« 昭和20~30年代・懐かしの「ラジオ番組」サワリ集・・・ | トップページ | 岩崎宏美の「すみれ色の涙」 »

2009年5月19日 (火)

東京放送児童合唱団の「春が呼んでるよ」

“フィットする歌”というのは、数秒聞いただけでピンと来る。その一つがこの歌である。
4月からNHK FMで始まった「にっぽんのうた 世界の歌」という番組(これ)を、毎日録音してチェックしている。(NHK FM(月)~(金)9:20~10:00/再17:20~18:00)
この番組は「日本だけでなく、世界じゅうの童謡や歌曲などをご紹介していく新番組」というのがスタンス。童謡・唱歌を放送する番組は少ない。前にスカパーの衛星ラジオ「STAR digio」に唱歌・童謡を放送するチャンネルがあったが、今は内容が変ってしまった。よってこの番組は自分にとっては貴重な番組。
その「にっぽんのうた 世界の歌」で、5月15日に流れたのが、東京放送児童合唱団の「春が呼んでるよ」という歌。「アッ!これだ!」と思った。何が「これ」かは分からないが、「“これ”なのである」。

<東京放送児童合唱団の「春が呼んでるよ」>

「春が呼んでるよ」
  作詞:小林幹治
  ポーランド民謡

ひばりのこ すずめのこ
飛びながら 何を見た
ホーヨホヨヨ ホーヨホヨヨ
春がよんでるよ

あの土手に 寝転んで
お弁当 食べたいな
ホーヨホヨヨ ホーヨホヨヨ
春はすてきだよ

もぐらのこ かえるのこ
動き出せ 目を覚ませ
ホーヨホヨヨ ホーヨホヨヨ
春がよんでるよ

ほがらかに 歌う空
若草も 声合わせ
ホーヨホヨヨ ホーヨホヨヨ
春の歌声よ

この歌のオリジナルは、1963年3月放送の「NHKみんなのうた」で放送され、歌は友竹正則/東京放送児童合唱団/東京混声合唱団だったという。(これ) これはまだ聞いたことがない。
1963年(昭和38年)というと、自分が高校に入った年だ。もちろん「みんなのうた」は聞いていないが、この旋律だけはどこかで聞いたようで、良く覚えていた。

しかし、この音源は「みんなのうた」のオリジナルではないが、歌も編曲も合唱も、全て良い。CDを探したが、「COCE-30588」は分かったものの、アルバム名が分からず、探せなかった。大分古いCDなのかも・・・。

またこの歌は、実に軽快なテンポの歌だが、“短調”なのだという。よって何か哀愁がある・・。唯一残念なのは、この録音はもう少し間奏などを入れてゆっくり歌えば良いものを、連続して歌っているため1分20秒でアッという間に終ってしまうこと。
ともあれ、自分にとって「お宝」の歌がまた1曲増えた。NHK FMの「にっぽんのうた 世界の歌」という番組も、今後が楽しみ。歌の世界も広い。まだまだ「お宝」の歌が見つかるかもね。

(2012/01/19追)
新しい音源が手に入ったので、聞いてみよう。
<日本合唱協会の「春が呼んでいるよ」と「森へ行きましょう」>

●メモ:カウント~42万


« 昭和20~30年代・懐かしの「ラジオ番組」サワリ集・・・ | トップページ | 岩崎宏美の「すみれ色の涙」 »

コメント

「春が呼んでるよ」軽快な歌ですね。
聴いた覚えがありませんが、数ヶ所でmidiがありました。

朝は買い物の時間なので、夕食の用意をしながら再放送を聴きます。
今日の山本健二さんのホームページでたくさんの歌が聴けますね。

投稿: なち | 2009年5月20日 (水) 14:39

にっぽんのうた世界の歌は、来年の4月からはTBSが「小島慶子キラキラ」の後継番組として放送するそうです。

投稿: 杉田平和町 | 2009年5月22日 (金) 19:18

なち さん

山本健二さんのHPはすごいですね。初めて訪問しました。

====
杉田平和町さん

コメントありがとうございます。そうですか~。覗いてみます。

投稿: エムズの片割れ | 2009年5月22日 (金) 23:04

「東京放送児童合唱団」は、よく歌っていて素晴らしい。ハーモニーも音も合ってるし声が澄んでるし上がるところはちゃんと上がってる。編曲もいい。オーケストラもいい。ブラボー!100点満点だね。

