« 「死に立ち会うことで生を学ぶ」 | トップページ | 把瑠都が新大関に~思いやりの相撲? »

2010年3月30日 (火)

「求む、マニフェスト仕分け人」

昨日の日経新聞(2010/03/29付)によると、鳩山内閣の支持率は、前回の2月から7%ダウンの36%、不支持率は同8%アップの57%だという。さっきのニュースでも、「鳩山首相が郵貯限度額2千万円に引き上げについて亀井氏らの案を了承・・・」とある。何とも「大山鳴動して鼠一匹」か??

先日の日経新聞の「大機小機」にこんな記事があった。
求む、マニフェスト仕分け人
半年を経た鳩山由紀夫政権の最大の公約違反は、何だろう。ガソリンの暫定税率を据え置いたことか、それとも高速道路の無料化を事実上見送ったことだろうか。
総選挙のマニフェスト(政権公約)を読み返すと、個別メニューもさることながら、最大の公約違反は、公約実現の財源を歳出のムダを削って生み出す、として果たせなかったことではないか。
マニフェスト通りなら2010年度は、7兆円の新施策を7兆円の歳出削減でまかなうはずだった。ところが24日成立した予算では、公約実現のための歳出増は3兆円強に圧縮する一方、歳出削減は鳴り物入りの事業仕分けにもかかわらず、1兆円に満たなかった。ムダ削りに限れば、公約の実現度は7分の1だ。
埋蔵金を10兆円もかき集めてなお、税収が借金(国債)を下回る、終戦直後以来の悲惨な10年度当初予算の姿である。仮に11年度予算で、子ども手当の満額支給や、農家の戸別所得補償の完全実施などマニフェスト通りにすると、さらに10兆円の新財源が要るという。消費税を凍結したまま、そんなカネはどこから出てくるのだろか。
現政権のずるさは、事業仕分けの対象を自民党政権時代からの施策に限り、自身のマニフェストは棚に上げていることだ。子ども手当や戸別補償は政策目的に照らし多くの疑念が出ている。高速無料化にいたっては世論調査で常に反対が多いのに、メンツにこだわり1000億円も使って社会実験とやらをする。
民主党に投票した人の多くは、自民党政権に愛想をつかしただけで、民主党マニフェストのすべてに賛成したわけではない。政権に一片の誠実さがあり、公約に自信があるのなら、子ども手当や戸別補償も仕分けのまな板にのせ、専門家の忌憚のない評価を受けたらどこか。財政窮迫下では、既存のムダ削りも大事だが、新たなムダを許さないことも肝要だ。些事ながら例えれば。
鳩山首相の意向で、国内総生産(GDP)では測れない国民の幸福度を測る指標を開発するという。70年代に大騒ぎしてできた国民純福祉(NNW)が、すぐにお払い箱になったのを思い出す。
幸せって何だっけ――明石さんまさんの20年以上も前のCMがリメークされ、違和感がないのは「幸せ」のつかみどころのなさゆえだろう。オーイ仕分け人!(手毬)」(2010年3月25日付「日経新聞」p17「大機小機」より)

まあこれらは、鳩山内閣がいつも指摘されていることだが、こうも“日常的に”指摘されると、やはりこれらの指摘は本当なのだろうと思う。

それより、「国民の幸福度を測る指標を開発する」という所に興味を持った。Netで検索してみると、こんな記事が見つかった。
「国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に-政府
 鳩山由紀夫首相は(2月)28日、首相公邸で菅直人副総理兼財務相や仙谷由人国家戦略担当相らと会い、新成長戦略の具体策取りまとめに向け、国民の「幸福度」を調べる方針で一致した。具体的な調査項目を詰めた上で、3月初めにも着手する。
 会談後、仙谷氏は公邸前で「単なる数字のGDP(国内総生産)だけじゃない成長をわれわれがどうつくっていくのかと(いうことだ)」と記者団に述べ、新たな指標として検討していることを明らかにした。
 「幸福度」については、昨年12月にまとめた新成長戦略の基本方針でも「国民の『幸福度』を表す新たな指標を開発し、その向上に向けた取り組みを行う」と盛り込まれた。 (2010/02/28-14:05)」

当blogでも前に論じた(ここ)ブータンの「GNH国民総幸福」という理念。それの後追いか?

ちなみに、70年代に大騒ぎしたという「国民純福祉(NNW)」とは、「《 net national welfare 》純国民福祉。国民福祉指標。GNP(国民総生産)から、防衛費など福祉に結びつかない項目を削除し、余暇、主婦労働などの福祉的要素を加えて作った指標。」だそうだ。

“国民の幸福”は、政府としてぜひ追及して欲しいアイテムではあるものの、何かしっくりとこない。このような、漠然とした施策よりも、もっともっと緊急にやらなければいけないアイテムが山のようにあると思うのだが・・・


« 「死に立ち会うことで生を学ぶ」 | トップページ | 把瑠都が新大関に~思いやりの相撲? »

コメント

当ブログは、2010年3月31日12時48分に888.888回目の訪問者を記録しました。毎回、5万件ごとに記録されていらっしゃる片割れさん。ミーハー的で恥ずかしいのですが、いつも拝見させていただいてるお礼にと思いまして、寿記念にメールをお送りいたしました。『八』という数字を、おめでたい数字と縁起を担ぐのはどうかとも思いましたが、唐突に申し訳ありません。はじめまして。小生は、昨年の夏頃に、ひょんなことから当ブログにたどり着いてから、毎回楽しみに読んでいるものです。今後も、拝見させていただきたいと思っております。

投稿: ジジロペ | 2010年3月31日 (水) 13:19

ジジロペさん

貴重な記録をありがとうございます。自分も888888は気にしていたのですが、ふと気がつくと既に越えていました。
そうですか、「2010年3月31日12時48分に888.888回目」でしたか。これは記念碑ですね。
次は何番を狙いましょうか?とりあえず100万回ですかね。

投稿: エムズの片割れ | 2010年3月31日 (水) 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「死に立ち会うことで生を学ぶ」 | トップページ | 把瑠都が新大関に~思いやりの相撲? »