2016年2月13日 (土)

哀れ、男という「現象」

先日、涙の出るような記事を読んだ。
「(福岡伸一の動的平衡:9)哀れ、男という「現象」
 ボーボワールは「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」と言ったが、生物学的には「ヒトは男に生まれるのではない、男になるのだ」と言う方が正しい。
 生命の基本形は女性である。そもそも38億年にわたる生命進化のうち、最初の30億年は女だけでこと足りた。男は必要なかった。誰の手も借りず女は女を産めた。その縦糸だけで生命は立派に紡がれてきた。でも女は欲張りだった。自分のものは自分のもの。他人の美しさもほしい。かくして縦糸と縦糸をつなぐ横糸が生み出された。遺伝子の運び屋としての“男”。単なる使いっ走りでよいので、女をつくりかえて男にした。要らないものを取り、ちょいちょいと手を加えた急造品。たとえば男性の機微な場所にある筋(すじ)(俗に蟻〈あり〉の門〈と〉渡りなどと呼ばれる)は、その時の縫い跡である。
 コンピューターをカスタマイズしすぎるとフリーズしたり、故障したりしやすくなる。それと同様、基本仕様を逸脱したもの=男、は壊れやすい。威張ってはいるが実は脆(もろ)い。病気になりやすいし、ストレスにも弱い。寿命も短い。その証拠に、人口統計を見ると、男性に比べ圧倒的に女性が多い死因は「老衰」だけである。つまり大半の男は天寿を全うする前に息絶える。哀れなり。敬愛する多田富雄はこう言っていた。女は存在、男は現象。(生物学者)」(
2016/01/28付「朝日新聞」p34より)

これを書いているのは男性。それだけに、何とも男の心にグサッと刺さる。
それにしても、「そもそも38億年にわたる生命進化のうち、最初の30億年は女だけでこと足りた。男は必要なかった。誰の手も借りず女は女を産めた。」というくだりはショック。
確かに“産む性”は種の存続のためには必須。しかし、“ちょっとだけ手を貸す”男の存在など、極小なのは分かる。しかし、ここまで断言されると抵抗感が出る。

先日、育休を取ると言っていた自民党衆院議員が、こともあろうに妻が出産で入院中に、不倫で議員辞職だって・・。バカバカしくて筆も汚れるが、あの妻の「恥をかいてこい」という弁と、記者会見の哀れな男の姿を見ると、上の論も正しい気がする。

ある口の悪い先輩の口癖・・・。「女は人間ではない。あれは女族だ。感情が細かく揺れながら大きく波打つ。どう見ても人間ではない・・・」
数十年前に聞いた女性論を、先日会った時に、また聞いた。どうもこの信念から逃れられないようだ。
しかし上の論で言うと、この世は女性の世界で、男は付属品。無くても困らない存在・・・
こんな大言壮語も、今となっては何か空しくなるな・・・。
でも言い当てているようで・・・、無視できなくて・・・、こんな所に取り上げている自分・・・・。
我が輩も男であ~る。

●メモ:カウント~850万

160213itazura <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (2)

2016年2月12日 (金)

