« 「仏像の事典」を読んだ | トップページ | NHK土曜ドラマ「ウォーカーズ」が面白い »

2006年11月21日 (火)

インプラント~一番“価値のあった”買い物

長い人生で色々な買い物をするが、インプラントほど価値のあった買い物は無かったと、今でも思っている。(少しオーバーだが・・・)

今朝の朝日新聞に折り込まれていた「定年時代」に、 「インプラント治療ガイド」という本の広告があった。著者はインプラントセンター・八王子の きぬた泰和氏。
ふと懐かし?く思った。とうとうあの先生が本を書いたか・・・・と。

03年4月に、左下奥歯に3本のインプラントを90万円で入れてもう3年半になるが、その存在をもうすっかり忘れている。
つまりすっかり自分の歯になりきっているということ。

思い出すと、学生時代に遡る。食事の時に、奥歯の一本に詰めてあった金属が外れたらしく、その瞬間に噛んだため、歯が割れた。
それが切っ掛けで、しばらくしてその歯を抜き、ブリッジをしていたが、歯ぎしりの影響か、ブリッジをしていた片方の歯が傷んで抜け、今度は2本ブリッジをしたらまた台座の奥歯が傷んで抜けて、とうとう左奥の3本が抜けてしまった。
そしてあの時を迎える。あの時~つまり入れ歯を貰った時~自分は呆然と立ちすくんだ。(と言ったらオーバーだが・・・・)
「これから毎日、歯茎で支えたぶかぶかする入れ歯で食事するのか・・・・」と思うと奈落の底へ転落した。

でもそれからの動きは早かった。
カミさんが口コミで聞いてきたインプラントを調べ、その人から聞いたインプラントセンター・八王子に行き、即手術。
5ヶ月後に完成。それからもう3年半にもなるが、それ以来、歯のことは全く忘れている。つまり全く違和感が無いので意識に登らないのである。

きぬた歯科というのは西八王子駅南口駅前にある。普段は普通の若い歯医者さん。でもインプラントの経験だけは豊富らしい。海外でその道を極めたという。
駅前ではない別棟に、素晴らしい“インプラントセンター”があるが、そこはインプラントの手術(金属の根を埋め込む)をするときだけ。その時以外は駅前の「きぬた歯科」で治療。まあ“インプラントセンター”と謳っているので、看板は必要なのだろう・・・・。

自分の場合を簡単に紹介すると、電話で問い合わせて、きぬた医師に予約と金額を聞く。自分の場合は左下奥歯3本という事で(下顎の骨の厚さがあったので)一番易しい例という。30万円×3本で90万円。
手術当日は、麻酔を掛けて歯茎を切り開いて骨を露出させ、ドリルで穴を3つあけてチタンの台座を埋め込む。それから歯茎を縫っておしまい。
予約時間は3時だったが、終わったのが3時35分。時間にして35分。手術の正味は20分。早いと言うよりは乱暴。きぬたさんは鼻歌を歌いながらドリルでガガガ・・・。鼻歌は、まあ患者を安心させるためだろうが・・・・

一週間後に抜糸。4ヶ月後にまた歯茎を開いて埋め込んだ台座に土台の金具(ナットの部分)を取り付け、それが歯肉から表面に出るようにする。それから義歯を作ってボルトで取り付ける。
ここまで手術から5ヶ月掛かった。顎の骨にチタンの台座が骨と一体化するまでの時間が必要らしい。
しかしそれからはノントラブル。他の患者も同じらしく、保証は10年だが、患者がその後どうなったかは分からないと言っていた。それもそのはず、行く必要がないので患者はきぬたさんに行っていないのである。だから先生もその後の状況が分からない・・・
半年毎だったか、ハガキが来てチェックに来るように言われるが、サボっている。

