« 谷村新司の「群青」 | トップページ | 意外と多い「共働き」の家庭 »

2008年8月17日 (日)

石川さゆりの「吾亦紅(われもこう)」

先日(08/8/16)、BS2で「石川さゆり音楽会~歌手生活35周年記念リサイタル~」が放送されていた。デビューから35年で、シングル盤が101曲、アルバムが115枚、総数で1971曲になると言っていた。
石川さゆりは、自分が良く聞く歌手のひとりだが、MP3の曲数を調べてみたら、64曲あった。これは自分のライブラリーの中でも多い方だ。そのなかで、かなり初期の歌に「吾亦紅(われもこう)」という歌がある。自分のメモでは、1991年10月27日録音とある。
調べたら、この曲は1990年9月21日発売とある。(「うたかた」のB面)
FMで放送していたのを録音したのだが、最初、曲名が分からなかった。(昔はNetで調べることが出来なかったので・・・)その後、この歌を放送等で聞いたことはない。それほどマイナーな曲なのだが、なぜか心に残っている。歌詞も、Netで調べても出てこない。よって下記の歌詞は、歌から採ったので正確では無い。でも、少し聞いてみよう。

<石川さゆり「吾亦紅」>

「吾亦紅(われもこう) 」
  作詞:吉岡 治
  作曲:岡 千秋

1)風が運んだ 夜汽車の汽笛
 あなたの町でも泣きますか
 化粧おとすと 気弱になって
 癖になりそな 寝酒です
 風待ち港の 吾亦紅
 あなた… いまもひっそり咲いてます

2)夢は夢でも 女と男
 三月で違いを知りました
 死ぬも生きるも ふたりは一緒
 そんな嘘さえ 懐かしく
 風待ち港の 吾亦紅
 あなた…  お酒相手の夜更けです

3)肩が寒がる 背中がねだる
 あきらめきれずに恋しがる
 薄いふとんに くるまりながら
 合わす背がない 海老折寝
 風待ち港の 吾亦紅
 あなた… つくしきりたい女です

Waremokou このところ、他の歌手での別の「吾亦紅」もあるので、漢字は読めるようになってきたが、この花はたぶん見たことが無い。どうもこんな花らしいが・・・。

しかし、(自分で言うのも何だが)この音源が意外と良いのでビックリ。と言うのは、オリジナルの音源はNHK FM.。それを番組丸ごと19㎝のオープンデッキに録って、それから残しておく曲をピックアップしてカセットにコピー。その後MD時代になったので、カセットをMDにコピー。そしてそのMDをMP3に変換したのがこの音源である。オープン→カセット→MD→MP3と、何度もコピーを繰り返しているので、相当に音質は劣化しているはずだが、今でも何とか聞くに耐える。立派・・・(何を褒めている??)

しかし、石川さゆりももう50歳。しかしバリバリの現役。演歌が流行らぬ現代ではあるが、日本の情緒は演歌にあるように思うのだが・・・
(フト思い出した・・・。昔、会社の飲み会のときに、皆Jポップを歌うので「演歌をやれー!」と怒鳴ったら、不評だったっけ。当然かも・・・)

(関連記事)
石川さゆり「津軽海峡・冬景色」~歌謡曲のアレンジの妙・・・


« 谷村新司の「群青」 | トップページ | 意外と多い「共働き」の家庭 »

コメント

「吾亦紅」初めて聞きました。石川さゆりさんの歌声は女性の声の美しさがあるのでいいですね。吾亦紅の若い葉は天ぷらにして食べると知り、狭い庭に植えましたが味は……。アグリさんの本に感銘してユスラウメを植え、風の盆恋歌に感涙して酔芙蓉を植え、毎年孵るイモリのために草を抜かず、狭い庭は草本樹木で荒れ放題。酔芙蓉の出てきた風の盆恋歌も石川さゆりさんの歌で、波瀾万丈のなかにし礼さんが書いた歌詞がなかなかよかったです。歌はまるでタイムマシンのように、いろいろな思い出を紡いでくれて、いい歌は本当にいいですね。このサイトは新しい歌を知ることができて、いつまでも続けてほしいと思います。謝謝。

投稿: 静御前堂 | 2008年8月17日 (日) 23:03

‘すぎもとまさと’さんの「吾亦紅」・・・父を亡くした後に聞いて、シンミリしましたが、石川さゆりさんのは知りませんでしたが、コレも又、素敵ですねェ~
花言葉は「愛慕」だそうですが、花と言う花ではなく、ドライフラワーっぽいところが又、素敵ですが、熊本の九重高原には沢山、自生してますよォ~
今度、カラオケで挑戦してみま~す♪

投稿: 花舞 | 2008年8月18日 (月) 18:49

静御前堂 さん

「風の盆恋歌」の“酔芙蓉”も花の名前なんですね~。今初めてNetで見ました・・・。
歌の歌詞には、色々な花の名前が出てきます。これからは、(花オンチの自分ですが)せめて好きな歌の歌詞に出てくる花だけでも、花の名前を覚えようかな~、なんて思っています。

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月18日 (月) 18:53

花舞 さん

ヘエ~。熊本に自生しているんですか・・。どうも「花の名前オンチ」なもので・・
この歌は非常にマイナーなので、カラオケなど、多分無いと思いますよ・・

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月20日 (水) 21:57

石川さゆりの「吾亦紅」!!
知りませんでした。いい曲ですね。
こんないい曲を教えていただき、ありがとうございます。
胸に「じ~ん」ときました。

投稿: 木更川 | 2008年8月23日 (土) 11:17

木更川 さん

コメントありがとうございます。マイナーな曲でも、隠れた良い歌はありますよね。

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月23日 (土) 15:01

優しげに歌っていますね、好きです。
すぎもとまさとさんの「吾亦紅」も好きですけど、これもいいですねぇ‥

投稿: 福田 | 2008年8月29日 (金) 01:24

福田 さん

コメントありがとうございます。
実物を一度見ておきたいと思うのですがね・・・

投稿: エムズの片割れ | 2008年8月30日 (土) 09:10

歌詞の中で 風町港とありますが 風待港が正しいのではないのでしょうか 昔 帆前船の時代  航海に都合のよい風を待った港の事だと思いますが 皆様及び 原作と照合してみたく思います 夢見る男

【エムズの片割れより】
ご指摘ありがとうございました。その通りでした。改めて歌詞をCDの原詩に合わせました。

投稿: 夢見る男 | 2011年8月26日 (金) 14:14

 風が運んだ 夜汽車の汽笛 あなたの町でも泣きますか・・・いい歌ですね、何となく人恋しい秋胸にジ~ンきます、遠い昔が思い出されてしんみりと寂しさを感じたり・・・こう言う私は74歳の爺やです。

 ずと以前に何かで聞いたことがありましたがYouTubeで検索してもありませんでした、ネットで検索で聞くことができました、有難うございます。でもこれをスマホに取り込むことができず録音して聞いております。

【エムズの片割れより】
この歌は、自分も一度聞いて好きになりましたが、あまりヒットしなかったようです。
同じような感性の方がいてホッとします。

投稿: 時雨 | 2014年9月22日 (月) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/42192236

この記事へのトラックバック一覧です: 石川さゆりの「吾亦紅(われもこう)」:

« 谷村新司の「群青」 | トップページ | 意外と多い「共働き」の家庭 »