« 「運命」冒頭の聞き比べ(6/9) | トップページ | 「運命」冒頭の聞き比べ(4/9) »

2007年6月13日 (水)

「運命」冒頭の聞き比べ(5/9)

←BACK              NEXT→

(27)<カラヤン/ウィーン・フィル 1948年11月11日録音>(0:51)
SP録音。颯爽とした40歳の若き時代の演奏。(1908年生まれ)

(28)<カラヤン/ベルリン・フィル 1976年10月録音>(0:49)
カラヤン 3度目の録音。

(29)<カラヤン/ベルリン・フィル 1982年11月18日録音>(0:49)
70才台半ばの時の演奏。カラヤンは、生涯あまり演奏タイプは変わらなかった。

(30)<小澤征爾/シカゴ交響楽団 1968年8月9日録音>(0:51)
我らが小澤征爾も聞こう。(1935年生まれ)

 

(31)<小澤征爾/ボストン交響楽団 1981年1月24日録音>(4:05)
  (TELARC録音)

(32)<小澤征爾/サイトウキネン 2000年9月8日録音>(0:47)

 

(33)<朝比奈隆/大阪フィル 1985年3月31日録音>(1:03)
非常に遅いテンポ。(1908年生まれ)

(34)<ギュンター・ヴァント/北ドイツ放送交響楽団 1987年2月25日録音>(0:47) (1912年生まれ)

 

(35)<クラウディオ・アバド/ウィーン・フィル 1987年10月録音>(0:52)
厚みがあって堂々としていて、テンポも遅め。ダ・ダ・ダーの2度目のフェルマータが長め。(1933年生まれ)

(36)<クラウディオ・アバド/ベルリン・フィル 2000年5月録音>(0:48)
ダ・ダ・ダ・ダーの最後のフェルマータがスッと消えるような演奏。最近のピリオド楽器(古楽器)オケが良くやるのでその影響か?

←BACK              NEXT→


« 「運命」冒頭の聞き比べ(6/9) | トップページ | 「運命」冒頭の聞き比べ(4/9) »

コメント

突然のお便りで恐縮です。
実は来週水曜日に弊社の中で自分の趣味をお話しする勉強会のようなものがありまして小生の趣味であるクラシックの話を20分程度する予定です。みなクラシックになじみのない面々の為、親しみやすい運命でもと思い検索しておりましたら貴兄のHPにたどり着き是非使わせて頂けないかと考えました。
そこで誠に恐縮ですが、HPにリンクさせていただく事お許し頂けないでしょうか?
勝手なお願いで申し訳ございませんが、よろしくお願い致します。

投稿: 中俣 清人 | 2009年11月 7日 (土) 10:10

中俣さん

当サイトへのリンクは自由ですので、幾らでもどうぞ。当サイトとしても、活用頂けると嬉しいです。
なお、当サイトの音源は原則としてデジタル音源ですので、パソコンからステレオ装置につないで頂けると、良い音で聞くことが出来ます。
パソコン内蔵のスピーカは、あまりに音が寂しいですので・・・。
ご丁寧にありがとうございました。

投稿: エムズの片割れ | 2009年11月 7日 (土) 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「運命」冒頭の聞き比べ(6/9) | トップページ | 「運命」冒頭の聞き比べ(4/9) »