« “日清「ラーメンの極み」醤油ラーメン”がうまい!? | トップページ | ショパンのノクターンNo20「遺作」 »

2010年5月31日 (月)

2015年に、八王子にイオンモールが出来るぞ・・・

今日は実にローカルな話で申し訳ない・・・(でも我が家では“大事件”なのだ・・・)
1年半ほど前に、「八王子にイオンモールが出来る!?(ここ)」という記事を書いた。その後の状況を注視していたが、2010年5月20日付の「建設通信新聞」(ここ)に“業務代行者に鹿島/八王子インター北区画整理”という記事があった(ここ)。曰く・・・(写真はクリックで拡大)

業務代行者に鹿島/八王子インター北区画整理
 東京都八王子市にある中央自動車道(中央道)八王子インターチェンジ(IC)北側にイオンを核とした複合拠点エリアを形成する八王子インター北土地区画整理事業で、組合設立準備会が業務代行者に鹿島を選定したことが分かった。現在、区画整理の実施に向け、測量調査と事業計画の作成作業を進めている。具体的なスケジュールは未定だが、順調に進めば2015年にも大型専門店やショッピングモールなどで構成する複合施設がオープンする見通し。

100531ion  計画地は、中央道八王子IC北側にあり敷地東側が国道16号、北側が都道169号(新滝山街道)に接する約15haの敷地。町会長や地権者らで構成する「八王子インター北地区周辺まちづくり合同会社」が東京都から敷地の大部分を取得し、周辺の地権者らと「八王子インター北土地区画整理組合設立準備会」を設立。区画整理事業で都市基盤を整備した上で、事業協力者のイオンリテールと共同開発する。

 同準備会が昨年12月に八王子市に提出した施設計画提案書によると、西側の約10haを複合施設などを建設する複合拠点エリア、東側約5haを宅地や公園・緑地の整備ゾーンに設定。このうち、複合拠点エリアを「広域集客機能」「生活利便機能」「産業拠点機能」「コミュニティ機能」の4ゾーンに分け、整備イメージを例示している。

 「広域集客機能ゾーン」は、広域型、行楽型、目的性の高いサービス・商業施設を導入する地区として、超大型専門店や広域集客型専門店などを想定。「生活利便機能ゾーン」には、サービス・商業施設の集積に向け、カルチャースクールや屋内型複合エンターテインメント施設などを導入する。「産業拠点機能ゾーン」は都市市場型産業を中心に企業向けの施設を導入する地区とし、産学公連携共同利用施設や展示工場などを例示した。「コミュニティ機能ゾーン」はコミュニティープロムナードや広場などの整備を提案している。」(2010/05/20付「建設通信新聞」より)

しばらく情報が無かったが、“5年後”とはいえ、話が消えていないのでホッとしたり・・・。
考えてみると、我が家の休日の行き先は、ほとんどがモール。本屋に行って、外食して、スーパーに行って・・・・。それらが段々と当たり前になり、自宅から10K以上もある距離も、最近はあまり気にしなくなってきた。でも近いに越したことはない。

数年前、社業で、地下鉄東西線の駅の近くにあった顧客に良く通った。近くに昼食の施設がなく、仕方が無いので近くの大病院のレストランで食べたもの。その後、隣の敷地にショッピングモールが出来るというウワサを聞いた。それを楽しみにしていたら、その客と縁が切れてしまった。
いつだったか、そのショッピングセンターが大々的に開業したことを知った。でもその駅と縁が切れてしまったので、行った事は無い・・・。

夢の(?)八王子のショッピングモール・・・。今度は地元だから縁が切れることはない。でも、前に書いた時は「あと4年後・・・」。今回が「あと5年後・・」。次に同じような記事を書く時に、「あと6年後・・・」とならない事だけを祈る・・・。こんな事では、いつ出来るか分からなくなるので・・・
前にも書いたが、「もう幾~つ寝ると~開店日~」と歌いながらじっと待つしかないが、一日も早く開店して欲しいな~・・・。

