« 薬の副作用は怖い・・・ | トップページ | サラ・チャンのヴァイオリン・・・ »

2007年7月11日 (水)

家庭での障害者の率~障害者自立支援法を考える(1)

日本の家庭で、障害者が居る率がどの位かを計算してみたら、6.5%の世帯に障害者が居る、という結果が出た。(詳細下記)

弱者切り棄てで、まれに見る悪法と名高い「障害者自立支援法」について、弱者の立場で考えてみたい。(実は、自分はまだ不勉強のため、この法律の問題点がほとんど分かっていないが、これからシリーズで考えて行きたい)

本来は、予断無く考えるために「障害者自立支援法」その物を読むべきだが、何と271ページもある。さすがにメゲた・・・。

まず一般の健常者が「障害者の問題をどう捉えるか・・」で考え方も変わってくる。
前にカミさんから「人間が生まれる時、障害者がある確率で生まれて来るのは自然の摂理である。よって、障害者が誰の子供として生まれてくるかは“偶然”でしかない。だから障害者は、誰の子供として生まれても、それは社会全体で保護育成して行かなければならない。」という考え方があると聞いた。これは、その通りだと思う。(年金の世代間扶養の考え方と同じだ)よって、その視点で考えてみる。

まず日本の現状はどうか? 障害者は、一般家庭でどの位の率で存在するのかを調べてみた。ネットで色々と探すが、見つからない。エエイッ!面倒だ。計算してしまおう・・・
障害者は生まれた時から障害を負った児童も居るし、高齢になって脳出血で障害を負った人も居るが、厚生労働省の「身体障害児・者実態調査結果(平成13年6月1日調査)」が詳しい実態を示している。(どうも調査は5年に1回のようだ。たぶんH18年の調査結果が今年発表されるのだろう)

それによると「全国の18歳以上の身体障害者数(在宅)は、3,245,000人と推計される。」そして「身体障害者の人口比は、人口1,000人に対して31.1人であり・・」とある。

また児童については「全国の18歳未満の身体障害児数(在宅)は、81,900人と推計される。」そして「身体障害児の人口比は、人口1,000人に対して3.6人」とある。

つまり2001年の調査で、18歳未満の身体障害児の人口比は0.36%、18歳以上の身体障害者の人口比は3.11%である。
よって、身体障害児は常に0.36%の確率で生まれてくる(または発病する)事になる。
もし自分の子供が健常児だったら、99.64%の確率の中に入り、「ラッキーだった」という事になる。そうだ、単に「ラッキーだった」だけなのである。

また上記、2001(H13)年の日本の人口は1億2728万人であるという。
よって人口比では、
(3245000+81900)÷127289000=2.61%(2001年時点で)
となる。
また1世帯の平均構成人員は2.49人/世帯だそうだ。(H18年)

よって整理すると、人口比2.61%×2.49人/世帯=6.5%/世帯

つまり現在の日本の6.5%の世帯に障害者がいるという事なのである。(単位が「世帯」なので、若い人の単身世帯も独居老人世帯も、また大家族も同じ1世帯のカウントである)
これをどう見るか・・・・である。多いと見るか少ないと見るか・・・
世帯で見ると、93軒の家が、7軒の家の障害者を応援する・・・と考えると?
または、個人で見ると97人が3人の障害者を応援する・・・と考えると?

出来れば、93軒の中に入ったら「我が家はラッキーだったので、7軒さんの応援をしなくちゃ!」と考えたいし、また逆に7%の中に入ったら「我が家は(神さまから)選ばれた。大事に育てなくては・・・」と前向きに捉えたいもの。
だとすると、今回の「障害者自立支援法」のように、弱者切り捨ての法律を作るのではなく、逆に、あくまで選ばれた7%の弱者を93%の強者がどうバックアップするか、むしろ強化をする法律を作るのが“人の道”ではないかと思う。(もっとも、その立場に立ったら、自分はヘナヘナになるのは分かっているが・・・。でもカミさんは強いと思う。たぶん・・・)

ここからスタートして、いつまで掛かるか分からないが「障害者自立支援法」について、今後考えて行きたい。

(関連記事)
障害者自立支援法を考える(2)~その問題点と顛末

障害者自立支援法を考える(3)~各党の主張

障害者自立支援法を考える(4)~いよいよ抜本見直しか?


« 薬の副作用は怖い・・・ | トップページ | サラ・チャンのヴァイオリン・・・ »

コメント

こんばんは
いつも奥様にはお世話になっています
この度は、私の拙いブログをリンクを張っていただきありがとうございました
それで、お返しにといったら失礼ですが
私のほうにも‘エムズの片割れ’を張らせていただいてよろしいでしょうか
グーブログは、ブックマークという形になりますが・・・
私の拙いブログが、かなり高尚な雰囲気を纏わせていただけるような・・・
図々しい魂胆ですみません
ぜひよろしくお願いいたします

投稿: ビアン母 | 2007年7月12日 (木) 20:47

こちらこそ、リンクどうぞよろしくお願いします。
当HPは、プロフィールでも宣言しています通り、リンクフリーです。
1年頑張りましたが、とうとうカミさんにバレましたので、フリーフリーです。(別に“破れかぶれ”でもありませんが・・・)
メイ子は相変わらず、キチンと“食事の時だけ”寄ってきます。(嫁入り前のしつけが良かったようで・・・?)
(カミさんが、今日からmixiも始めました)

投稿: エムズの片割れ | 2007年7月12日 (木) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/15727131

この記事へのトラックバック一覧です: 家庭での障害者の率~障害者自立支援法を考える(1):

« 薬の副作用は怖い・・・ | トップページ | サラ・チャンのヴァイオリン・・・ »