« 脚本家「橋本忍」89歳 | トップページ | 空の旅は「窓際族」に限る・・・ »

2008年3月19日 (水)

石川さゆり「津軽海峡・冬景色」~歌謡曲のアレンジの妙・・・

前にも このblogに書いているが、自分は「良い音」で歌謡曲を聞くのが好きである。演歌でも何でも、音が良くなければダメ。よって、同じ曲でも編曲(アレンジ)・録音時期が違うもの(レコード会社が違う等)は、全て別の曲として収集している。
だいたいにおいては、初リリースの録音(編曲)がベスト。印象的にも、初リリースされた時のアレンジは、誰の耳にもその音が滲み付いており、そうそう評価は揺るがない。しかも、後で録音する際は、編曲者が自分の個性を出そうとするので、とかく馴染めない場合が多い。
その中で、新録音の方に惹かれた数少ない盤に、石川さゆりの「津軽海峡・雪景色」がある。もともとは日本コロムビアの録音(編曲は作曲者である三木たかし」:1977年=昭和52年発売)だが、レコード会社の移籍にともなって2000年に発売されたテイチク盤(編曲は今泉敏郎)は、オリジナリティは保ったまま輝きを増しており、素晴らしい録音(編曲)だ。オリジナルの編曲が染み付いている耳にも、違和感は無い。少し聞いてみよう。

<石川さゆり「津軽海峡・冬景色」~テイチク録音2000年>(CDはこれ

ちなみにオリジナルも少し聞いてみよう。
<石川さゆり「津軽海峡・冬景色」~コロムビア録音1977年>

何度聞いたか分からないこのようなスタンダード曲も、改めて新録音で聞いてみると、なかなか新鮮で良いものである。これは、いわば音楽の「リニューアル」である。
しかしクラシックの世界では、再録音は日常的である。特に指揮者は長寿な人が多いので、オーケストラやレーベルを変えて再録音する。ワルターがステレオで全ての曲を改めて再録音したのをはじめ、カラヤンの「運命」など、Netで調べてみると7回位録音しているらしい・・。

話は変わるが、我が家も築20年・・・。そろそろ外壁や屋根が傷んできた・・・。手遅れにならないうちに、そろそろリニューアルでもしようか・・・?
カミさんや息子共のリニューアルは無理だけど・・・・(ン???)

(関連記事)
内山田洋が亡くなった・・・(音の良い歌謡曲)


« 脚本家「橋本忍」89歳 | トップページ | 空の旅は「窓際族」に限る・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/40561413

この記事へのトラックバック一覧です: 石川さゆり「津軽海峡・冬景色」~歌謡曲のアレンジの妙・・・:

« 脚本家「橋本忍」89歳 | トップページ | 空の旅は「窓際族」に限る・・・ »