(関係記事)
八王子にイオンモールが出来る!?(2008/12/23)

(2011/02/23追)一方、こんなニュースも・・・
セブン&アイ、そごう八王子店閉鎖 来期メド
セブン&アイ・ホールディングスは22日、2012年2月期中をめどに、百貨店のそごう八王子店(東京都八王子市)を閉鎖する方針を固めた。同店は都心部の百貨店との競争などで足元の売上高も5%前後のマイナスが続くなど客離れが目立っていた。今後は西武池袋本店(東京・豊島)など、都心の主力店に経営資源を集中して百貨店事業の生き残りをはかる。
23日にも発表する。セブン&アイ傘下のそごう・西武が運営するそごう八王子店は1983年の開業で売り場面積約3万平方メートル。前期の売上高は233億円とそごう・西武としては27店中8番目の規模となる。JR八王子駅に隣接した立地を生かして地元の主婦らを主な顧客にしてきた。しかし近年は衣料品専門店との競争激化や東京・新宿など都心部の百貨店に客を奪われて赤字が続いていた。
08年には大型改装を実施したが業績は回復せず、立て直しが難しいと判断した。セブン&アイグループの百貨店閉鎖としては昨年末に営業を終えた西武有楽町店(東京・千代田)以来になる。
衣料品や宝飾品など高額品を中心とする百貨店業界は08年秋のリーマン・ショック以降、激しい販売不振に直面。最近は都心店などで持ち直しの兆しもあるが、成長は期待できない。10年はここ10年で最多となる11店が全国で閉店した。今年に入ってからもJ・フロントリテイリングが傘下の博多大丸長崎店(長崎市)の閉鎖を1月末に発表しており、今後も淘汰が進みそうだ。」
2011/02/23付「日経新聞」朝刊より)

JR貨物、八王子駅前に大型商業施設 13年建設
日本貨物鉄道(JR貨物)はJR八王子駅(東京都八王子市)の駅前に大型商業施設を建設する。同駅に隣接する施設跡地を活用、商業ビルを 2013年に建設してテナントに貸し出す。今年3月に建設会社などから提案を集め、ビルの高さや用途など設計の詳細を決める。鉄道貨物事業は景気に左右される面があるため、遊休地の有効活用を進め安定した賃料収入の確保をめざす。
八王子駅南口から徒歩1分の敷地面積約3700平方メートルの土地に商業ビルを建設する。昨年3月末までは鉄道貨物をけん引するディーゼル機関車が待機する「機関区」などとして活用していた。」
(2011/02/28付「日経新聞」p9より)

(関連記事)
八王子・イオンモールがいよいよ着工~16年度オープン (2013/04/24)
八王子にイオンモールが出来る!?(2008/12/23) 


« “日清「ラーメンの極み」醤油ラーメン”がうまい!? | トップページ | ショパンのノクターンNo20「遺作」 »

コメント

わたしの住む街(越谷)には2008年10月に
イオンレイクタウンが出来ました。車なら約10分、電車でも約20分で行くことができます広々とした施設でとても良いです。きれいなトイレがたくさんありところどころに椅子やソファーがあり、いこいの場でもあります。周辺もまだ開発途中でまだ建物も少なく遠くまで見渡せます。(東京スカイツリーも見えます。)わたしは、ここに良くいきます。買い物では無く気分転換と運動のためが多いです。
八王子にも早く出来ますと良いですね。
(エムズの片割れ様は以前葬儀で越谷に来られことがあるようですね。以前の記事も見させていただいております。100万カウント、4周年と、これからも楽しみにしております。)長くなり失礼いたしました。

【エムズの片割れより】
近くにあるのですか・・。羨ましい・・
でも自分が完全リタイアする頃に合わせて作ってくれるそうなので、待っています。
これが出来たら、下駄履きで行くぞ!

投稿: 風来親爺 | 2010年6月 1日 (火) 23:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “日清「ラーメンの極み」醤油ラーメン”がうまい!? | トップページ | ショパンのノクターンNo20「遺作」 »