« “かんぽの宿”問題~日経「大機小機」の大人の論理 | トップページ | 昭和23年の出来事(1歳)~「異国の丘」 »

2009年3月 3日 (火)

童謡「うれしいひな祭り」

Googleを開くと、お内裏さまの絵・・・。そうだ、今日は3月3日、ひな祭りである。
今朝の日経の「春秋」にもこんなことが書いてあった。

「光源氏はむろん男だが、雛(ひな)祭りをする場面が源氏物語第十二帖「須磨」に出てくる。といっても、人形を飾ったり白酒を飲んだりではなく、祭りの元の姿だった「禊(みそ)ぎ祓(はら)え」の神事を、都を離れて隠れ住んだ須磨の海辺で行うのである。
「今日は、かく思(おぼ)すことのある人は、御禊(みそぎ)し給(たま)ふべき」つまり「何か心配なことがある人はお祓いをしなければならない日だ」と聞かされた光源氏が、身の災いを移した人形を舟に乗せて海に流す。すると突然、雷鳴とともに激しい風雨がまき起こり……と物語は第十三帖「明石」に続く。
・・・・・
雛祭りの元の禊ぎの起源をたどると、青々と萌(も)えだした草を踏んで厄を払う「鞜青(とうせい)」に行き着くという。それが現代の季節感に合わないのは、例えば今日を旧暦に換算すると2月7日になるように、新暦と旧暦でズレがあるからだ。ただ、温暖化が進めば、いずれピッタリの季節感になるかもしれない。そんな心配もする今年の雛祭りだ。」(日経2009/3/3「春秋」より)

ひな祭りの原型が、既に平安時代にあったらしい事が「源氏物語」からも見て取れる。
ひな祭りは、我が家にとっては120%関係の無い行事だが、この「うれしいひな祭り」という歌は、自分にとって子供の頃を思い出す懐かしい歌の一つである。何を思い出すかというと、それは小学校の時の「学芸会」・・・・(写真はクリックで拡大~写真の外をクリックすると戻る)
P10401241 小学校3年生の時だっただろうか、引っ込み思案の自分はまったく目立たない子供だった。それが突然、学芸会での「嬉しいひな祭り」の“五人ばやし”の踊りに引っ張り出されたのだ。何のことは無い、ピンチヒッターだったのだ・・・。
小学校3年というと昭和31年の頃。当時は楽しみが少なかったせいか、小学校の学芸会はどこでも盛んであり、生徒向けとは別に父兄向けの日があった。そこに出るはずの友達が突然病気で倒れ、そのピンチヒッター・・、と記憶している。でもそのお陰で、懐かしい思い出になった・・・・

この「うれしいひな祭り」という歌は「昭和10年にサトウハチローが作詞したのもだが、発表時は山野三郎の名前で出た。作曲者・河村光陽の長女、河村順子の歌で昭和11年(1936年)2月レコード化。」(西東社「童謡・唱歌・こころの歌」p30より)とのこと。よって、童謡としては非常に新しい。(この音源は1938年8月29日録音、1951年2月発売のもの)

<河村順子の「うれしいひな祭り」>

「うれしいひな祭り」
  作詞:山野三郎(=サトウハチロー)
  作曲:河村光陽
  歌 :河村順子(長女)

あかりをつけましょ ぼんぼりに
お花をあげましょ 桃の花
五人ばやしの 笛太鼓
今日はたのしい ひな祭り

お内裏様と おひなさま
二人ならんで すまし顔
お嫁にいらした 姉さまに
よく似た官女の 白い顔

金のびょうぶに 映る灯(ひ)を
かすかにゆする 春の風
すこし白酒 めされたか
赤いお顔の 右大臣

着物を着かえて 帯しめて
今日はわたしも 晴れ姿
春の弥生の このよき日
何よりうれしい ひな祭り

P10401881 Wikipediaには、「本来「内裏雛」とは雛人形の男雛と女雛の一対を指すが、男雛を「お内裏様」、女雛を「お雛様」と呼ぶ誤りは「うれしいひなまつり」の歌詞から一般化している。」とある。この歌は意外と“影響力”があったらしい。
でも先日カミさんと犬の散歩の時に思い出しながら歌ってみたが、自分は「お内裏様とお“姫”様・・」と歌う位なので、サトウハチローを論じる資格も無い・・・。
それに、カミさんが言うには「お嫁にいらした姉様に よく似た“官女”の白い顔・・」という歌詞について、「“官女に似る”とはお姉さまに失礼。“よく似た「お雛様」の白い顔”すべき」と言う。まあこれでは語呂が合わないけど・・・・。

ウチは「女の子を・・・」と思って、“間違って”男を産んでしまった家。せめて歌だけでも“女の子の歌”でも歌うとするか・・・・

●メモ:カウント~33万


« “かんぽの宿”問題~日経「大機小機」の大人の論理 | トップページ | 昭和23年の出来事(1歳)~「異国の丘」 »

コメント

流されてるのは4才の時の声ですか?
YouTubeでありました。
http://www.youtube.com/watch?v=vndFjHFis1o

投稿: なち | 2009年3月 3日 (火) 23:31

なち さん

Youtube聞きました。
調べてみると、河村順子さんは1925年8月生まれ。「うれしいひな祭り」は1936年2月発売なので、Youtubeのオリジナル盤は10歳の時の歌のようですね。

投稿: エムズの片割れ | 2009年3月 5日 (木) 22:22

昭和7年はデビューの年だったのですね。

投稿: なち | 2009年3月 6日 (金) 07:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« “かんぽの宿”問題~日経「大機小機」の大人の論理 | トップページ | 昭和23年の出来事(1歳)~「異国の丘」 »