投稿: assi | 2009年6月 6日 (土) 22:10

エムズさま
はじめまして、つとむと申します。
「春が呼んでるよ」懐かしいですね。昔、ソノシートの「みんなのうた」で聴いていた記憶があります。ソノシートで歌っているのは合唱団だけだったと記憶しておりますが。半年ほど前にBSで見た「放送版」は友竹正則さんと児童合唱団が歌っているものでした。

だいぶん経ってから大ヒットした「こんな日は あの人の まねをして」って歌とすごく似ていたのでビックリした記憶があります(^^;

「みんなのうた」では他に「燃え上がれ雪たち」も印象に残っています。イントロのヴァイオリンが子供心にすごく不気味に聞こえたのですが、今聴くといい歌ですね。

投稿: つとむ | 2009年10月 5日 (月) 16:10

つとむ さん

確かに「想い出まくら」と似ていますね。
この「春が呼んでるよ」も実に素朴で好きですが、当blogでも書いた「いなかの冬」という歌を探しています。まだまだ思い出の歌がたくさんあります。

投稿: エムズの片割れ | 2009年10月 5日 (月) 21:43

初めまして。大好きな曲です。
先日里帰りした時、弟がギターで伴奏をしてくれたので、この曲を一緒に歌いました。
you tubeで検索して、聞こうと思ったのですが、見つかりませんでした。
が、googleを探していたら、ここに連れて来てくれました。
いい歌をupして下さって本当に有難うございました。
私もこの歌の記事を書きたいので、済みませんが、こちらのブログで曲が聞けると紹介させて下さい。

投稿: alfmom | 2010年2月23日 (火) 23:52

alfmomさん

コメントありがとうございます。
このような歌は、ふっと目の前を通り過ぎて行ってしまうもの。それなのに、しっかりと捉まえている方が居られるのですね。
明るくて、心が和みますよね。なおリンクはどうぞどうぞご自由に・・・。

投稿: エムズの片割れ | 2010年2月24日 (水) 22:25

ありがとうございます!!!

こんにちは
さがしていた曲がやっとみつかりました。
約20年さがしてました。
NHKにも問い合わせたのですが、
不明でした。
担当者が熱心でなかったみたいです。

投稿: でんでん | 2010年4月 7日 (水) 12:50


>NHKにも問い合わせたのですが、
不明でした。

私の聞き方が漠然としていたのも原因です。

なつかしさでいっぱいです。

投稿: でんでん | 2010年4月 7日 (水) 12:52

「春が呼んでいるよ」の このサイトで取り上げられている曲はコロムビアで録音されて 30年ほど前、レコードで発売されていたものです。 時々、ヤフーオークションにも出品されています。その後、CDで内容を変えて発売されました。

世界の歌めぐりCD5枚組
  東京放送児童合唱団(コロムビア盤)

美しいクラス合唱その1 うたえばたのし
  杉並児童合唱団(東芝盤)

小学生のための「心のハーモニー」VOL2
  東京荒川少年少女合唱団(ビクター盤)

世界のうたでハーモニー
  東京少年少女合唱隊(コロムビア盤)

うたの原風景CD10枚組
  志田英泉子、小林裕美、長野安恒
          (ドリームライフ盤)

以上、調べました。

【エムズの片割れより】
いやはやスゴイですね。そうですか、そんなに種類がありますか・・・。貴重な情報です。これから色々と聞いてみます。

投稿: 酒屋 | 2010年9月25日 (土) 15:40

ありがとうございます!!