数字の威力

先日の朝日新聞の記事。
「(ザ・コラム)数字の威力 実相を見抜く眼力、必要 駒野剛
 冬晴れの瀬戸内海は穏やかだった。山口県周防大島の東端に近い松ケ鼻周辺から広島県呉市方向を望むと、旧海軍の連合艦隊の艦船が停泊した柱島泊地が見える。
 太平洋戦争で、海軍だけで42万とされる人命が失われ、754隻180万トンの艦艇が沈んだ悲劇が幻に思えてくる静けさだ。
 開戦に踏み切る判断で少なからぬ影響を与えた試算と数字がある。
 軍艦を航行させ、戦闘機を飛ばすため石油は不可欠だ。日本は石油輸入の約8割を米国に頼ってきた。しかし中国との戦争に深入りし、ナチスドイツなどとの軍事同盟を結んだ日本に米国は反発を強めていた。
 いずれ、石油が禁輸になるかも知れない。そんな情勢にあった1941(昭和16)年当時、国内に約6100万バレルの備蓄があるとする前提から試算は始まる。
 3年間戦争が続いた場合、総消費量は約1億700万バレル。対する3年間の供給能力は、備蓄に、秋田など国内油田からの生産分やソ連など中立国からの輸入で賄っても約400万バレル以上足りない。さらに日米主力で決戦があった場合、これに加えて300万バレル余り不足してしまう。
 しかし、人造石油の増産や、蘭印(らんいん)(オランダ領東インド、現インドネシア)石油の獲得量を増加できれば、不足分を賄えるとはじく。
 「海軍省の対英米強硬派、石川信吾大佐らが中心になってまとめた報告書の試算です。海軍首脳部に提出され、軍部の強硬路線を勢いづける役割を果たしました」と石油問題研究家の岩間敏さんは指摘する。
 蘭印石油を軍事力で得ようとすれば対米戦争を覚悟しなくてはならない。12月8日、海軍機が米ハワイの軍港、真珠湾を攻撃。次いで1カ月後、蘭印に襲いかかる。
 42年1月13日の朝日新聞朝刊の1面トップに「蘭印に敵前上陸」「敵海空基地奪取に起つ」の見出しが躍った。2日前、セレベス島(現インドネシア・スラウェシ島)の飛行場制圧のため、海軍特別陸戦隊の落下傘部隊が舞い降りたのだ。
 この地域での制空権を確保することに加え、蘭印の油田を押さえていくためだ。
 さらに2月14日。陸軍の第1挺進(ていしん)団の落下傘部隊が蘭印最大の油田地帯が広がるスマトラ島のパレンバンに降下し占領した。
         ◇
 石油を求めて戦いに踏み切ったくせに、輸送のためのシーレーン防衛はお粗末だった。
 42年から45年にかけて、南方では約1億2千万バレルの原油が生産されたが、日本に送られたのは約3千万バレル。それも43年をピークに、45年はほとんど輸送できなくなる。
 資源地域を押さえても、武器も民需製品も生産拠点は日本本土である。だが、日本軍はタンカーや輸送船の護衛を怠った。米潜水艦などの餌食となり、420隻のタンカーの7割を失う。専門の海上護衛総司令部の創設は、ようやく43年11月になってだった。既に戦う力も民力も疲弊していた。
 試算を実現できる意志も力も持たない、という己の実相に気付かぬまま、無謀な消耗戦に乗り出したとしか言いようがない。
         ◇
 数字は時として文字に勝るメッセージ力を持つ。だが、甘めに見通し、自分に都合よくシナリオを立てると、現実からとんだしっぺ返しを受けることもある。
 安倍晋三首相はアベノミクス「新3本の矢」で、2020年ごろに名目GDP(国内総生産)を600兆円、20年代半ばに出生率を1.8にするメッセージを出した。
 1億総活躍への首相の志は頼もしい限りだが、我々も実相を見抜く眼力が必要だ。
 600兆円の達成は3%成長が前提だし、現在1.4の出生率の引き上げには、子育て支援のお金が必要だろう。
 実際の成長率は一進一退を続けており、過去20年の実質成長率の平均は0.8%。名目も3%台は過去20年達成していない。
 一方、国民1人当たりの国債残高は累次の財政出動などの結果、1995年度の180万円から、2015年度は641万円と大幅に増え、16年度予算案でも664万円と、さらに拡大する見通しだ。
 安倍さんのことだ。過去の借金に関わりのない世代に、さらなる「宿命」を背負わせることなどお考えではあるまいが……。 (編集委員)」(
2016/01/14付「朝日新聞」p14より)

戦時の輸送船といえば、先日こんな記事もあった。
「「有事に船員活用」反発 防衛省計画、海員組合「事実上の徴用」
 防衛省が、民間の船員を予備自衛官として有事に活用する計画を進めている。志願は強制しないとしているが、船員の組合は「会社に言われたら拒否できず、事実上の徴用だ」と反発。第2次世界大戦では多くの民間船が国に徴用され、船員約6万人が犠牲になった。その悲劇が繰り返されかねないと危機感を抱く。

 ■防衛省「強制しない」
 尖閣諸島をめぐる日中間の緊張の高まりから、防衛省は2013年末、尖閣など南西諸島の有事の際、ミサイルや戦車などの部隊を本土から移動させる計画を作成。だが、海上自衛隊が保有する大型の輸送艦は3隻しかないため、有事には民間船を借り上げ、海自が運航する契約を今月中にも結ぶ予定だ。
 大型民間船を運航するには、船舶職員法に基づく「海技士」の資格を持つ船員が必要で、防衛省の想定では1隻あたり21人。だが、この資格を持つ元海上自衛官の予備自衛官は約10人にとどまる。そこで防衛省は、民間の船員も10日間の訓練で海自の予備自衛官になれる制度を16年度から始めることにし、訓練費を16年度予算案に盛り込んだ。
 これに対し、全国の船員約2万5千人でつくる全日本海員組合は「船員の声を全く無視した施策が進められてきた」などとする反対声明を1月29日に発表。田中伸一組合長代行は「私たちは戦地に行くために船員になったわけではない。形式的に船員を予備自衛官にしても、民間人が戦争に巻き込まれることに変わりはない」と憤る。「船員はチームプレーの仕事。会社から『予備自衛官になるか』と言われたら、1人だけ拒否するのは難しい」
 組合が反発を強めるのは、第2次世界大戦時の苦い経験があるためだ。国家総動員法などに基づき多くの民間船が国に徴用され、十分な護衛もないまま1万5千隻余が撃沈されたという。公益財団法人「日本殉職船員顕彰会」によると、船員の犠牲は6万609人で死亡率は43%。陸軍の20%、海軍の16%を上回る。
 組合は1月中旬、防衛省や自民党に計画への反対を申し入れた。防衛省は「予備自衛官を目指すかは、あくまで本人次第で強制はしない。運航会社にも希望を尊重するよう求めている」と説明する。一方、田中組合長代行は「輸送力不足は防衛省が自身で解決すべきだ」と話す。
 防衛省は14年から民間大型フェリー2隻との間で、災害時や訓練に優先的に自衛隊が船を使う契約を結んでいる。新たな契約対象もこの2隻を想定。2隻の運航会社は予備自衛官について「本人の意思を尊重し、会社から求めることはない」(津軽海峡フェリー)、「(予備自衛官にならせることは)一切考えていない」(新日本海フェリー)としている。(工藤隆治、福井悠介)

