« 中西龍の「にっぽんのメロディー」と「ちいさい秋みつけた」 | トップページ | 加古隆の「パリは燃えているか」~NHK「映像の世紀」のサントラ »

2008年8月 4日 (月)

リーダーの「任期」について

今朝(08/8/4)の日経で、二つのコラムを読んで“なるほど・・・”と納得。
一つは、「インタビュー領空侵犯」(P5)の「経営者に『任期』は不要~内閣特別顧問 黒川清氏」というコラム。曰く・・・

「昔から、社長の在任期間は2期4年とか3期6年までといった慣例や、内規が存在する企業が多いようです。でも、それに何の意味があるのでしょうか。任期をあらかじめ決めたからといって、これまでのガバナンス(統治)がしっかりしていたとも思えません。・・
経営者の任期をあらかじめ短く設定してしまうと、目先のことしか考えず、長期的な視野に立った経営ができなくなるのではないでしょうか。それに自分の在任中に何か起きたら、自分で解決しようとするより問題を後継者に先送りするようになります。・・・
「老害」を言うなら40歳代の若いうちに社長にすればいいだけの話でしょう。そうすれば社長を十年やってもまだ60歳代です。・・・
リーダーに必要なのは、ビジョンと、そのビジョンを人に伝える能力、知力と体力、それに揺るぎのない信念。年齢は関係ありません。もっと若い人材を抜擢すべきです。・・・
最初から任期を決めておくのではなく、その経営者の能力と実績を客観的に評価し、問題があればすぐに辞めさせる仕組みを作っておくことのほうが重要です。でも実際にそういう仕組みが機能している日本企業がどれだけあるでしょうか。いったん就任したら慣例の在任期間を全うするまで辞めさせることができないのなら、ガバナンスが存在しないと言われても仕方がないでしょう。」

実はこの指摘は、日本のほとんどの企業に当てはまると思う。この背景には「任命者責任」が内在しているのではないか? つまり、あるトップに問題があったとしてもそのままにするのは、それを任命した人が責任を取りたくない為かも? つまり、自分で任命した人事の失敗を認めることになるので、避けている??

話は変わるが、こんなコラムもあった。同じ日経(08/8/4)の「挑む」(P25)というコラムが、「改革で実績アップの公立校~教員異動後も根付くか」というタイトルで以下のように言っている。

「最近、めきめきと進学実績を伸ばしている公立高校の校長と話をする機会があった。校長は進学実績が伸びている原因を、「定点観測・シラバス・授業評価の3本柱が確立されてきたことが大きい」と分析していた。
「定点観測」とは、校内模試と全国模試の結果を基に、過年度の生徒と比較して志望校を決めていくこと。・・・・
「シラバス」とは、3年間の授業計画と到達目標が詳細に書かれた冊子のことで、授業はこれに沿って進行する。・・・
「授業評価」とは、生徒がアンケートによって教員の授業の創意工夫・熱意・進度・難易度などを評価するシステム。・・・・・
・・・・・
校長の強力なリーダシップで進められた改革は、生徒側だけではなく、教員側にも徐々に浸透してきたという。
だが、公立校の宿命として、現場の教員の異動は避けられない。校長や中心となる教員が他校に移った後も、この取り組みが続いていくのかどうか、それが「新たな伝統」を築けるかの分かれ目となりそうだ。」

たまたまこの二つのコラムを繋げると「良きトップは“新たな伝統”を次々と作りながら、何年でも実績と共に前進せよ。しかし、良き伝統を作れなくなった(枯れた)トップは、早々と立ち去れ」という事かも・・・・

まあこれだけ冷静に、これらの厳しい指摘を“味わえる”のも、「還暦」の余裕からかも・・・
(つまりそれは、もはや自分は“トップ”とは縁のない存在で、「蚊帳の外」ということだけど・・・。トホホ・・・・)


« 中西龍の「にっぽんのメロディー」と「ちいさい秋みつけた」 | トップページ | 加古隆の「パリは燃えているか」~NHK「映像の世紀」のサントラ »

コメント

子供が公立高校生で その シラバス持っております。

一応進学校 先生方も大変熱心ですが いかんせん 本人が全くやる気が無く学校が遠方で(他県者入学です。少しだけ枠が有るのです)部活に熱中していることもあり時間も全く無いという状況で 成績は地をはい あきれた先生もさじを投げるという状況です。
これから先が 怖ろしいです。

投稿: 見切り発車 | 2008年8月 5日 (火) 22:42

見切り発車さん

自分も進学校でしたが、「定点観測」は「進学要覧」といって40年前も昔もありました。
シラバスは知らないな・・・
しかし、受験生の親御さんとは気の毒な・・・。ウチも大変でした。高校生ともなると、親が言っても仕方がないし、本人次第ですよね。だから「すべて自分の責任」とだけ言ってたっけ・・・。
おつかれさまで~す・・。(←何と気楽な・・・)

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月 6日 (水) 21:16

>自分も進学校でしたが・・・

はい、進学校の中でも 難しい進学校出身でいらっしゃいましたね。
ウチは 学区が違いますが その高校の名前だけはお聞きしてます。
大変優秀な方でいらしたのですねpen

投稿: 見切り発車 | 2008年8月 8日 (金) 08:21

見切り発車 さん

おっと故郷は同じかな??
先日高校のクラス会があり、「今だったら全員入れないな・・」と、皆で笑いました。
自分が卒業して40年。その後、勝手にレベルが上がったようで、自分の責任ではありません。

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月 9日 (土) 11:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/42063206

この記事へのトラックバック一覧です: リーダーの「任期」について:

« 中西龍の「にっぽんのメロディー」と「ちいさい秋みつけた」 | トップページ | 加古隆の「パリは燃えているか」~NHK「映像の世紀」のサントラ »