2016年8月27日 (土)

藤山一郎の「波」

このところ、宅配レンタルCDで、持っているFMからの音源などを、CD音源に取り換えている。
幾ら良い音でFM放送を受信しても、オリジナルのCDにかなうものはない。前にも書いたが、アナログレコードも、幾らハイレゾのビットレートで録音しても、やはりCD音源にはかなわない。

そんなことで、今まで手に入っていなかった昔の色々なレコード音源も、CDの音源を手に入れることが出来た。その中のひとつ、藤山一郎の「波」という歌を紹介しよう。

<藤山一郎の「波」>

「波」
  作詞:藤浦 洸
  作曲:藤山一郎

岩をかむ波 砂を這う波
おおいかぶさる波 想いくだける波
あヽ私は立っている 私はみつめてる
私は待っている 美しい愛情の波を

寄せてくる波 遠くゆく波
そっとささやく波 秋の大きな波
あヽ私は立っている 私はみつめてる
私は待っている 美しい愛情の波を

この歌は1959年(昭和34年)の作品だという。
160827fujiyama1 自分がこの歌を知ったのは、高校2年の時に買った「藤山一郎 なつかしの歌声」という25センチLP。ジャケットを見ると、「'59.6 定価¥1000」とあるので、まさしくこの歌は、このレコードが最初だったらしい。
自分のメモには、買った日が「昭和39年7月7日」とあるので、5年ほどレコ160827fujiyama2 ード屋の店頭で眠っていたものを買ったのだろう。

それ以来、この歌には巡り会わなかった。そして、今回やっとこのレコードの音源がCD化されている事を知り、手に入れたというわけ。

この歌は、前に五郎部俊朗が歌ったものを入手したことがあった。それも聞いてみよう。

<五郎部俊朗の「波」>

藤山一郎とはだいぶん違う。歌謡曲というより、歌曲として歌っている。確かに、歌謡曲という雰囲気の歌ではないが・・・

前に何度か書いたが、自分の好きな歌のオリジナル音源を、CDで探す旅。ストックが段々と無くなってきた。つまり、大部分の音源を手に入れてしまった。
段々と楽しみが無くなる寂しさも!?

160827neko <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2016年8月24日 (水)

お箸の持ち方

夕食を食べながら、テレビを見ていたら、家庭での食事の風景が映されていた。しかし映っていた小学生の女の子は、ご飯茶碗を、直接口に当てて、箸でご飯を掻き込んでいた。そして別の女の子は、ランチプレート(ランチ皿)を、これまた直接口に当ててガツガツ・・・・
これらは、見ていてどうも頂けない。正しい食べ方を、子どもの時に親が教えないと・・・

お箸の使い方も同じだが、先日読んだ新聞の投書を思い出した。
「お箸の持ち方 不安
    パート・女性(48)
 お箸を正しく持てません。子どもの頃から、こっけいな持ち方で目を引き、恥をかいたことが多々あります。
 社会人になり、さすがに具合が悪いケースが増えてきました。矯正を心掛け、なんとか人様から持ち方を指摘されないぐらいにはなりました。それでも、きれいに使いこなせているとは、まだまだ言えないレベルです。
 教える自信がないので、息子には矯正用お箸を買いました。恥をかかずに済む程度には伝えたつもりですが、私に正確な知識がないだけに正しい使い方かどうか心配です。」(
2016/07/31付「読売新聞」投書より)

特にお箸の使い方は、子どもの時の習慣がそのまま定着してしまう。大人になってからではなかなか直せない。
160824hashi_3我が家では、カミさんの箸が、正しくない。手に持つ先端が一緒になってしまう。自分はもちろん先端がちゃんと分かれている。どのように教わったかは、全く覚えていない。
先日、ウチの息子の使い方を“観察”してみた。すると、長男は×、次男は○だった。
自分もカミさんも、どう教えたかは覚えていない。

今更・・・の話だが、我が家では、二人の女の子の孫が心配。
先日、息子に「もう箸は使っているのか?」と聞いたら、「まだまだ」と言っていた。
いったい、子どもは何歳から使えるようになるのだろう? 何歳頃に教えなければいけないのだろう? Netでググってみると、こんな記事があった。

「元保育士です。
箸の研修に行った事があります。
箸は早くから持てるようになったから良いというものではありません。
やらせれば早い子で、2歳位で持てるようになりますが、「早く持てたから良いわけではない」という事を学んだので・・・。
うちの園では絶対3歳過ぎるまでは箸は持たせたらいけないと主任から言われていました。
まずはスプーンで親指を下にした持ち方でその時に使われる筋肉をしっかり使い、次は親指を上にした持ち方でまた違う筋肉をしっかり使ってから箸に移行するようにと。
早くても3歳までは箸の練習は不要だということでした。自分も研修に行ったので異論ありません。
4歳くらいまでに使えれば良いと思っています。」(
ここより)