 ■<考論>本人の志願が前提
 元陸上幕僚長の冨澤暉(ひかる)・東洋学園大学名誉教授の話
 民間人の予備自衛官としては、日米共同訓練での通訳や東日本大震災での医師、看護師の活躍が知られている。船員の中にも「能力を社会のために使いたい」と予備自衛官になることに同意する人もいるだろう。自衛官は予備も含めて、本人の志願が前提だ。防衛省もやりたくない人に強制することはありえないのではないか。
 ■<考論>一人だけ拒否、困難
 労働問題に詳しい高木太郎弁護士の話
 会社は労働者に職務上の命令を出せるが、特段の危険が生じる場合は個別に同意を取る必要がある。ただ、周りの船員が予備自衛官に志願するなら、自分だけ拒否するのは難しい。そこで事実上の強制力が働く。海員組合が反対するのは当然。会社の求めに反して志願をしなかった人が、昇給がないなどの不利益な扱いを受ける恐れもある。
 ◆キーワード
 <予備自衛官> 有事や大規模災害時に招集され、自衛官として自衛隊の活動の後方支援や基地警備などをする。元自衛官を中心に約3万2千人おり、年5日の訓練がある。2001年の自衛隊法改正で元自衛官でなくても、訓練を受ければ予備自衛官になれる制度が設けられ、陸上自衛隊だけが導入した。訓練を受ける段階で「予備自衛官補」になり、訓練後に予備自衛官となる。」(
2016/02/09付「朝日新聞」p31より)

怖ろしい・・・。現在の日本で、戦争への準備が着々と進められている。

日経平均が暴落しているという。今日は15,000円を割り込んだ。円も112円・・・。
政権のこれらの暴走を止められるのは、株価しかない。と思うようになってきた。
なぜか、株の暴落が嬉しい。ま、自分が株をひとつも持っていないことこともあるが、日銀もNHKも、安倍政権の送り込んだトップ。
それらに早く交代して貰うには、“失政という実績”しかない。
人のレベルで止められないのであれば、天の意志で?株価が安倍政権に鉄槌を下してくれることでも祈るしかないか・・・。

160312kotatu <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2016年2月10日 (水)

HAP-Z1ES(HAP-S1)に2万曲以上入れると、iPhone6のバッテリーが激減

いやはや、この10日ほど、iPhone6のバッテリーの激減の原因究明で、色々と遊んでしまった。
自分のiPhone6のバッテリーが異常に激減し、その原因が愛用のSONYのHDDプレヤーHAP-Z1ES(HAP-S1)に2万曲以上入れたことだった。

色々と探って分かったことは、
1)HAP-Z1ES(HAP-S1)に仕様の2万曲以上の音楽ファイルを入れると、iPhone6に入れたアプリ「HDD Audio Remote」が暴走するらしく、バッテリーが激減する。もちろん選曲のときの動作が遅くもなる。
2)激減の率は、スリープ状態で、最大で1時間で7%ほど。よって何もしなくても半日でバッテリーは空になる。
3)「HDD Audio Remote」をアンインストールしても、裏で何かが動いているらしく、1時間に3~4%ほど減る。
4)iPhoneの初期化が必要だが、iTunesやiCloudからのバックアップでは、おかしくなったアプリが再インストールされてしまってダメ。「新しいiPhoneとして設定」が必要。
5)Androidでは問題ないようだ。

