« 唱歌「田舎の冬」の音源が見つかった | トップページ | 「一息ついて、とぼとぼと」 »

2010年10月 3日 (日)

期待と落胆~FMアンテナのその後

人生、期待していればいるほど、うまく行かなかった時の落胆は大きい。若い時の恋愛もそうだし(!?)、子どもの受験もそうだ。
大きな声では言えないが、「まだやっているの!?」というヤジにもめげず、まだやっているのだ・・。FMを良い音で聞くプロジェクト・・・。でも今日最大に挫折した。
大いに期待していただけに、その挫折の影響は計り知れない・・。(←こんな事で!?・・世の中、平和な証拠)

FM放送をマルチパスの無い音で聞きたい、という願いを叶えてくれたのが「NHK水戸」の電波。(ここ)それを見つけたのは2010年9月21日の夜だった。それ以来、水戸の電波に惚れている。しかし距離が100Kもあるので電波が弱い・・・。もう少し強ければ、ノイズが少なく聞けるのだが・・・
マスプロに電話して聞いてみた。「ケーブルが20年前の5C-FVなので7Cに替えたいが、FMアンテナのFM8に7Cは取り付けられるのか?」「7Cでも取り付けは可能だが、ケーブルロスはほとんど影響ない。最後の手段として10素子のFM10がある」とのこと。
そうだ、最後の手段として、「マスプロ電工 超高性能型遠距離用FMアンテナ FM10」があるのだ。でもここまで来ると、とても人には言えない・・・。「まだやっているの?」・・・なので・・。
そこで、そうっとFM10を通販で発注して、ついでにケーブル5C-FBの20mパックを発注。そImage05251 して先日のアンテナ工事屋に、「先日と同じFMアンテナの交換作業」を予約。しめて計2万円ちょっと・・。
そして、今日の午後、アンテナを交換した。たった2週間前に設置した8素子のFM8を、今度は10素子のFM10に・・・・
特性を見ると、NHK水戸の83.2MHz付近では、利得が2.5dB位良い。それにケーブルロスの改善が少しあると考えれば、レベルがうまくすると3dBくらい良くなるハズ。するとS/N比(ノイズ量)も3dBくらい改善されるハズ・・?と期待したのだが・・・・(写真はクリックで拡大)

P10800121 さすがに10素子はデカイ。昔のマストにそのまま付けたので、強度的には大いに問題。今後の台風がコワイ・・。工事屋さんも二人で大変な苦労をして取り付けてくれた。(トップが今回の水戸向き10素子FMアンテナ。中段が地デジ、下段が東京タワー向きの20年前の5素子FMアンテナ)
ケーブルが取り付けられ、マストが立てられる。レベル計は・・? 8素子の時に最大50dBあったので、“せめて50を超えろ!”と祈るが、45dB位をうろうろ。それかP10800161 ら方向を色々変えてみたが、何と48~49dB位しかレベルが取れない。+3dBのつもりが、ナント-1dBとは・・・。カネを掛けて前の8素子の方が良いとは・・許せない!!

工事屋さんにグチを言っても始まらない。メーターが最大に振れるところに方向を決めたが、何とも自分は不機嫌・・・。工事屋さんに「なかなか思い通りには行かないね」と作り笑い・・・
一日中、こんな事で大騒ぎをして、知らない人が家の周りを歩くので犬はキャンキャン吠えるし、それを聞くカミさんもおかんむり。そのあげく「ムダな事が嫌いなくせに、金を掛けてムダを・・」と言うので、益々自分は不機嫌・・・

買い物に行って、帰ってから録音しておいた音源をチェック。S/Nが最大56dB取れているので、とりあえず一安心。前よりも、悪くはなっていないようだ。
しかし分からない。全く同じ場所、同じ方向に建てたのに・・・、ケーブルのロスも少なくなったはずなのに・・・。少しとは言え、なぜ悪くなる?