なるほど・・・。つまり、3歳になった頃から教えるのが普通らしい。

160824hashi1最近では、上の投書のように、箸の使い方グッズもあるという。我が家の子育て時代に、こんなグッズがあることを知っていたら、与えたのに・・・と思ったり・・・。

そう言えば、右利き、左利きも子育てでは迷う。子どもが左利きなのを、右利きに親が強制的に直させる、という話も聞く。
我が家では、自分は右、カミさんは左、長男は右、次男は完全な左利きである。
特に次男の時に迷った。結局、カミさんの意見の通り、何も強制しない、という事にした。すると、文字を書くのも、何もかも左利きになってしまった。
左利きの人が文字を書くのを見ると、違和感を覚える。「よく書けるな~」「よく紙が引っ掛からないな~」と思ってしまう。でもそんな人も結構多く、よく見かける。

ウチの孫が右か左かは分からない。それはともかく、女の子だけに、箸の使い方だけはマスターして欲しいもの。
まあ原理的には、親が出来なければ教えようがないので、子どもは心配。しかし親が出来れば、ちゃんと子どもに教えられるので、大丈夫。
その点、ウチの孫は大丈夫、だと思うのだが・・・

160824dokidoki<付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (1)

2016年8月22日 (月)

臭いのため、専門業者にエアコンの洗浄を頼んだ話

今日は、エアコンクリーニング専門店に頼んで、自室のエアコンの洗浄をしてもらったので、その体験記。
今朝は、五輪の閉会式の話題を吹き飛ばして、11年ぶりに関東に上陸したという台風9号のニュースが流れていた。その雨の中、約束通り、エアコン洗浄屋さんが来て、クリーニングをして貰った。

数週間前から、自室がどうも焦げ臭いことに気付いた。カミさんがベランダで蚊取り線香を焚いているので、その臭いかと思った。しかし、消えている時間帯も臭いのでおかしい。
もしこの臭いが、電気配線から来ているとすると、火事の危険性があるのでヤバイ。しかし、クンクンと部屋中、どこを嗅いでも、原因カ所が分からない。
寝ている時、エアコンを切ると、臭いが薄くなったような気がした。原因はエアコンか?
自室のエアコンは5年前に買ったパナソニックの「CS-J281C-W」というモデル。

初めて取説を読む。「におい除去」という機能が付いていることに気付く。そしてカビ防止の「乾燥」という機能もあった。5年間、使ったことが無かった・・・・。ヤバイ・・・
居間の東芝製は、冷房の後は勝手に乾燥モードになって、数時間運転していた。Pana製は、設定しないと動かないのか・・・
そして初めて「臭い除去」というスイッチを押してみた。すると部屋の中がもうもうとしてきたので、まあ働いたのだろう。しかし、かえって乾燥した焦げくさい臭いがひどくなった。内部のカビが、「臭い除去」で焦げたのだろうか? 咳が出るように部屋の空気が悪い。
洗浄しかないな・・・・。ホームセンターに、色々売っている。それを使って自分でやる?いや、水滴が落ちないような養生は素人ではムリかも・・・

結局、プロに頼むことにした。さてどこに頼む?
「エアコン」「洗浄」でググると「くらしのマーケット」というサイトが一番目にある。そこに郵便番号の入れると、色々な業者がズラリ。「料金が安い順」「クチコミが多い順」などで検索できる。料金は安い店だと7千円ほどらしい。「クチコミが多い順」で検索すると、一番が267件の圧倒的多数の店があった。東京エアワークス 練馬本店という店(ここ)。それに料金も8千円でまあまあ。「クチコミ評価」も3位。
これで行こう。「昨年度家庭用壁掛けエアコンクリーニング実績2000台以上。当店は家庭用エアコンクリーニング専門店です。」という謳い文句も気に入った。早速予約申し込み。

今は結構混んでいるらしく、作業日は申し込んで1週間後。まあ仕方がない・・・
そして、台風の一番ひどい中、午後来てくれた。関口知宏そっくりの男性と女性のペア。
車から降ろす機材が予想以上に多い。液剤のタンクやコンプレッサーなど。
状況を説明すると、冷房・強の時の風速・温度を調べる。2.6m/sで20℃だという。風力が弱い。内部を照明をあてて見ると、ポツポツと黒いカビが一面に・・・。おお、汚い・・・
「カビのせいで、吸い込みも悪く、送風ファンからの吐き出しも悪いが、カビを取れば、臭いも消えるし、風力も強くなるだろう」との話。

カバーを外し、女性スタッフが風呂場で洗う。そして養生。室内機全体をビニールカバーで覆う。電子機器には水が入らないように養生。これが素人ではなかなか出来ない・・・
そして、コンプレッサーを回す。使う液剤は3種。アルカリ性の溶剤で、カビを浮かせ、次のImg_15351弱酸性の溶剤で中和させ、最後に水で二つの洗浄剤を落とす、という工程。
最初の溶剤で高圧洗浄すると、黒い水がしたたり落ちる。ビニールのカバーはなかなか良く出来ており、小さな窓から噴霧器を入れてシューっと洗うと、汚れた洗剤は下部のビニールのホースにより、下に置いたバケツに流れ込む。途中、アルミのフィン(熱交換器)の洗った部分と洗わない部分を比べると、明らかに色が違う。やはりスキマにカビが詰まっているようだ。ここが汚れていると、熱交換の効率が悪くなるので、冷えなくなるとのこと。