先日(2016/01/29)の夕方、会社で、何気なくスマホを見たら、バッテリーの容量が、何と26%! ほとんどスマホを使わない自分にとって、このようなことは初めて。そして1時間に10%位減って行く・・・。前夜に100%にしたので、スリープ状態での1日後でも、6~8割は残っているはず。自分にしては異常値。
まずは、会社の帰りにアップルストアーに寄ってみた。急な異常現象なので、ハードの不具合を排除するため。
「今まで普通に使っていたのに、今日の午後からバッテリーの減る量が異常。1時間に10%のテンポで減っている。バックのアプリはいつも全て消しているし、昨日まで、特に変化点はない。」
「確かに1%になっていますね。バッテリーのチェックでは、98%でOK。バッテリーの使用状況は、SONYのHDDリモートが60数%、ヤフオクが20数%。
初期化をしたいが、バックアップは取っていますか?まずPCにバックアップを取ってから来て下さい。初期化をしますので。iCloudにデータは上がっているらしいが、ここではWifiの環境がないので、出来ない。ここで出来るのは、再立ち上げ。もしこれでダメだったら、初期化。それでもダメだったら、本体交換になるが、良く見ると、表面のガラスにちょっとキズがある。これだと、キズが最優先になるので、幾ら初期不良でも、AppleCareに入っていても、7千円かかる。」
「えっ?買って3ヶ月で壊れても有料?表面のキズはそのままで良いんだけど・・・」
「アップルの直営店に持っていっても、たぶんダメでしょう」

仕方なく、それはそれとして、再起動だけしてもらった。すると、バッテリーの減る割合が少なくなった。な~んだ。何かのアプリの暴走だった!?

帰って100%に充電。しかし次の日になって、またもや28%になっていることを発見。
今度は、直接AppleCareサポートに電話で聞いてみることにした。
「iTunesを使ってPCにバックアップを取って、初期化で直ると思います。」とのこと。
「SONYのアプリを良く使うが、それが原因なら、それのアンインストールでも、改善する?」
「それも手だと思います。」
そしてPCにバックアップを取って、「HDD Audio Remote」を削除し、iPhone6を初期化し、復元した。ミュージックは消えたが、それ以外は元のまま。アプリは改めて自動でインストールしていく・・・・。

すると3時間で1%。しめしめこれで解決・・・と思ったが甘かった。
ここから泥沼に入って行く。
(日)の18時に100%にしたのが、(月)の朝7時には、28%。スリープモードで、1時間に5.5%減る。これでは使い物にならない。初期化してもダメ!?

自分の現役時代、電子機器の故障の切り分けを良くやった。その頃を思い出し、原因の切り分けをキチンとしてみることにした。
先ずiPhone6を初期化。復元をしない購入時の状態での減衰量を調べた。結果、4時間で3%減。つまり0.75%/Hなので、0%になるまで133時間。仕様の待ち受け時間は240時間だが、まあこれで本体そのものは正常と判断。

アプリが原因と仮定して、切り分けをして行った。
詳細は略すが、あらゆる節電の設定をして、wifiを止めて、とにかくスリープ状態での色々な場合の減衰量を見た。
そしてたどり着いたのが、
・「HDD Audio Remote」を操作して、“しばらくすると”激減が始まる。
・あわてて「HDD Audio Remote」をアンインストールしても、激減量が半分くらいにはなるが、激減は止まらない。
・電源をOFFにして再立ち上げをすると、激減の悪夢から解放される。
ということ。

ふと、HAP-Z1ES(HAP-S1)の仕様は2万曲だったことを思い出した。そうだ、これだ。
ここ)にも書いたが、2015年11月のHAP-Z1ESのアップグレードで、DVDドライブから直接CDのリッピングが出来るようになり、これが非常に音が良い。
そこで、元のFLACファイルが残っているまま、持っているCDをどんどんWAVでリッピングしていた。それ以外のこともあって、数えると890G、27,000曲近く入っていた。
夢中になってリッピング作業をしていたので、あまり再生の確認をしていなかったが、再生すると、選局しても音が出るのは遅れるし、よくエラーになった。このレスポンスの悪さも、iPhoneの動作不良も、仕様以上に楽曲を放り込んだことが原因と判断。
それで2万曲まで、ファイルを削除した。すると、「HDD Audio Remote」を動かした後でも、5時間で2%ほどしか減らなくなった。

つまり、仕様の2万曲以上入れると、iPhoneの「HDD Audio Remote」が誤動作して、スワイプして画面から消しても、裏で動き続けてバッテリーを消耗することが分かった。
そして、幾らアンストールしても、残骸のアプリ(iPhone にある2万曲以上の音楽データ)が裏で動き続けており、それがバッテリーを消耗させるらしい。
しかし、バッテリーの激減が止まっても、暴走アプリは単に眠っていて、いつ動き出すか分からない。アップルサポートと“協議した結果”、「新しいiPhoneとして設定」での初期化が必要。

