« “大過なく”・・・・・ | トップページ | 吉野弘の詩「祝婚歌」 »

2010年2月 8日 (月)

思い出のTV・ラジオ主題歌集(4)

我々還暦世代が子供の頃に聞いていたテレビ・ラジオ番組のテーマソングを集めた企画の第4回。今日もこんな曲を聞きながら、昔を懐かしむことにしよう。

<「ホームラン教室」(小柳徹)

Netからの情報によると「昭和34年(1959年)10月~昭和38年(1963年)3月にNHKで放送された。大川ベーカリーを営む父(牟田悌三)の子供、大川トオル(小柳徹)を主人公に5年1組の野球チームの活躍を描くホームドラマ。当時の野球好きの少年から好評を博したという。放送枠は途中から土曜18:25~18:50に移行。」とある。

<「バス通り裏」(中原美紗緒、ダーク・ダックス)

Wikipediaによると、「『バス通り裏』は、昭和33年(1958年)4月7日から昭和38年(1963年)3月30日までの間、NHK総合テレビジョンで生放送された帯ドラマ番組である。当初は白黒放送、後にカラー化された。全1395回。1961年には菊池寛賞を受賞した。」とある。

<「シャボン玉ホリデー」(ザ・ピーナッツ)

Wikipediaによると、「『シャボン玉ホリデー』は昭和36年(1961年)6月4日から昭和47年(1972年)10月1日まで日本テレビで毎週日曜18:30~19:00に放送されたバラエティ番組である。化粧石鹸メーカー・牛乳石鹸共進社(牛乳石鹸)の一社提供。」とある。
これは良く覚えている。渡辺プロが総出演。植木等の「お呼びでない…これまた失礼致しました」は特に有名。

<「チロリン村とくるみの木」(里見京子、横山道代、黒柳徹子)

Wikipediaによると、「『チロリン村とくるみの木』は、NHKで昭和31年(1956年)4月16日から昭和39年」1964年4月3日まで放送されていた人形劇作品である。全812回。当初は週1回の放送だったが、のちに帯番組となり、『ひょっこりひょうたん島』や『プリンプリン物語』などの人形劇シリーズの原型になった。1963年4月1日放送の第558回よりカラー放送。」とある。

←BACK               NEXT→


« “大過なく”・・・・・ | トップページ | 吉野弘の詩「祝婚歌」 »

コメント

里見京子、横山道代、黒柳徹子、この3人、小生は、子供向けラジオドラマ「ヤン坊、ニン坊トン坊」で、不滅の3人組です。
しっかり者のヤン坊=里見京子、暴れん坊のニン坊=横山道代、かわいいチビ助・トン坊=黒柳徹子という訳です。

テレビの人形劇は「ひょっこりひょうたん島」からです。脚本の一人が、確か井上ひさし、宇野誠一郎の音楽、子供ながら「宇野さんは天才だ!」と感じていた記憶があります。

投稿: リュウちゃん6796 | 2010年2月 8日 (月) 23:02

昭和27年生まれです
いやぁ~懐かしい曲のオンパレードで、さっそくお気に入りに入れました。
有難うございます。

投稿: たかぎ | 2010年2月 9日 (火) 20:13

リュウちゃん6796さん、たかぎさん

やはりこのblogを覗いてくれるのは、“シルバー族”ですね。

投稿: エムズの片割れ | 2010年2月 9日 (火) 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “大過なく”・・・・・ | トップページ | 吉野弘の詩「祝婚歌」 »