« 思い出のTV・ラジオ主題歌集(5) | トップページ | 布施明の「愛のこころ」 »

2010年2月24日 (水)

2010年の「サラリーマン川柳」入選作・・・

当blogは川柳が大好きである。なぜか?自分には全く才がない領域なので、感心することしきり・・・なのである。
今年の入選作100句から、勝手に当サイトが選んだ10句である。オリジナルは(ここ)。

12)定年後 肩書き外れ 人離れ(天童ラフランス)
男はこの句が胸に刺さる。サラリーマンは所詮肩書きの世界。だから“肩書きが外れても付き合える本当の付き合いを!”と若い人には言っている。肩書きが外れてお互いの立場がフリーになっても付き合える関係は人生の財産だ。

14)「先を読め!」 言った先輩 リストラに(山悦)
昨年のリーマンショック以来、本当に先が分からなくなった。我が家も退職金を注ぎ込んだ投資信託も、毎月来る報告書には“評価額▲**万円”と・・。「気にしない!」ことにはしているのだが・・・

25)ただいまは 犬に言うなよ オレに言え(さらば地球)
これは我が家のことを言っているみたい。留守番の犬に対して、冷暖房はもとより、照明も気にして、常にお客さん待遇。たかだか3Kgの犬だが、生き物なので仕方が無いか・・・

49)座りたい 私の前だけ 何故立たぬ(痛勤快速)
通勤している人には“納得の句”。自分も、いつも帰りの電車で同じことを思う。でもこれは仕方が無い。あとは“座れることの方がラッキー!”と自分の基準を変えるしかない。

62)ほめ上手 君なら他社で がんばれる(紙風船)
2001年度、全国に不況の嵐が吹いた時、自分も同じようなことを言った記憶がある。その後、彼らがどうしているか、音沙汰はない・・・

65)仕分人 口調が妻と そっくりだ! (海の男)
あの刺すような言い方は、世の奥様方と同じか?ウチには関係ないけど・・・(←これウソ)

71)不景気で 就活あきらめ 婚活へ(新卒女性)
こうなってくれると、少子高齢化も少しは緩和される??

72)さあ定年 妻がさし出す 求人誌(丁年(テイネン))
まだウチではここまで来ていないが、“そうなる雰囲気”はプンプンしている。

90)やすらぎが ほしくて結婚 しない僕(役立たず)
これが当サイト一番の推薦句。実に現代を映している。しかし何とも男性がだらしなくなったことよ・・・。

100)おかえりと 笑顔で言われ 身構える(窮鼠)
これは良く分かる。いつもとは違う“臭い”。これには注意すべきだ。

話は変わるが、今朝聞いたNHKラジオ深夜便「人生わたし流 潮来の伊太郎の半世紀〜デビュー50周年 歌手 橋幸夫」(2010/2/21放送)。この番組の中で、66歳になるという橋幸夫が「これからは淡々と生きて行きたい。そう頑張らずに肩の力を抜いて、力まずに自然体で生きたい。あまり頑張り過ぎると疲れてしまい、疲れ切ったままサヨナラ・・、ではつまらない」という話をしていた。今までは、皆頑張ったので、そろそろ自然体で・・という話に、深くうなづいた。
これから、色々と押し寄せてくるであろうネガティブな出来事も、この川柳のように笑い飛ばせると良いのだが・・・ね。

ついでに、ウチのカミさんが選んだ句は・・・
16)閉鎖した 子供は学級 俺会社(リーマン)
38)気をつけろ ブレる上司と キレる部下(中間管理職)
42)エコライフ 行かず動かず 何もせず(後始末)
45)温暖化 なのに就活 氷河期へ(金魚姫)
58)草食系 嫌いな食べ物 「ホウ・レン・ソウ」(上司のつぶやき)
90)やすらぎが ほしくて結婚 しない僕(役立たず)
96)「離さない!」 10年経つと 話さない(倦怠夫婦)

何と、合致したのは90番だけ。男と女の違いだろうか・・・。少なくても、“ウィットの感性”は大分違うようだ。

(関連記事)
2009年の「サラリーマン川柳」入選作・・・
2008年 我が家の「サラリーマン川柳」ベスト10


« 思い出のTV・ラジオ主題歌集(5) | トップページ | 布施明の「愛のこころ」 »

コメント

ウルフィーの感想です。
エムズさんは25
片割れさんは96
と診ました。

投稿: wolfy | 2010年2月25日 (木) 18:50

wolfyさん

このナゾナゾは難しい。25と96は何を意味しているのでしょうか・・・

投稿: エムズの片割れ | 2010年2月25日 (木) 21:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思い出のTV・ラジオ主題歌集(5) | トップページ | 布施明の「愛のこころ」 »