今回は、自分の仕様外の使用が原因だったが、2万曲以上になっても機械が何となくちゃんと動くため、甘く見ていた。2万曲以上入れるとエラーになる作りでも良いかも知れないが、まあメーカーの言っている仕様を尊重することにしよう。

★もしiPhoneを使っていて、一度でも2万曲以上入れた経験のある方は、まずHAPを2万曲以下の状態にしてから、「新しいiPhoneとして設定」での初期化をすることをお薦めする。

150210yametokina

| コメント (0)

2016年2月 8日 (月)

「日本一短い手紙」より

先日の毎日新聞に、こんな記事があった。
一筆啓上賞 大賞5作品を発
 日本一短い手紙のコンクール・第23回一筆啓上賞(福井県坂井市、丸岡文化財団主催)の選考結果が29日、発表された。今回のテーマは「うた」で、手紙形式の40字以内。2万7657作品の応募があり、大賞5作品を含む入賞40作品が決まった。(岸川弘明)〔共同〕」(
2016/01/29付「毎日新聞」(ここ)より)

なかなか面白そうなので、オリジナルのサイト(ここ)を見た。そこで拾った入選作を読んでみよう。

<第23回一筆啓上賞 日本一短い手紙「うた」 入賞者一覧>

「母」へ
おべんとおべんと嬉しいな~と歌いながら僕の嫌いなものを詰めるのはやめてください。
神奈川県 中3 男子

「おかん」へ
おい、おかん。うたっとるときの声でおとんの電話にでてやれよ。
福井県 高1 男子

「おばあちゃん」へ
縁側でいつも庭を見ながら何を歌っているの?もうすぐ冬が来るね。家に入ろうよ。
福井県 高2 女子

「会社の元同僚達」へ
忘年会で歌わされたー 誰も聴いていなかったー 途中で止めても、気づかれなかったー
神奈川県 77歳 男性

「ありがとう大好きなクラスメイト」へ
学校のうたのテスト。みんなが私の前で口パクをしてくれる。耳のきこえない私のために
愛知県 中1 女子

========
<第22回一筆啓上賞 日本一短い手紙「花」 入賞者一覧>

「二歳になる娘」へ
来年は、タンポポの綿毛を一人で飛ばせるといいね。ママは酸欠で、もう倒れそうです。
長崎県 30歳 主婦

「妻」へ
黙って咲いてくれ この花のように!
徳島県 66歳 男性

「天国の妻」へ
おーい、お花を新しくしたぞ。活け方に文句があるなら出てこいや
埼玉県 70歳 男性

「卒寿 間近の母」へ
戦地に赴く父へと送った手紙に、金木犀の花粒を忍ばせたとか。お見それしました。
兵庫県 62死 主婦

「お母さん」へ
病院で一人ねるのはさみしいですね。部屋に花があったね。だれか、きてくれたんだね。
福井県 小4 男子

第21回一筆啓上賞 日本一短い手紙「わすれない」 入賞者一覧
「おじいちゃん」へ
おほしになってしまったけど、わすれないよ。でも、めい、かなしくておほしがみれない
京都府 5歳 幼稚園女子

「コーヒー好きの旦那」へ
陣痛最高潮の嫁の横でコーヒー飲んで寛ぐな。あの呑気な姿、一生わすれへんで。
兵庫県 35歳 主婦

「うまだ先生」へ
しゅくだいは、ちゃんとやってあります。持ってくるのをわすれないようにします。
福井県 小3 男子

「娘」へ
忘れないよ。3.11の夜、ぎゅっと握ってくれた君の小さな手が、ママにくれた勇気。
岩手県 37歳 主婦

「母さん」へ
ゴミは出したし洗濯もすんだ。あとは…そうだ線香あげるのを忘れてた。おはよう母さん。
神奈川県 77歳 男性

どの作品も、短い言葉に心が凝縮されている。
自分のようなダラダラと長い文章からすると、感心感心!!
文章は短いに限る!!

160208keru <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (2)

2016年2月 7日 (日)

今年の、庭の鳥のエサ台

我が家の今年の庭に設置した、鳥のエサ台はこんな具合である。

P10107811 P10107771_2 P10107891

ウチのカミさんは大の鳥好き。インコを飼っていたのは、愛犬・メイ子が来る前なので、もう20年も前のこと。
当サイトでの話題を探ると、ウチの庭木からヒナが巣立ったのが、2010年の夏(ここ)。 そして、庭にエサ台を置いたのが、3年前らしい(ここ)。
前は庭木にエサ台を括りつけていたのだが、昨年2015年の6月に、庭の大改造をした(ここ)。その時に、エサ台を括りつける木も切ってしまったため、困ってしまった。
それで、ジョイ本で探したのが、2700円也の、金属の台。これは枝を這わせる物なのだろうか・・・。その上に、エサかごを置いた。

P10108081 12月になってから、エサのミカンの輪切りを置いたが、なかなか鳥が来ない。それでカミさんの発案で、止まり木を追加して取り付けてみた。すると、鳥が来るようになった。

一番多く来るのがメジロ。そしてヒヨドリ。だんだん慣れてくると、人が近付いても逃げない。よほど食べ物に窮している??

