« 年金機構からの「源泉徴収票の差し替え」郵便 | トップページ | 安保徹著「病気は自分で治す」を読んで »

2010年4月 3日 (土)

思い出のTV・ラジオ主題歌集(6)

我々還暦世代が子供の頃に聞いていたテレビ・ラジオ番組のテーマソングを集めた企画の第6回。今日もこんな曲を聞きながら、昔を懐かしむことにしよう。

(21)<「鉄腕アトム」(上高田少年合唱団)>

あまりにも有名なアニメの先駆け。Wikipediaによると、「フジテレビ系列にて、1963年1 月1日から1966年12月31日まで放送。全193話。日本で最初の連続テレビアニメと言われてきたが、正確にはそれ以前にインスタント・ヒストリー(3分番組で実質1分)が存在するため、現在では「日本で最初の1話30分の本格的連続テレビアニメ」と言われる事が多い。一部を除きモノクロ作品。」とある。
原作のマンガは「1952年(昭和27年)4月から1968年(昭和43年)にかけて、「少年」(光文社)に連載された」とあるから古い。半世紀以上も前に、原子力をエネルギーとするロボットという発想をするとは、大変なもの。その当時は大変な未来だった21世紀になってもう10年も経つが・・・。(この歌は小さかった長男が、たどたどしい赤ん坊言葉でいつも歌っていた歌で、この歌を聴くと当時の“悪夢”を思い出す・・・・。)

(22)<「鉄人28号」(デューク・エイセス)>

Wikipediaによると、「『鉄人28号 (テレビアニメ第1作)』は、横山光輝の漫画作品『鉄人28号』の最初のテレビアニメ化作品。1963 年10月20日~1966年5 月25日、フジテレビ系列で放送された。84話で終了し、3か月後に新作13話が放送され、全97話となった。モノクロ作品。」とある。
自分はこのアニメはあまり記憶がない。テーマソングも。しかし、オモチャでロボットが大好きだった。
漫画「鉄人28号」は、1956年(昭和31年)から月刊誌「少年」に連載されたとの事なので、まさに自分が小学校の3年生の頃。薄い金物を折り曲げたオモチャのロボット。それが欲しかった・・・。そして近くの大人に良く言った。「大きくなったらロケットかロボットを作るんだ・・・。どっちが良い?」すると、誰かが答えた。「ロボットよりロケットの方が難しいのでは?」
そんな人間型ロボットが既にホンダなどで作られている。結局自分は、大人になって、ロボットもロケットも作らなかったけど・・・

(23)<「オバケのQ太郎」(石川進)>

Wikipediaによると、「『鉄腕アトム』以来、それまで主流だったSFヒーローものが飽きられて視聴率が低下した中で、生活ギャグアニメ『オバケのQ太郎』は登場。TBS系「不二家の時間」枠で放送された。初回から視聴率30%以上の人気を得て、アニメ主題歌の「オバケのQ太郎」はミリオンセラーを記録し、1966年第8回日本レコード大賞童謡賞を受賞。」とある。
このテーマは有名だった。

(24)<「ウルトラマンの歌」(みすず児童合唱団、コーロ・ステルラ)>

Wikipediaによると、「『ウルトラマン』は、日本の円谷特技プロダクションが制作し、1966年(昭和41 年)7月17日から1967年(昭和42年)4月9日の間にTBS系で毎週日曜日19:00 - 19:30に全39話が放送された特撮テレビ番組。」とある。

←BACK               NEXT→


« 年金機構からの「源泉徴収票の差し替え」郵便 | トップページ | 安保徹著「病気は自分で治す」を読んで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金機構からの「源泉徴収票の差し替え」郵便 | トップページ | 安保徹著「病気は自分で治す」を読んで »