« 旧日本フィル解散時(72年)の小澤征爾の「復活」 | トップページ | 「華厳経」に“何か”を感じた »

2006年7月23日 (日)

映画「日本沈没」を見た

7/E期限のポイントで貰った招待券があったので、小生の一方的な好みで「日本沈没」を見に行った。

映画が終わって、隣のカミさんに「まあ△かな?」と話しかけたら、何と泣いている。涙ボロボロ。号泣したいのを我慢しているという。小生はキョトン。いやはやこれほどまでに評価が分かれた映画も珍しい。

<カミさん>

良かった。感動した。ロードオブザリングよりも良かった。ここ10年で一番感動した。初めから泣きっぱなしだった。号泣したかった。

どこが良かったって・・・・? だいたい草彅剛というのは嫌いだ。でも泣かされた。主人公の自己犠牲か?日本が無くなるという寂しさか?(私はやはり日本が好きなんだ) メイコ(愛犬の名)はどうする・・と考えたり・・・。人間は難民になれるが、犬は“難犬”にはなれない・・・・!?? 外国に逃げたくても知り合いがいない(もちろん英語も出来ない)。困った・・・。色々考えながら感動した。ディテールはどうでも良い。この映画は思わぬもうけものだった。良かった・・・。
カミさんの泣いている姿に唖然・・・。とうてい理解できずに呆気に取られて「何で? 何で?・・」と聞き出したのが上記)

<自分>

小生から見ると、この映画はCGを見に行くようなもので、ドルビーデジタルの音と共に楽しめた事は楽しめた。見慣れた建物が崩壊していく様は、実に迫力があった。

しかし、娯楽としての荒唐無稽は楽しめたものの、“・・・てなわけ無いだろう・・・!”の連続で、例えば・・・・、

・73年版の映画では、日本は沈没して日本人が世界の難民になる・・・で終わったはずが、新作では、日本を沈没させる原因のプレートを海底に何カ所か仕掛けた爆弾でそのプレートをぶった切る!という壮大な計画・・・。“・・・てなわけ無いだろう・・・!”

・6500m用の深海艇が壊れたため、旧型の2000mの深海艇で草彅君が海底に設置された爆弾に点火に行く。2000mを越えてもチャンと動く・・・。“・・・てなわけ無いだろう・・・!”  もし2800m(3800mだったかな?)でもチャンと動くとしたら、それはもう過剰設計も良いところで設計者としては×。

・ラストシーンでも、柴咲コウ君が逃げ場を失って山の中に取り残された家族を助けに、ヘリコプターでさっそうと降り立つが、“・・・てなわけ無いだろう・・・!” だいたいどうやって避難場所が分かるのだ? 携帯だって基地局がやられていて通じないだろうし、そもそも連絡の手段が無いだろう・・・!

しかし「ディテールはどうでも良い・・・」と感動して泣いている「女族」と、娯楽と理解しつつも、ついつい“・・・てなわけ無いだろう・・・!”と理屈で考えてしまう「男性」。

つくづく脳の仕組みが違うのだな・・・、と思い知らされた映画ではあった。

(寂しい話だが、唯一意見が合ったところは「もしチャンスがあったら、さっさと外国に逃げるな・・・」)


« 旧日本フィル解散時(72年)の小澤征爾の「復活」 | トップページ | 「華厳経」に“何か”を感じた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/11074721

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「日本沈没」を見た:

« 旧日本フィル解散時(72年)の小澤征爾の「復活」 | トップページ | 「華厳経」に“何か”を感じた »