P10107931 しばらくしてみると、結構食べられている。この写真などはまだ良い方で、ミカンは皮だけになるという。

さっき、スーパーに行ったが、そのミカンが結構高い。ひとつ100円とまでは言わないが・・・
でも、カミさんは鳥のために、自分はあまり食べないミカンをせっせと買う。
「何も鳥のために、そんなに買わなくても・・・」と言ってもムダ。
これはカミさんの趣味、と捉えると、少し位のカネはしょうがない。

はす向かいの家も、庭で鳥にエサをあげている。この家も歴史があるらしい。
近くの2軒の庭にはエサがある・・・!!

鳥の縄張りが何百メートルあるかは知らないが、結構同じ鳥が通ってきているのかも知れない。
暖かくなるまでは、我が家の庭にはミカンやリンゴがあるので、来てね!
我が家の冬の風物詩ではある。

(関係記事)
我が家の庭のお客さま~鳥のエサ台 
我が家の庭の鳥の巣からヒナが巣立った・・・ 

160207yukadan <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2016年2月 6日 (土)

よく笑う人ほど健康!?

先日の日経新聞にこんな記事があった。

「「笑わない」体調不良1.5倍
お年寄り対象、東大など調査 笑いの効用強調
 普段ほとんど笑わないお年寄りが「自身の健康状態が良くない」と感じる割合は、毎日よく笑うお年寄りに比べて1.5倍以上高いことが東京大や千葉大などの研究グループの調査で分かった。これまでの研究では健康状態の自己評価が低い人は寝たきりになる割合や死亡率が高い傾向があるという。研究グループは「よく笑う人ほど健康である可能性を示す結果だ」と分析している。
160206warawanai1  研究チームは、全国の65歳以上の男女約2万人を対象に、2013年秋、笑いの頻度と健康状態の関係をアンケートで尋ね、分析した。
 普段の日常生活で声を出して笑う頻度を尋ねたところ、「ほぼ毎日」と答えたのは、男性が38%、女性が49%。一方、「ほとんどない」と答えたのは男性が10%、女性が5%だった。
 その上で、笑いの頻度に応じて自身が評価する健康状態を分析した。ほとんど笑わない人で、現在の健康状態について「あまり良くない」「良くない」と答えた人の割合は、ほぼ毎日笑う人に比べて、男性が1.54倍、女性が1.78倍高かった。
160206warawanai  研究チームなどのこれまでの調査では、健康状態の自己評価が低い人は、その後寝たきりになる割合や死亡率が高いとされる。
 最近、笑いを取り入れた健康法の人気が高まっており、笑いの体操とヨガの呼吸法を組み合わせた「笑いヨガ」などが注目されている。「日本笑いヨガ協会」(東京)によると、全国各地の自治体でお年寄りを対象にした笑いヨガの健康教室が相次いで開かれている。
 今回の調査にあたった東大大学院の近藤尚己准教授(公衆衛生学)は「研究結果は『よく笑う人ほど健康である』という可能性を示している。メカニズムは今後さらに詳細に調べる必要があるが、お年寄りは健康のために、日ごろからよく笑うことを心がけてほしい」と呼びかけている。」(
2016/02/04付「日経新聞」p34より)

『よく笑う人ほど健康である』!?
良く言われることである。

問題は、老後・・・。最近、カミさんが良く言う。食事の時など、つまらないことでも喋りながらだと健康に良いとか・・・
問題は、お一人さまになった時だ。女性は、例外なく出歩く。だから話す機会も多いし、笑うチャンスもある。
問題は、男だな・・・。お一人さまになると、たぶん閉じこもることが多くなり、笑うどころか、声を出すことも無くなってしまう。
だからカミさんは言う。「アナタがひとりになったら、老人ホームに入った方が、人と接することが多いので、絶対に良い」
まあ、そうかも・・・

今日は、医療費の領収書を整理して医療費控除の確定申告の用紙を書いたが、相変わらず我が家の医療費は多い。ちょっと気楽に医者にかかりすぎるのかも知れない。
まあ、病気を早期に退治する、と考えれば前向きだが、それだけ不調を抱えている、と考えると残念。
前に見て貰った何かの占いによると、我が家は、小さな病気をしながら元気、との事なので、まあ“笑いながら”健康維持に努めるしかないか・・・
それに、老後は、孫の成長以外にも、何か生きる目標を見付けないと笑いが無くなっていく危険性・・・。
近く来るサンデー毎日に、段々盛り上がっている我が家ではある。

