« 「中島みゆき」の世界を新発見 | トップページ | 映画「阿弥陀堂だより」から »

2006年6月 6日 (火)

仏教でいう「苦」

ひろ さちや氏の「仏教が教える老いを楽しむヒント」という本に、次のような言葉がありました。

・・・・仏教でいう苦とは本来「思うがままにならないこと」という意味なのです。・・・老も病も思うがままにならない。・・・人間はその思うがままにならないことを、何とか思うがままにしようとする。それが苦しみなんですね。
では、どうしたら苦しみから逃れられるのか。思うがままにならないことを、思うがままにしようとすることが苦なのだから、思うがままにしようとしなければいいだけのことです。
老いたくない、長生きしたい、ボケたくない・・すべてが思うがままにならないことです。だったら。そこは仏さまにおまかせして、自分であれこれしようとしないのがいい。それが苦から自由になるということなんですね。そして、思うがままになることをしっかりとやるのです。
大切なのは、何が思うがままにならないことであり、何が思うがままになることであるかを、しっかりと明らかにすることです。・・・・

どうしようもない事はどうしようもないのだから放っておく。実はこれが大変に難しいのです。しかしこの境地になれれば、自分も随分とストレスから解放されるのでしょうが・・・・                                     


« 「中島みゆき」の世界を新発見 | トップページ | 映画「阿弥陀堂だより」から »

コメント

ひろさちや氏の本に救われて、仏教に興味が湧きました。

般若心経、生き方のヒントという本でした。

投稿: たかはし | 2011年11月 5日 (土) 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179901/10420230

この記事へのトラックバック一覧です: 仏教でいう「苦」:

« 「中島みゆき」の世界を新発見 | トップページ | 映画「阿弥陀堂だより」から »