やっと見つけました。感謝です。
この唄も忘れられないのですが、その時TVに写しだされ流れていた映像が新鮮でその当時旅をしました。長野の美ヶ原高原です。あれから40年近く立ちます。この秋に再び出掛けます。

【エムズの片割れより】
良く聞く旋律ですが、題名は・・?、という歌があるもの。この歌もそんなひとつ・・。
聞いていると、心が明るくなりますね。

投稿: いそじん | 2011年8月23日 (火) 15:28

初めまして。
ふと気になってこの歌をネットで探していました。
うる覚えの歌詞だけで探しました。
なかなか見つからなかったです。
やっとここに辿り着きました。
この歌、僕の小学校の全校朝礼でよく歌っていたんです。
昭和四十年半ばです。
有り難うございました。

【エムズの片割れより】
軽快な歌ですよね。聞いていて嬉しくなってしまう歌・・・。
でも自分は学校で歌った記憶がないな・・・

投稿: ラマセンのトシ | 2011年10月13日 (木) 20:45

「みんなの歌」で流れた昭和38年私は小学校の1年生でした。姉と一緒によく口ずさんでいました。翌年、交通事故で父を亡くしました。つらい日々が続きました。楽しかった頃を懐かしみながらいつも姉と歌っていました。特に二番の「あの土手に寝転んでお弁当食べたいな」のところ、口ずさむたびに涙が溢れます。今でもそうです。
50年近く経ち少し余裕もできました。この曲のオルゴールを作ろうかと思っています。
「エムズの片割れ」さんには「愉快な歌」と感じられるのですね。私には短調のなんとも言えない切ない歌なのです。
歌って人それぞれで感じ方が違うのだな、と改めて気づかされました。
それにしてもこのような掲載、ありがとうございます。

【エムズの片割れより】
歌は、その時の自分の心を託して歌うもの。その意味では、もうさんはこの歌に悲しい思い出が重なるのですね。
自分は「ふたつの手の想い出」がそれにあたります。だからこの歌の記事に、何も書かない・・・・。
お互い、大切な歌は、そっとしておきましょう。

投稿: もうさん | 2011年12月 8日 (木) 15:12

こんにちは、初めまして
卒業シーズンになるとこの歌を思い出します。1番2番の歌詞はうろ覚えだったのですがその後が思い出せず検索してみたところここにたどり着きました。
小学校の卒業式にこの歌をみんなで歌ったのが鮮明に蘇り、胸が熱くなります・・・。
もう37年も前のことなのに・・・
あの頃のみんなはどうしてるんだろうなぁ

【エムズの片割れより】
今年の冬は寒かったけど、桜の開花は早いとか・・・。春はこんなウキウキするような歌が似合っていますね。

投稿: HIRO | 2013年3月14日 (木) 10:38

こんにちは
やぎと申します。

この曲は小2の時に「みんなの歌」で聴きました
もの悲しいメロディーで、でも明るい春の歌なのですよね。

白黒の画面から、子どもたちが野原を走っている
姿が今でも思い出されます。
なぜか胸がつまります。
聴いていて涙がとまりませんでした。

最近の曲ではヤドランカが歌う「誰かがサズを弾いていた」がとても好きです。
アニメーションが何とも言えず、暗く、神秘的で

「苦しき夢」も好きです。

曇り空と短調な曲が好きな「やぎ」でした。

【エムズの片割れより】
自分も「誰かがサズを弾いていた」をYoutubeで聞いてみました。自分にとっては不思議な歌のようで・・・
自分も短調の曲が好きです。

投稿: やぎ | 2013年3月26日 (火) 19:40

こんにちは 実です。
好美さんが見てくれたら奇跡です。

今までで一番好きだった人とキャンプに行った時、車の中で一緒に唱った歌です。
彼女はその後結婚しました。
私が22歳のときのことです。
当時は明るく唱っていました。
いまはとても切なく歌ってしまいます。
〜68歳のいまも大切にしています。
私の宝物です。

【エムズの片割れより】
そうですか・・・。どんな歌にも、それぞれの思い出が詰まっているもの。それを大切にしたいと思います。

投稿: みのる | 2014年8月31日 (日) 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和20~30年代・懐かしの「ラジオ番組」サワリ集・・・ | トップページ | 岩崎宏美の「すみれ色の涙」 »