160206honken <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2016年2月 5日 (金)

チョー・ヨンピルの「窓の外の女」~3種

前に「チョー・ヨンピルの「窓の外の女」」(ここ)という記事を書いたのは、もう8年も昔だった。
実は、先の記事にも書いたが、この歌の自分が一番好きだった音源のCDが、先日やっと見つかり、そのCDを手に入れた。
改めて聞いてみよう。

<チョー・ヨンピルの「窓の外の女」(ニューバージョン)>

窓の外の女」
  作詞:裴明淑(訳詩:三佳令二)
  作曲・趙容弼

夕暮れの窓ぎわに立てば想い出す
優しいあなたの笑顔を
白いその手のぬくもりを
いつもはなれない あなた あなた

アア 愛を 美しいなどと
いつ 誰が云ったのですか
いっそ いっそ あなたの手で
眠らせてほしい

実はこの音源、昔CS放送のミュージックバードで録音したものだが、幾つかCDを買ったものの、違う音源だった。
先日、ふと思い立って、残っているmp3の音源を、愛用のSONY「HAP-Z1ES」に転送して、アルバムの検索をしてみた。すると見事に、収録されているCDアルバムを検索してくれた。ちなみに、NAC-HD1では、一つしか出て来なかった。
それで、何とかそれが収録されているCDを手に入れようと、まずはレンタルCD屋で探す。しかし該当のCDは無い。それでヤフオクやAmazonで調べて、やっと手に入れた。
やはりCDの音源は良い音だ。

ついでに、残りの2つの音源(編曲)を聞いてみよう。
この音源は、編曲がよく似ているが、少し違う。編曲者も違う。

<チョー・ヨンピルの「窓の外の女」>

次の編曲は、チョー・ヨンピル本人による。

<チョー・ヨンピルの「窓の外の女」>

同様に編曲に凝って、音源探しをしたのに。島倉千代子の「哀愁のからまつ林」がある(ここ)。これもやはりSONYの機器で収録CDのアルバム名を教えて貰い、手に入れた。

こんな歌探しも楽しいが、もう探す音源も無くなってきた。
また新しいCDが欲しくなる音源を探そう・・・

(関連記事)
チョー・ヨンピルの「窓の外の女」 

160205waruine <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2016年2月 3日 (水)

節分の思い出

今日、会社に行く前にコンビニに寄ったら、いつもの寿司弁当が無い。「恵方巻き」ばかりが並んでおり、置くスペースがないらしい。何と、今日(2016/02/03)は節分だという。

そう言えば、日経新聞にこんなコラムがあった。

おじいちゃんの鬼 しまおまほ
 節分の鬼といえば、我が家では同居していた母方の祖父の役割だった。
「じゃあ、やるか」
 夕食後、家族の誰かが豆を取り出し、オマケについていたお面を祖父に渡す。すると祖父はそれを持って玄関を出て、ほんの少し間を置き、鬼になって家の中へ入ってくる。
「がおー」
 いつものおじいちゃんのカーディガンと胸元のポーラータイ、コールテンのズボン。足に突っかけた茶色いゴムサンダル、お面の穴から見える優しい目。外に出て間を置いた数秒で役作りをしていたのだろうが、その鬼はどこから見ても“うちのおじいちゃん”。頭からポマード(資生堂の「MG5」がお気に入りだった)の香りがツンと漂う鬼に、豆を思いきりぶつけて成敗する気持ちにはとてもなれなかった。
 チャップリンとヒッチコックが大好きだったうちのおじいちゃん。ラグビーとマラソン観戦が趣味で、テレビはNHKしか観(み)なかった。
 お得意の怪談がある。子どもの頃、夕方になると決まって外でこんな声がして兄弟たちと震え上がっていたという。「今夜、喰(く)う~。今夜、喰う~」……その正体は「こんにゃく」を売る行商の声。
「『こんにゃくぅ~』が『今夜、喰う』に聞こえたのでした……おしまい」
 怖くなかった。子どもながらに、おじいちゃんの怪談には凄(すご)みが足りないなと思っていた。言葉遊びとしては面白いけどね、なんて生意気に。そんな“うちのおじいちゃん”の鬼だ。秋田のなまはげのようにはいくまい。
 祖父が動けなくなり鬼役を引退した後、父がそれを継ぐと思いきや。節分の芝居は廃止され、家の各部屋をまわって豆をまくスタイルに変わった。
「鬼はー外、福はー内」
 介護ベッドに寝たきりとなった祖父の部屋にも
「鬼はー外、福はー内」
「はい、ありがとう」
 お礼を言う元鬼役の祖父。
 この時分から、節分に近所から豆まきの声が聞こえなくなった。祖父が鬼役をやっていた頃は、2月3日の夜になると「鬼は外」のかけ声があちらこちらからしたものなのに。
 祖父が亡くなって、うちの節分は玄関のドアを開けて豆をまくだけのさらに簡易的なものとなった。初めのうちは家族で声を揃(そろ)えてやっていたが、しばらくするとそれもなくなって
「マホ、豆まきやっておいて」
 と、なった。しかし決して今年からやらなくて良い、ということにはならない。1度だけ旅行で豆まきをしなかった事があったが、その年はしばらく居心地が悪かった。父と喧嘩(けんか)した日もばつの悪い思いをしながら、ちゃんと豆をまいた。
 豆を用意して玄関に立つと、祖父がお面を持って外へ出る背中を思い出す。我が家で節分の豆まきが続いているのは、ずっと鬼役を担当したおじいちゃんへの敬意、ともいえる。
 豆をまいた次の日。玄関や道路に散らばった豆を飼い犬のマクが喜び勇んで食べてまわる。植木の陰から傘立ての裏から、2、3日ですっかり綺麗(きれい)になくなる。
 マクが最後の一粒を食べる。ここまでがうちの節分だ。(イラストレーター)」(
2016/01/30付「日経新聞」夕刊p4より)

