« 30年前の城山三郎の講演会から~「父親の役割」 | トップページ | 2015年に、八王子にイオンモールが出来るぞ・・・ »

2010年5月30日 (日)

“日清「ラーメンの極み」醤油ラーメン”がうまい!?

今日はインスタントラーメンの話・・・。
トシと共に、インスタントラーメンを食べる機会がめっきり少なくなった。たまにスーパーで買っても、ふと気が付くと賞味期限切れ・・・。
100530ramenn そんな中で、先日、“これはウマイ!”というラーメンに巡り会った!?「日清「ラーメンの極み」醤油ラーメン」というもの。128円なので、さして高級品というわけでもない。
同じシリーズで塩ラーメンもあった。二つ食べてみたが、自分はやはり醤油の方が好きだな・・。(写真はクリックで拡大)
このラーメン、日清のサイトを見ても載っていない。それもそのはず・・。イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨークマート、シェルガーデンの限定商品だという。

ところで、カップヌードルの新製品は、まずコンビニに出るそうだ。そこで売れ行きの様子を見る・・。ウチのカミさんは良くコンビニで新製品を買う。しかし“鳴り物入りの新製品”を食べても、ウマイと思ったことはほとんど無い。でも今回は、少なくてもblogのネタに使おうと自分に思わせただけ、自分にはフィットしたということ・・。

あまり食べる機会が無くなったとは言え、ラーメンには昔の色々な思い出がある。子どもの時は、チキンラーメンをドンブリに入れ、お湯を注いで、お皿で蓋をして出来上がるのを待ったもの・・・。その後、鍋で煮る袋型になった。受験勉強時代(昭和40年頃)、夜食にラーメンをよく食べた。そして同じく焼きそばも・・・。「ホンコン焼きそば」「鉄板焼きそば」・・・
大学1年の時、友人と夕食に行った帰りに寄った店で、「これが意外とウマイよ」と教えても100530charumera らったラーメンがある。「チャルメラ」である。新発売の特価なので安かった。20円だったか30円だったか・・・。それは1966年(昭和41年)の秋頃だったと思う。しかし下宿に帰って困った。鍋もコンロも何も無い。あるのは金属製の電気ポットだけ。仕方が無く、電気ポットにお湯を沸かして、その中にラーメンを入れて煮た。何とか食えたものの、汁をすすろうと思って、金属のポットの縁が唇にあたり、ヤケドをした・・・。大学1年時の下宿の家財道具は、机と本箱と布団だけ・・・。そんなスタ-トだった。

我が人生で一番たくさん食べた「チャルメラ」。それが意外と長生きだ。今でもスーパーで売っている。たまに買おうとすると、5個パック・・・。いつもカミさんの「買っても良いけど、自分で責任を取って全部食べて!」という声に“めげて”、いつも見るだけ・・・。「まだ売っているな~」で終わる。

昨夜、たまたま近所のイトーヨーカドーに行ったので、このラーメンを探してみた。あった。でも醤油味は2つだけ。よって買い占めた。塩味はたくさん残っていた。やはり醤油味の方がいいよね・・・・

マ、毎日が日曜日になったら、好むと好まざるとに拘わらず、インスタントラーメンが(カミさん不在時の)昼の主食になるような気がするので、あんまり心配(?)はしていないけど・・・


« 30年前の城山三郎の講演会から~「父親の役割」 | トップページ | 2015年に、八王子にイオンモールが出来るぞ・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 30年前の城山三郎の講演会から~「父親の役割」 | トップページ | 2015年に、八王子にイオンモールが出来るぞ・・・ »