« なぜ男性は短命か? | トップページ | 子が親を語る・・・2つの例 »

2008年10月 2日 (木)

「CEATEC JAPAN 2008(エレクトロニクス展)」に行った

今日は秋晴れだったので(?)、幕張メッセで開催されている「CEATEC JAPAN 2008(シーテック・ジャパン=最先端IT・エレクトロニクス総合展)」に行ってきた。3年ぶりだろうか・・・(なお、写真はすべて携帯電話のカメラ。だから画質は良くない)

2008100216090001 2008100216070011 2008100215280001

もちろん目当てはデジタル家電。でも、展示は各社、薄型ハイビジョンテレビ一色。でも各社、ポイントは絞っている。東芝は「高解像度」。得意の半導体技術(セル)を使ったマルチ画面・・・。でもこれは要らないな・・・。しかし高解像度技術は面白かった。地上デジタルの解像度を、独自技術でフルハイビジョンに補完するのだという。まあ確かに繊細にはなっているが・・・

2008100215050011 2008100215080001

SONYはもっぱら「薄型」。薄さ9.9ミリをPR。それに有機ELテレビは、0.3ミリの試作品。これは薄型というより、もはや「シートテレビ」だ。いやはや時代は進んだものだ。それと、4倍速(240コマ)というのも面白い。しかし良く見ると、普通の60コマを倍速の120コマにしたときの改善度に比べると、その2倍(240コマ)にしても大幅改善にはなっていない。ちょっとだけ・・

2008100215370001 2008100215450001 2008100215410001

一番混んでいたのがパナソニック(旧松下電器)のブース。昨日から社名が変わったせいか、力が入っているようで、ブースは大賑わい。混んでいて中に入れない位。なかでも、ブルーレイレコーダの、ハイビジョンの長時間録画の画面比較をしていて、どこが弱点かを教えてくれていた。なるほど長時間モードだとエッジはきたない。でも素人目には分からないか・・?

そのPanaに対して、SONY、日立、三菱、シャープのブースの空いていること・・・。ブースのなかはスイスイ・・。よって、混んでいたのはPanaだけ?

しかしこんな展示を見ると、また自分の中の「ムシ」が“うごめき”出す・・・。自分の部屋にも、薄型ハイビジョンTVが欲しいな・・・と。今のブラウン管のハイビジョンTVを、薄型に買い換えるか? でもまだ映っているし・・・。贅沢だよ・・・。でも、その位いいじゃない?  ・・・ナンテ心が騒ぐ・・・

しかし、日進月歩の技術も、もはや飽和状態のような気がする。画質も、以前の富士山がエベレストになるほどの違いの改善技術ではなく、エベレストと2位のK2を比較・改善しているようだ。もう、そこまで行ったのなら良いじゃないか・・・ナンテ。

話は変わるが、もう20年も前、エレクトロニクスショー(このシーテックの前身)で見た「デジタル(処理)テレビ」のキレイさに惚れて、高い金を出してそれと同じテレビを買ったら、会場で見た画面と違う・・・。色々と聞いてみると、会場にあるのは、メーカの技術者がピッカピカに調整したもの。だから一般売りの製品とは違う・・・、という。
それ以来、展示品はそれなりの眼で見るようにはなった。でも、こうして一堂に会して画像比較が出来るのはありがたい。ああ、ムシが騒ぐな~・・・・(本当に欲しくなってきたぞ・・)


« なぜ男性は短命か? | トップページ | 子が親を語る・・・2つの例 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「CEATEC JAPAN 2008(エレクトロニクス展)」に行った:

« なぜ男性は短命か? | トップページ | 子が親を語る・・・2つの例 »