« 小林啓子とジョーン・バエズの「ドナ・ドナ」 | トップページ | 「世界中の人が日本人と同水準の生活をするには地球が2.3個いる」 »

2010年6月 4日 (金)

平岡養一の木琴~「お江戸日本橋」と「山寺の和尚さん」

平岡養一という名を知っている人は、もうほとんどいないのではないか。特にNet世代では・・・。しかし多分シルバー族はほとんどが知っている名前。なぜかというと、昔ラジオからよく流れてきたので・・・

何年頃かは全く分からないが、ラジオから「お江戸日本橋」のテーマソングと共に流れてきた木琴の音色・・・。伴奏はいつも田中園子だった。
その音をもう一度聞きたいな・・と思い立ち、音源を探してみた。しかし無い・・・。CDが1枚出ているが、日本の曲は無い。
Img_24131 先日、オークションでやっと平岡養一のLPを見付け、手に入れた。それがこの音源。1963年7月の発売の25センチ盤である。これは1962年11月27日のカーネギー・ホールでの演奏会の模様。
レコード盤に針を落として気が付いた。伴奏が田中園子のピアノではない。どうも懇意にしていたニューヨーク・フィルの面々らしい・・。(写真はクリックで拡大)

<平岡養一(木琴)の「お江戸日本橋」>

古いレコードにも拘わらす結構良い音が出た。でも残念、伴奏は田中園子が良かったのに・・・
「お江戸日本橋」とともに思い出す曲が「山寺の和尚さん」。ついでにこれも聞いてみよう。

<平岡養一(木琴)の「山寺の和尚さん」>

平岡養一の略歴はWikipediaに詳しい。それを読むと、人生の大半は米国在住だったらしImage04681 い。明治40年(1907年)生まれというから古い。カーネギー・ホールへの日本人出演第1号というのもうなずける。73歳で、昭和56年(1981年)没。
そして愛用の木琴は、通崎睦美に受け継がれているという・・・・。

現代の神谷百子や高橋美智子の演奏に比べると、いかにもオーソドックス。技巧に走っていない。先の二人の演奏に慣れている自分の耳には、少し物足りない位・・・。でもそこには古き良き時代の情感が漂っているように聞こえる。
田中園子の伴奏での、平岡養一の「お江戸日本橋」を聞きたいところだが、音源は見つかりそうにない・・・・。


« 小林啓子とジョーン・バエズの「ドナ・ドナ」 | トップページ | 「世界中の人が日本人と同水準の生活をするには地球が2.3個いる」 »

コメント

ちょっと平岡養一さんのことが調べてくなって、Google経由でこのサイトを拝見しました。

田中園子の伴奏での、平岡養一の「お江戸日本橋」を聞きたいところだが、音源は見つかりそうにない・・・・。

と書いていらっしゃいますが、you tubeで見つけましたので、ご参考のためお知らせいたします。

http://www.youtube.com/watch?v=isJbOgDBy90

【エムズの片割れより】
情報ありがとうございました。聞きました。田中園子のピアノによる「お江戸日本橋」。昔、ラジオからいつも流れていた曲でした。ありがとうございました。

投稿: tomo | 2012年3月21日 (水) 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小林啓子とジョーン・バエズの「ドナ・ドナ」 | トップページ | 「世界中の人が日本人と同水準の生活をするには地球が2.3個いる」 »