« “時差ぼけ“で参った | トップページ | 通夜の法話の事 »

2006年8月25日 (金)

海外での両替のこと

毎回、海外旅行で繰り返している失敗がある。日本から持っていった現地通貨の不足である。

今回も現地での現金(ユーロ)不足で参った。そして、現地での両替レートの悪いこと・・・・。

成田で@151円(1万円で66ユーロ位)で替えて行ったが、インスブルックのホテルでは@159円。

ザルツブルクの旧市街にあるインフォメーションで教えて貰った近くのホテルで換えて貰ったときは、手数料を7ユーロ取られて56ユーロ位。

ウィーンのシュテファン寺院の裏の両替屋ではレートが149.99で、手数料12.64ユーロを取られて(=逆算:レシートにはEBC 5.98と書いてあるが計算が合わない・・・)、やはり54ユーロしか貰えなかった。

レートだと、何と@185円!

一緒に行った人が「東京の**の**銀行だと安い」とか言っていたが、「無知は損をする」という見本を演じてしまった。

しかも余った現金を逆に成田で替えたら@142円・・・・。トホホ・・・

無意識?に「少なく持って行けば倹約できる・・・」なんていう淡い期待が背景にあることは分かってはいるが、結局「安物買いの銭失い」みたいな事になってしまった。

まあ、もう二度と海外には行かないので良いが・・・。(おとっと、だいぶん過激になってきたぞ・・・)

(色々と言い訳は出来るものである。本当の理由は***なのに・・・、ね)


« “時差ぼけ“で参った | トップページ | 通夜の法話の事 »

コメント

 「エムズの片割れ」 という小粋なブログ、愉しく拝見いたしました。 私も「映画」や「旅行」 が好きなものですから、先ず カテゴリーから選んで 内容を拝読しましたが、洒脱な文章に ついつい 惹きこまれました。
 3年ばかり昔、私もウィーンへ参りまして、鉄道の駅でレンタサイクルを借り上げ、“杉綾模様の”とんがり屋根が特徴の聖シュテファン教会や、楽友会館前も 走り回ってきました。私の場合は、写真を撮るのが目的でしたから、中には入りませんでしたが……。
 「般若心経」勝手帖 の部分はプリントアウトして、じっくり詠ませていただこうと考えております。
 
 お暇がありましたら、私のブログも 除いてみてください。    
               ヤクオ

投稿: ヤクオ | 2007年4月10日 (火) 22:43

コメントありがとうございます。
ヤオクさんのHPをチョット覗いたら、同じ壁紙でオッ!!
しかし年寄り(失礼)でもBLOGを書く人が居るのですね。
母校(高校)のMIXIサイトでは、「最長老」ということが分かりましてガックリ来ていたのですが、元気が出ました。
後でHPをゆっくりと見学させて頂きます。

投稿: エムズの片割れ | 2007年4月10日 (火) 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/11596463

この記事へのトラックバック一覧です: 海外での両替のこと:

« “時差ぼけ“で参った | トップページ | 通夜の法話の事 »