« CO2の各国排出量グラフ~分かり易すさとは・・ | トップページ | 宗教法人の公益性 »

2009年10月 3日 (土)

2016年東京オリンピック招致の落選~行進曲「旧友」

今日は十五夜である。さっき、犬の散歩に出たら、雲の切れ目から満月がばっちり見えた。おかげで首が痛くなったが・・・・

昨夜から、コペンハーゲンで開かれた2016年のオリンピック開催都市を決めるIOC総会の話でテレビは大騒ぎ・・・。自分も昨夜、ふと1時頃に目覚めた時に、ついTVを点けたらもう東京の落選が決まっていた。
結局はブラジルのリオデジャネイロに決まったが、「南米初の五輪」を謳われると他の国はこれに勝る開催意義を唱える事が難しかったようだ。まあ妥当な選択だ。
しかし各国のトップの招致合戦には首をかしげた。鳩山首相も1泊3日という強行軍で急遽現地に飛んだし、米オバマ大統領も総会の開始1時間前に現地入り。そして結果が出る前に帰国・・・・。
オバマ大統領の威信は傷付いたらしいが、でも確かに、日頃の努力とは別に、人気者が現地入りをしてPRしたらそれで決まる・・という事態は、IOCにとっても受け入れ難かったのだろう。
日本は、都知事の先行で動いただけの、誰もが認める盛り上がりの無さ・・。散歩で通る近くの下水処理場の門にあったオリンピック招致を盛り上げる垂れ幕にも、何か違和感を感じたもの。その、誰もが感じた都知事先行の“違和感”のもと、仮に東京が当選しても、TV画面から流れたリオの国民の大喝采の場面が、果たして日本であったかというと、まあ大喝采するのは都の職員だけでは?? その意味では落選して良かった。
しかし、まったく別の見方をすると、せっかくのオリンピック景気が消えた、と落胆する人も居るかもね・・・

話は変わるがもう10月だ。運動会の季節。最近は春の開催も多いと聞くが、気分的にはやはり運動会は秋の風物詩。ゴザを敷いた家族席で、出始めたミカンと栗を食べながら・・という風景が直ぐに思い浮かぶ。そういえば、小学校の時だったか中学の時だったか、タイケの行進曲「旧友」に歌詞を付けて運動会で歌った事を思い出した。黒板に歌詞が書かれ、それを皆で旧友の旋律で歌った。歌詞はもう覚えていないが、「・・・オリンピックの輪のように・・」という歌詞をフト思い出した。だから東京オリンピックが決まった1959年(昭和34年)以後に、ムードを盛り上げるために作られた歌詞かも知れない。

今夜の十五夜とはあまり関係ないが、まあ行進曲の「旧友」でも聞きながら、オリンピックの招致失敗を残念がる(?)事にしようか・・・。なお演奏は、プロ中のプロの吹奏楽団である。

<タイケ:行進曲「旧友」~フィリップ・ジョーンズ・アンサンブル>

(関連記事)
今夜は十五夜・・・童謡「十五夜お月さん」


« CO2の各国排出量グラフ~分かり易すさとは・・ | トップページ | 宗教法人の公益性 »

コメント

オリンピックの東京落選の感想は、エムズの片割れさんと全く同じです。アメリカや日本は欲張らずに、後進の他の国に譲るべきです。リオデジャネイロは頑張ってもらいたい。
名月鑑賞のイベントがあちこちで行われているようですが、今年は自宅で眺めました。

投稿: 周坊 | 2009年10月 3日 (土) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CO2の各国排出量グラフ~分かり易すさとは・・ | トップページ | 宗教法人の公益性 »