まあ自分の人生なんてこんなモノさ・・・。アナログ的な言葉よりも、自分はよほどグラフを信Screenhunter_004 じる。当然良くなる・・・。そんなデータだったのに・・。でも現実はなかなか難しい・・・(明日でも、マスプロに聞いてみよう・・・)

かくして、“今度こそ”FM大騒ぎは終わった。
水戸を受信してから、毎日のノイズ量を計っているが、なぜか段々と特性は良くなっている。この理由は、我がチューナー(ケンウッドL-02T)が、段々とそのアンテナに慣れてきた事による。つまり、我がチューナーは、新米を拒否するらしい。しかし段々と気心が知れてくると心を許して特性が良くなってくる・・・。8素子で水戸を初めて受信した時は50.1dBだった。しかし10素子に替えた今日は平均52.6dB。つまり、スタートは前よりも良い。よって1週間位経って、お互いの理解が進めば、段々と特性は良くなるだろう・・・。ナ~ンテ夢見ているのだが・・・・(電波伝搬状態はこうも毎日変わるものか・・?)
まあ、こんな所でグチを言って、腹の虫をなだめるエムズ君ではある。トホホ・・・

追)ヘヘヘ・・・。この記事をアップして、FMチューナーに電源を入れたら、レベルが51.5dB。過去最高・・。やはりこのチューナーは自分の気持ちを汲んでくれる・・・!(本格的に電波伝搬の原理を研究せねば・・・!)

追)結果として、満足の行く受信が出来ている。調査の結果、FMの電波が時間と共に大きく変動していた。要はメーターの振れではない。どの程度のS/N比で受信出来るかだが、時間と共に安定? 結局悟ったのは、昼と夜では、最大5dBも昼の方がノイズが少ない。またL-02Tは、FIXの出力端子の方が、Variable端子に比べて3dB程度ノイズが少ない。よって最終的にはFIX出力端子を使っている。それで昼は57~58dBのS/Nが取れている。8素子と10素子のアンテナの差は何とも言えない。でも結果オーライ。

(関連記事)
FM放送のマルチパス対策奮闘記~その後
FM放送のマルチパス対策奮闘記


« 唱歌「田舎の冬」の音源が見つかった | トップページ | 「一息ついて、とぼとぼと」 »

コメント

はじめまして 雪の華と申します 
「ふたつの手の思い出」の歌以来同世代と感じまして時々拝見し特に音楽を聴かせて頂いております
青春時代がここにあり、歌と共に思い出されます

突然ですがエムズさんは「滝賢一郎さん」とおっしゃるテノール歌手をご存知でしょうか
最近私も一度だけ「津軽のふるさと」をテレビで歌われたのを偶然お聞きしたのですが、今まで聴いてきた方たちと又違う感動を覚えました まだCDとかは出てないようですがよしよければいつか機会がありましたらここにお仲間入りさせていただくと嬉しいです

これからも懐かしい歌や音楽にまつわるお話を楽しみにしております

【エムズの片割れより】
コメントありがとうございます。残念ながら滝賢一郎さんは聞いた事がありません。若い方らしいですが、一度聞いてみたいですね。

投稿: | 2010年10月 3日 (日) 22:34

今日のブログに笑ってしまいました。自分もまったく同じことをしたからです。
8素子と10素子、資料を見ていただくと解ると思いますが、たぶん周波数によっては10素子があまり利得を稼げないカーブになっていると思います。以前、素子を増やすより5素子のスタックのほうが良い結果が出ると書いたのも、そんな理由もあったんです。
次は、ブースター・・アンテナの位置を変える・・高さを変える・・スタック・・。挫折だなんて言わないで深みにはまってください。これもL-02Tの為と思ってがまんして。ご健闘を祈ります。

投稿: 秋野 道 | 2010年10月 3日 (日) 23:35

性能表見落としていました。確かに、これでは落胆するのも無理からぬ事と存じます。
自分はNHKにお願いして、アンテナを搭載した車に来て調べていただきましたが、それで最後納得しマルチパス対策にピリオドをうちました。

【エムズの片割れより】
データを取り始めましたが、意外とS/Nが良い。それにmax52dBの時がある・・・。直接波の伝搬状態はそんなに変わるものなのでしょうか・・?

投稿: 秋野 道 | 2010年10月 3日 (日) 23:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 唱歌「田舎の冬」の音源が見つかった | トップページ | 「一息ついて、とぼとぼと」 »