« 映画「告白」を観る | トップページ | Yahooオークションに凝った~FMチューナの更新 »

2010年6月27日 (日)

谷嶋早苗作曲~混声四部合唱「いわし雲」

先日、「死んだお母ちゃん」というものすごく音が悪い歌を紹介したが(ここ)、今日はそれに負けないくらいローカルな合唱曲を紹介しよう。
大谷浩之作詞、谷嶋早苗作曲の「いわし雲」という混声四部合唱の曲。

<混声四部合唱「いわし雲」>

「いわし雲」
  作詞:大谷浩之
  作曲:谷嶋早苗

いわし雲が流れて行くよ
サナトリアムの屋根の上を
ひしひしと身を寄せあってゆくよ

去年おれはあの雲を見たよ
死に近い母のかたわらで
おれの家と隣の屋根の
間の空に
うっすらと流れて来たのを見たよ

母は戦争の頃をうなされていたよ
食べものと病気の永い息子のことを

母は知らないんだよ
戦争を起こした奴を

おれは縁側に立って泣いたよ
いわし雲がきえて行くまで

いわし雲が流れて行くよ
サナトリアムの赤い屋根の
しずかな午後の光の中を

いわし雲が流れて行くよ

この歌は1957年(昭和32年)頃の作曲との事で、時代背景はまさに昭和30年代から40年代の、いわゆる「うたごえ運動」の時代である。某地方大学のあるサークルの部室で生まれた極めてローカルな曲。そして、その部屋で20年ほど歌い継がれ、そして消えていったという・・・・
この音源は、1966年(昭和41年)の冬、20人ほどの合唱で、地方放送局のスタジオで収録され、ソノシートに残されたもの。

前に「グリークラブの思い出」(これ)という記事を書いた。
ここで書いたように、合唱団には、自前で創作した「持ち歌」を持っている場合がある。一番有名なのは、「ウ・ボイ」という男声合唱曲。これは自前ではないものの、(ここ)で書いたように、「長い間、関西学院グリークラブの門外不出の秘曲であり、楽譜が出回らなかったという。」
この「いわし雲」もそれと同様に、楽譜が出回らなかったマイナーな曲、という意味では“秘曲”なのかも知れない。楽譜の公式な出版もない・・・

この曲がメジャーな合唱曲とならなかったのは、いわゆる反戦歌だったことにあるのかも知れない。確かにその当時は反戦歌で良かった。しかし時代が変わって、いわゆるマジメな合唱団にとって、「オレ」という表現や「戦争」という言葉が一般の合唱団では歌いづらかったのだろう。特に現代の合唱団では・・・

音楽は、(軍歌を代表例に)その当時の時代の要請によって作られ、そして忘れ去られていくもの。これは仕方が無いことではある。
でもそれぞれの心の中にいつまでも生き続ける旋律はある。その意味で、自分にとって、この旋律はいつまでも残っている名曲なのである・・・・。

最後に、同じ時に録音された「休暇中のトム」という曲を聴いてみよう。作詞・作曲は「いわし雲」と同じである(たぶん・・)。この歌も戦争がテーマ。当時のベトナム戦争だ・・・

<混声四部合唱「休暇中のトム」>
作詞:大谷浩之、作曲:谷嶋早苗(たぶん・・・・)

(関連記事)
グリークラブの思い出


« 映画「告白」を観る | トップページ | Yahooオークションに凝った~FMチューナの更新 »

コメント

1947年団塊です
空をみあげると秋の空に いわしぐも。。

口をついてでたのが 
「いわし雲が 流れて行くよ・・」というフレーズ
気になって 検索をかけてみました さすがに インターネットです
見事に 歌詞を探し当て 音源まで提供してくれまして すっきり

大学のサークルで この混声四部歌いました ソロの少し下がり気味音程も 同じで 雰囲気までも思い出さしてくれました

どういう趣旨のボードかも知らずに 書き込んだしだいです

ありがとう ございました

後藤清(神戸市)

【エムズの片割れより】
この記事にコメントが入るとは思ってもいませんでした。
生まれが自分と同じなので、同じような時期に、オリジナルではない他の大学で歌われていたとは、知りませんでした。いつ頃歌ったのでしょう?
でもこの歌が、まだ消えていないことを知って、嬉しくなりました。ありがとうございました。

投稿: 後藤清 | 2013年9月22日 (日) 17:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「告白」を観る | トップページ | Yahooオークションに凝った~FMチューナの更新 »