« 日本の「30年成長、20年衰退のあと」 | トップページ | 書家 武田双雲氏の筆・・・ »

2010年1月 7日 (木)

思い出のTV・ラジオ主題歌集(3)

我々還暦世代が子供の頃に聞いていたテレビ・ラジオ番組のテーマソングを集めた企画の第3回。今日もこんな曲を聞きながら、昔を懐かしむことにしよう・・・。
でも段々とテレビ時代になり、チャンネルの権限の無かった子供時代の自分には、なじみが少ない番組が多い。でも順番に聞いて行く事にしよう。

<「あんみつ姫」(中原美沙緒、ボニー・ジャックス)>

Wikipediaによると、「昭和33年(1958年)12月1日から昭和35年(1960年)10月28日まで、月曜日の19:00〜19:30に現在のTBSテレビで放送されたという。全100回。」

<「白馬童子」(高野政次、コロムビア児童合唱団)>

Wikipediaによると、「白馬童子(はくばどうじ)は、巌竜司原作による作品であり、これを元に制作されたテレビ時代劇作品。NET(現テレビ朝日)系で、昭和35年(1960年)1月5日から同年9月20日までの全38回放映された。」という。
自分は聞いた事が無い・・・

<「快傑ハリマオの歌」(三橋美智也、東京混声合唱団)>

Wikipediaによると、「快傑ハリマオ(かいけつハリマオ)は、昭和35年(1960年)4月5日から昭和36年(1961年)6月27日まで日本テレビ系ほかで放送されていた」という。
この歌は、単なるテーマソングの域を超えて、立派な楽曲だ。

<「お笑い三人組」(三遊亭小金馬、江戸家猫八、一龍斎貞鳳)>

Wikipediaによると、「『お笑い三人組』とは、昭和30年(1955年)11月から昭和35年(1960年)3月までNHKでラジオ放送され、昭和32年(1957年)から昭和41年(1966年)3月までテレビ放送された公開バラエティコメディ。落語家・三遊亭小金馬(後に4代目三遊亭金馬を襲名)、講談師・一龍齋貞鳳(のち国会議員を一期務める)、ものまね・江戸家猫八 (3代目)の3人に、楠トシエ、音羽美子、桜京美、武智豊子、渡辺篤がレギュラー出演した。」とある。

←BACK               NEXT→


« 日本の「30年成長、20年衰退のあと」 | トップページ | 書家 武田双雲氏の筆・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本の「30年成長、20年衰退のあと」 | トップページ | 書家 武田双雲氏の筆・・・ »