とまあ、永く人生を過ごしてきて?今までで一番価値のあった買い物はこのインプラント義歯だ・・・・という事なのである。(生活の質・・・。毎日のことだから大切・・・・・)
体験的反省としては、多少金が掛かっても、1本抜けたときにインプラントを入れるべき。ブリッジにすると、次々に隣の歯にダメージが行く。
(人によってはインプラントが合わない人も居るらしいが、医師の経験で左右される??~極端な失敗例では、穴を深くあけすぎで顎の骨から突き抜けて大事になる。ここが経験・・・・・と、きぬたさんが言っていた)

しかしこの体験(奈落の底)以来、食後にキチンと歯磨きをするようになり、歯を大事にしているので、最近はあまり歯医者に行っていない。(エッヘン!?)


« 「仏像の事典」を読んだ | トップページ | NHK土曜ドラマ「ウォーカーズ」が面白い »

コメント

今きぬた歯科でのインプラントを迷い中です。こちらのブログを見てお願いしようかなと思ってきました。
歯医者のイメージとは違ったタイプの先生ですよね

【エムズの片割れより】
自分が入れたのが2003年4月なので、もう11年半経っていますが、ノントラブルです。
まったくの自分の歯で、違和感なし!
でも、最近のきぬた歯科の広告はすさまじく、この辺りの色々なところに、きぬた歯科のインプラントの看板が立っています。益々隆盛のようで、実績数も全国有数では・・・?
先日、新聞の織り込み広告も見かけました。何と院長を中心に12名の歯科医が写真入りで載っていました。(自分がやった11年前は、3~4人だったのでは?)
つまり、きぬた歯科は、昔からインプラントなど、歯科医の訓練(教育)道場でもあるようです。
当時は、当然きぬた先生にやって貰いましたが、今はどうなのでしょう?きぬた先生が直接手術をやってくれるのかどうか・・・。
少なくとも、院長がやる場合は、完璧だと思います。少なくても、自分は11年も使っていて、何も無いので・・・。
とにかく、自分の場合、3本の入れ歯が、インプラントで自分の歯に生まれ変わるのというのは、“想像を絶する”大変な事でした。

投稿: かんの | 2014年11月 1日 (土) 19:47

ご返信ありがとうございます。恐らく院長先生がやってくれるようです。
カウンセリングに行ったところ、先生が書かれている本をくれました。
もしきぬた歯科でやるとしたら、次回はいきなり手術になるようで、
(え、、え、え検査とかしてから相談して手術の日程決めたり色々するんじゃ・・心の準備も・・)
と動揺しており色々検索してこちらのブログにたどり着きました。
(いきなり手術で乱暴で鼻歌でドリル・・・・だ、、大丈夫)
と思ってしまいましたが、予後がとても良いとの事で本当に安心いたしました。
11年もトラブルなしなんて凄いと思います。

今入れ歯なのですが、本当に嫌です。早く自然な感触の歯にしたいです。

【エムズの片割れより】
色々と当時のことを思い出しました。自分は奥歯の3本だったので、あごの骨が厚く、手術は楽だった・・。
でも上のあごだと、骨が薄く、神経まで近いので、削る感覚が職人芸だとか・・・。これはもう、数をこなしている先生に限りますよね。
昔、フルート奏者が、インプラント手術で神経を傷付け、唇の感覚が無くなって裁判になった話も聞きました。
きぬた先生がやってくれるのなら、この10年間で先生も数千本(数万本?)の経験を積んでいるでしょうから、まったく心配ないでしょう。それに手術といっても、歯を抜くよりも、よほど楽ですよ。入れ歯? もう死語でしょう!?(笑)

投稿: かんの | 2014年11月 1日 (土) 23:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/12771727

この記事へのトラックバック一覧です: インプラント~一番“価値のあった”買い物:

» インプラント 価格 [インプラント 価格]
インプラントは、高価?? [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 12:49

« 「仏像の事典」を読んだ | トップページ | NHK土曜ドラマ「ウォーカーズ」が面白い »