思い出すと、小学校のころ、家で豆まきをした。子どもだけで、「福は~内。鬼は~外」。部屋を回って、少しずつ蒔いた。でもそれは遠い思い出・・・。もちろんそこには、おじいちゃんのような、大人の姿は無かった。
我が家でも、子どもが小さかったころは、幼稚園で鬼の面を作ってきたりして、豆まきをしたと思う。でもあまり覚えていない。
それよりも、我が家では、今でもカミさんが「恵方巻き」を買ってくる。今日は、駅ナカの寿司屋やコンビニも、恵方巻きの大売り出し。駅の中のコンビニでの、声かけは珍しい。

自分は、毎年ワケが分からないまま、“こっちを向いて~!”と、「ガブリ」とやらされる。実は未だにその意味が分からない。

せっかくなので、Netで検索してみた。
160203ehoumakiwikiによると「恵方巻、恵方巻き(えほうまき)とは、節分に食べると縁起が良いとされている「太巻き(巻き寿司)」、および、大阪を中心として行われているその太巻きを食べる習慣。
「恵方巻」という名称は、1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に「丸かぶり寿司 恵方巻」と採用したことにより広まったとされている。それ以前は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻寿司」などと呼ばれていたことが文献で分かるが、「恵方巻」と呼ばれていたという文献類は見つかっていない。」
とある。

な~んだ。コンビニが付けた名前!?
それに、
「節分の日は暦の上で春を迎える立春の前日にあたり、一年の災いを払うための厄落としとして「豆撒き」が行事として行われている。大阪では同日に巻き寿司を「巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼び、それをまるごと一本無言で食べるイベントが行われる場合があった。それが昭和初期に「幸運巻寿司」と称して豪華な太巻きを丸かじりするように変わった。
その後、太巻き(巻き寿司)を節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされた。「目を閉じて」食べるともされる一方、春が来るのに障害となる"金気"を「笑い」という"火気"で滅ぼす(火剋金)という趣旨で「笑いながら食べる」という人もおり、これは様々である。また、太巻きではなく「中細巻」や「手巻き寿司」を食べる人もいる。」(
wiki「恵方巻き」より)

なるほど・・・。だから今日のコンビニの弁当の棚は、恵方巻きばかりだったのか・・・

孫と同居しているような家族は、上のコラムのような風景が似合う。しかし、豆まきなど、今ではどんどん廃れているのでは・・・? 何よりも、後片付けが大変なこともある。
もし我が家でやったら・・・。愛犬メイ子がちゃんと片付けてくれれば良いが、そうそう期待出来ない・・・。
でも今日聞いたカミさんの友人の家では、老夫婦(失礼!)だけなのに、ご主人が「鬼は~外!」をやるんだそうだ。家の風習をかたくなに守っているのは、素晴らしい。

昨日、カミさんのところに、息子のヨメさんから「今日、(6月に生まれる)赤ちゃんの性別がわかって、(2歳になるお姉ちゃんの)予想通り女の子でした!」というメールが入り、カミさんは狂喜乱舞。(昨夜、飲み会から帰ったら、阿波踊りのように、「女の子だ~!」って、ホントウに踊っているのでビックリ!)
もちろん自分も・・・!
しかし、何でそんなに、女の子に固執するのだろう・・・

孫と一緒に、豆まきか・・・。ま、我が家では遠くて無理だけど・・・
カミさんと一緒に、寂しく?恵方巻きをほおばった節分の夕飯であった。

160203uchinoko <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (2)

«小椋佳の「私の履歴書」