯・・・、仏頂面で踊ったもの・・。
“また”こんな曲を聞きながら、昔を懐かしむシルバー世代ではある。

(関連記事)
フォークダンスの想い出~コロブチカ


« 「晩ご飯の発想」 | トップページ | 「似た者同士 父娘の戦いは続く」~映画「エデンの東」 »

コメント

古賀政雄 作曲です。
http://www.youtube.com/results?search_query=%E3%81%AE%E3%81%9E%E3 ..... 1%E5%AB%81

投稿: なち | 2010年10月24日 (日) 10:33

もう半世紀以上前ですが、私の高校では毎日昼休みに校庭でフォークダンスをやっていました。やっぱりオクラホマミキサーがいちばん多かったようです。でも中ほどの部分のメロディーが違っていたように思いますが、記憶違いでしょうか。

【エムズの片割れより】
それはそれは羨ましい・・。唯一高校の体育祭の時は、女性が少なかったため、確か女性は全員駆り出されたものの、男性は3年生だけしか出られませんでした。

投稿: かえるのうた | 2010年10月25日 (月) 12:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「晩ご飯の発想」 | トップページ | 「似た者同士 父娘の戦いは続く」~映画「エデンの東」 »