« さだまさしの「惜春」 | トップページ | 「モバイルWiMAXの実力」 »

2009年3月13日 (金)

ピンク・フロイドのイベントに行った~「OFF THE WALL」~PINK FLOYD SPIRIT~

当サイトでも何度か取り上げているPINK FLOYD。自分が聞く唯一のロックバンドである。実演に行ってみたいと、夢にまで見ていたが、キーボードのリチャード・ライトが2008年8月に亡くなった結果、ピンク・フロイド再結成の可能性は100%無くなってしまった。
090313pink ところが、今年は1979年に「The Wall」が発表されてから、記念すべき30年目だという事もあり、昨年の年末に、新聞で“ピンク・フロイドのトリビュートバンド「OFF THE WALL ~PINK FLOYD SPIRIT~」の日本公演(リチャード・ライト追悼)“というイベントの広告を新聞で見た。UK、ドイツ、そしてロシアに続く公演。そこで直ぐにチケットを買ったが、今晩そのコンサートがあった。(これ

場所は、有楽町駅前の東京国際フォーラム ホールA。入ってみると、何と席が1階のど真ん中。これ以上は望めないという特上席だった。ミュージシャンの表情までImage02521 見えるし、全体が程よく視界に入る。中央のスクリーンも丁度良い。(先日、小椋佳のコンサートでは最後部でガッカリしたが、今日はその挽回・・・?
しかし定刻になっても、席がたくさん空いている。会場に入るときに「プログラムは完売しました」と言っていたので、“30分も前に来たのに完売とは相当混むのかな・・・”と予想したが外れ。帰る時に見回したが、1階席で7割位の入りか・・・。(さっき調べたら、Aホールは何と5千人も入るという。1階席だけで3千人。これでは簡単に満席にはならない・・・)
演奏が始まった。やはりその音の大きさに圧倒される。ドラムスのベースドラムの音が巨大なスピーカーを通して床や椅子を揺らす。腹に響く。照明がまばゆく、レーザー光線が飛ぶ。そして中央の円形スクリーンにはお馴染みのピンク・フロイドのコンサートでいつも出てくる絵が写る。気分はまったくピンク・フロイドのコンサート。
ミュージシャンは全部で8名。「UKプロジェクトユニット」という名。ボーカルの2人とギター/ボーカルの人が女性。特に左手の女性は、ギターにボーカルに重要な位置を占めて演奏していた。「虚空のスキャット」も歌っていた。
2時間弱の演奏曲はほとんど知っている名曲ばかり。エコーズが出てきたときは、“ヤッタ!”と思ったが、何と女性二人が歌う。女声のエコーズは初めて聞いた。
レーザー光線を良く見せるためか、会場全体が曇っている。ドライアイスの煙か・・・。そして、会場全体が音と光の洪水・・・・。まさにDVDで見ていたピンク・フロイド独特のコンサートそのもの。
これを聞きながら思った。ピンク・フロイドの伝説のステージが目の前にある。ただしミュージシャンはトリビュート(替え玉)バンドだけど・・・。でも満足・・・

思い出すと、2002年3月に元ピンク・フロイドの中心メンバーだったロジャー・ウォーターズが来日したときに、この同じAホールで聞いた。その時は、まさにホンモノだったが、光のショーは無かった。その点、今日のイベントはホンモノに近い。バンドの演奏も、全てホンモノを真似ているだけに、違和感が無かった。

しかし日本人は本当におとなしいと思った。曲によって、ミュージシャンがリズムに合わせて手を叩くように合図するが、会場はなかなかそれに乗らない。最後の、「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」でも、会場に向かって一緒に歌うように合図するが、会場からなかなか声が出ない。まあ英語でまくし立てるので分からないかも・・・・。もちろん歌詞も日本人は知らない・・・。
でも多分、バンドの人から見ると、「ジーパンで日本に演奏に来たら、会場の人は皆スーツ姿だった・・」という印象では??(自分は本当にスーツ姿だったけど・・・)

ともあれ、2時間弱の演奏が終わって、帰りに階段を下りていたら、何と右耳がキーンという耳鳴り。あの大音響に、自分の故障中の右耳が悲鳴を上げたらしい・・・・。
でも、席も内容も大満足・・・。夢にまで見たPINK FLOYDを、唯一替え玉(トリビュートバンド)だという点さえ除くと、体験することが出来たわけだ。

この60年間に思い出す演奏会は幾つかあるが、今日のイベントも強烈に思い出に残るであろう。特に今回の光のショーは、テレビやCDを通してでは決して体験できない・・・。
この特等席のチケットは、記念に取っておこう・・・。今日は、良い日だった・・・。


« さだまさしの「惜春」 | トップページ | 「モバイルWiMAXの実力」 »

コメント

こんにちは。はじめまして。『OFF THE WALL』行きたかったです(泣)。88年来日時は2回見ました。

投稿: 西山智(さとる) | 2009年3月14日 (土) 12:49

西山さん

特に光(レーザ光線)のショーは、ナマでないと体験できない事を知りました。

投稿: エムズの片割れ | 2009年3月14日 (土) 20:51

こんばんは。19日に札幌公演があり、参加してきました。まったく同じ感想を持ちましたよ。スチールギターやエレキやヴォーカルも担当した女性はかっこよかった。どういう人たちなのか知りたかったので、参考になりました。ありがとうございます。

投稿: はなぽっと | 2009年3月25日 (水) 00:35

はなぽっと さん

自分が聞いたのは日本公演の初日でした。札幌は最後の方でしょうか・・。
PINK FLOYDのホンモノが見られない以上、似ているもので我慢・・・?
でも自分にとっては新鮮でした。

投稿: エムズの片割れ | 2009年3月25日 (水) 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さだまさしの「惜春」 | トップページ | 「モバイルWiMAXの実力」 »