« ミャンマーの圧政~世界の国々の現状 | トップページ | ウィーン・フィルのコンサートマスターに女性? »

2009年5月23日 (土)

五十肩~初めての鍼(はり)治療

今日、初めて鍼(ハリ)の治療を体験した。
五十肩になってもう2ヶ月以上経つ(ここ)。どうもかんばしくない。色々な人に聞くと、総じて“何をやってもダメ” “時間が経たないとダメ”・・・。よって、医者にも行かず放置している。
先日、行きつけの漢方医に「五十肩に効く漢方は無い?」と聞くと、鍼と貼り薬くらいしかないという。そして、このクリニックでも土曜日の午前中に鍼の治療をやっているというので予約を取ってみた。それで、今日初めて鍼治療を体験したというわけ。

“鍼屋さん”は若い女医さん。まだ30にもなっていない感じ。日本語が大変にうまいが、このクリニックの女医さんと同じ中国の人のようだ。その鍼屋さんが言うには、治療は早いほど良いという。自分の場合はスタートが遅いようだ。
右肩に鍼を打つ。緊張したが、そう痛くは無い。チクリとする場合もあったが、トンと打つ。首の後ろを含めて10本以上打ったという。(怖いので見なかったが・・)本当は、背中にも打つのだが、うつ伏せだと右肩が痛いと言ったので、今回は左を下にして横になったため、右肩だけ。それからワニ口クリップで電極を取り付け、パルスを送る。それに反応して筋肉がピクンピクンと動く。赤外線ランプで肩を温めながら、それを20分位続ける。時間が経つと、段々と肩が辛くなってきたが、何とか終わった。

鍼屋さんが言った事をメモしてみると、五十肩は鍼治療しか効果が無い(←鍼屋さんだから仕方が無いか・・・・)。注射もあるが、これは肩の神経をブロックするので、その時は痛みが無くなるが、薬が切れるともっと痛くなる。血流を良くするため、暖めると良い。肩の前後にホカロンで暖めるのも良い。「風呂に入ると良いのだが?」と言うと、体から水分が出るので、長続きしないという。(←もっと細かく言っていたが忘れた) また季節的に今で良かったという。冬だと肩が冷えてもっと酷いらしい。よって寝る時も必ず長袖を着て肩を冷やさない・・・。それに水分を取れという。冷えた水でなく温かい水分。それで血流を良くするのだという。そして生ものを食べるのを避けよ。(←この理由は聞かなかった) それに無理に肩を動かさないこと・・・・。

“鍼はなぜ効くのか?”と聞くと、経絡・ツボ・筋肉への刺激で・・・(←何だっけ?今度、また聞いて来るね!)
“鍼でどの位効果があるのか?”と聞くと、人によって、また部位によって様々。でも7回くらいは続けるのだという。三叉神経などは7日間毎日やると治るという。でもこのクリニックは土曜午後のみなので仕方が無い。たまたま隣のベッドのご婦人は、同じ五十肩で、痛くて眠れなく、手が尻にも行かなかったが、今では背中の中央位まで動かせるようになったと言っていた。(まあ鍼の効果か時間かは分からないが・・・)
とにかく治療しないと、痛みが無くなっても、肩に砂を入れたようになって動かせる範囲が狭くなるのだという。
それと、五十肩は突然なるのではなく、予兆があってだんだんと発症するらしい。確かに、自分も“今回のは・・・”という認識だった。

“肩も凝っているようなので、次回はうつ伏せになって背中全体に打ちましょう”と言っていたが、さてさて・・・。効果? まだまだ一回目なので何とも・・・
もちろん保険がきかないが、1回3150円は高いのか安いのか分からない。でも全体で40分位の時間をとるので、こんなものだろうと思う。さてどの位で効果が出てくるか・・?
(Wikipediaによると“五十肩は、健康保険で鍼治療が受けられる6つの疾患の一つである”とある(ここ)。これは“鍼治療は効果がある”という証かな??)

まあ、“何をしてもダメ”と言うのが経験者に聞いた話だが、とにかく体験者は多い。“酒の肴”に話をすると、ほとんどの人が“自分もなった・・”と言う。Netでみると発症する割合は全人口の2~5%位というが、どうも半分くらいの人は五十肩の経験をしているような気がする。

まあ自分の場合、痛くて眠れないほどでは無いし、日常生活に困るほどでもないが、まあ少し鍼を試してみようか・・・といったところである。
(なお、この記事は自分のための備忘録である)

(関連記事)
今回の「五十肩」は手ごわい・・・


« ミャンマーの圧政~世界の国々の現状 | トップページ | ウィーン・フィルのコンサートマスターに女性? »

コメント

遂に鍼治療ですか?

前にも書きましたが
一口に「五十肩」といっても

その原因にはいろんなものがあります。
(私のように通風が原因のこともある)

それぞれの原因に応じた治療法を
受けないと良好な効果は得られません。

私の職業のひとつに
医者というのがあります。

その専門分野に
「ペインクリニック」というのがあり
その治療手技のなかに
「鍼・マッサージ」というのが
あります。

五十肩の治療に鍼をしても
¥350にしかなりませんが

毎日かなりの数の患者さんがいますよ。

肩に注射をすることはめったにありませんよ!

投稿: ampouie | 2009年5月25日 (月) 11:11

ampouie さん

「ペインクリニック」というのがあるんですね・・。知りませんでした・・。
五十肩の「原因」を調べるのが大事、という事ですね。なるほど。アドバイスありがとうございます。

投稿: エムズの片割れ | 2009年5月25日 (月) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミャンマーの圧政~世界の国々の現状 | トップページ | ウィーン・フィルのコンサートマスターに女性? »