« 「吾唯(われただ)足るを知る」 | トップページ | 沖縄戦の映画「ひめゆり」を見た »

2007年6月27日 (水)

伊藤久男の「ひめゆりの塔」

志村さんのblog「命を救う知識」を読んでいたら「ひめゆりの塔」という言葉が出ていた。
この記事は沖縄戦での悲惨さを書いたものだが、(悲しいかな)自分が先ず思い浮かべたのが、伊藤久男の歌「ひめゆりの塔」だった。
そこで今日はハンドルを切って、伊藤久男の思い出話である。

自分が伊藤久男を知ったのは中学の頃だったか・・・。確か「山のけむり」という歌からだったと思う。
高校の時、ちょうど図書館の新館が建って、土曜日の午後に新図書館の視聴覚ルームでレコードコンサートをやっていた。もちろん生徒の好きなヤツが段取るのだが・・・
そこに、自分で買った伊藤久男のEPのレコードを持ち込み、コンサートが始まる前に人が居ないのを良いことに、大きな音でかけたっけ・・・・。(今思うと、高校の図書館に伊藤久男の歌謡曲が流れた・・・。画期的?)
そこでかけた曲は「イオマンテの夜」と「サロマ湖の歌」だったな・・・・。

あの朗々としたバリトンの声は素晴らしかった。
自分が聞き始まったときには、既に「懐かしのメロディーの伊藤久男」だったが、あれから40年以上も経ってしまって、まったくの懐かしのメロディーだ。
伊藤久男の歌はほとんど聞いたが、ダイナミックな歌と、叙情歌の2つがある。
ダイナミックな歌では、「オロチョンの火祭り」「ブラジルの太鼓」など、叙情歌では「サビタの花」や「夕月の歌」など、数限りない。

中でも「ひめゆりの塔」は、実に伊藤久男らしい歌で圧巻であった。昭和23年7月発売のオリジナルの歌を聞いてみよう。

<伊藤久男「ひめゆりの塔」>

「ひめゆりの塔」
  作詞:西条八十
  作曲:古関裕而
  歌 :伊藤久男

1)首途(かどで)の朝は 愛らしき
 笑顔に 母を振りかえり
 ふりしハンケチ 今いずこ
 ああ 沖縄の 夜あらしに
 悲しく散りし ひめゆりの花

2)生まれの町も もえさかる
 炎の底に つつまれて
 飛ぶは宿なき はぐれ鳥
 ああ 鳴けばとて 鳴けばとて
 花びら折れし ひめゆりの花

3)黒潮むせぶ 沖縄の
 米須の浜の 月かげに
 ぬれて淋しき 石の塚
 母呼ぶ声の 永久(とこしえ)に
 流れて悲し ひめゆりの花

古関裕而の曲も素晴らしい。古関裕而についても後で書いてみよう。


« 「吾唯(われただ)足るを知る」 | トップページ | 沖縄戦の映画「ひめゆり」を見た »

コメント

この歌の存在を、今まで知りませんでした。昭和23年という早い時期に出来ていたのが驚きです。「ひめゆり」の映画を見てきただけに、画面の海岸風景と、自分で踏んだ海岸の記憶とが、重なってきます。

投稿: 志村建世 | 2007年6月29日 (金) 23:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/15578608

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤久男の「ひめゆりの塔」:

« 「吾唯(われただ)足るを知る」 | トップページ | 沖縄戦の映画「ひめゆり」を見た »