Img_15301 Img_15271 Img_15251

途中で、臭いを嗅ぐ。するとナマ臭いにおいがする。いつもとは違うが、悪臭。液剤でカビが剥がれたようだ。最後に、PHを測って、問題がないことを確認。カバーを元に戻す。カバーも、ビスで止まっており、それを外さないと取れないようだ。
洗い終わった洗剤は、真っ黒。そして、完成したエアコンから出る風は、始める前の2.6m/sから5.0m/sに改善。風の温度も20℃で問題ないとのこと。
フィンの間のカビが取れて、風の通りが良くなったようだ。

Img_15411 Img_15431 Img_15461

途中、色々と雑談してしまった。エアコン専門業者は、毎日エアコンに触れているだけに、エアコン製品についての秘話?を知っている!?
「エアコンのメーカーはどこが良い?」「日本の一流メーカー(東芝・日立・三菱・Pana・富士通・ダイキン)であれば、どこも安心。しかしほとんどのメーカーは三菱製のモーターを使っている。ダイキン製は、水が変なところに入っていかないので、ハードに洗える。洗いやすい。」
「素人がホームセンターで買ってきて洗浄するのと、プロとではどこが違う?」「まず薬剤が違う。強い薬剤を使っている。よってこの汚水も、そのままでは環境汚染で下水に流せないため、別の薬剤を入れて処理してから捨てている。ホームセンターで売っている洗浄スプレーは、フィンの奥まで行き渡らないのでそれほど取れないし、アルミフィンの奥に残留してしまうので、それが詰まって、風が出づらくなる。」
「1日にどの位回っているの?今がシーズン?」「1日に個人宅だと3~4軒。一般の家庭はシーズンがあるが、不動産屋からのマンスリーのアパートなどは通年。」
「ウチは初めてだが、結構皆さん洗浄しているの?」「個人のお宅はここ2~3年多くなった。業務用エアコンは我々のような専門業者がやるが、一般の家庭はダスキンなどが水回りなどの清掃のついでにやることが多い。業者によってやり方はまったく違う。」
「これで臭いは消える?」「これで無くならないと、ドレンパンや送風ファンを外して分解掃除をすることになる。実は、臭うと言われて洗浄を依頼されるエアコンは、パナソニックのこの機種が一番多い。この機種は、色々なモデルがあるが、昔のナショナルの頃から中の構造は変わっていない。売られている台数も多いのだろうが、臭うと言われて行くと、だいたいこの機種だ。」
「設置業者のミスも多い。結露水を集めるドレパンを、水が流れるようにホースのある方を下にしなければいけないが、それをしていないと、水が溜まって水が乾燥できずにカビが発生することがある。」
「エアコンの性能や風速まで測ってくれるとは思わなかった。」「専門業者しかやらない。一般のクリーニング業者はしない。」
「これからは、乾燥モードを使って、冷房の後は必ず内部乾燥をしよう。」「今使っている薬剤のメーカが言うには、冷房を使った後、湿った状態で放置すると、2日目からカビが付き始めるそうだ。」

いやはや色々と勉強になった。
そして、帰りがけに、「使っていて何か不具合があったら、言ってくれれば無料で診断させて貰う。」と言われたのにはビックリ。8千円しか払っていないのに、何かあったら無料で点検に来てくれるという。なるほど。クチコミで評判がよいはずだ・・・

実は、我が家では、6カ所にエアコンがあった。昔から東芝製を使っており、最近になって三菱製を買っている。その中で、今回の自室のエアコンだけがパナソニック製。それだけが臭った。
これは、上で業者さんが言っていたことと符合する。つまりパナソニック以外のエアコンでは臭ったことがないのである。子ども部屋のエアコンは、25年前の東芝製。それが、息子が帰ってきた時に動かすのだが、まだ動く。この古い機種には、自動乾燥の機能はない。でも臭わない。
居間の10年前の東芝製エアコンは、何もしなくても勝手に冷房の後に乾燥モードになる。最近買った三菱製は、「内部クリーン」スイッチが別にあり、設定が必要。Panaも同じ。
今回のことで、慌てて三菱製エアコンの「内部クリーン」をONにした。自室のPana製も「乾燥」スイッチをONにした。
しかし、今日の業者さんの「パナソニックのこの機種は、臭いが出て洗浄を頼まれることが多い」という事実が重たい。

今日、悟ったこと。
・カビのために、エアコンから出る風速が半分になっていた。つまり冷やす能力が半分!?カビもバカに出来ない。
・エアコンに付いている「乾燥」「内部クリーン」など、カビ防止機能はONにしておこう。
・壁掛形のパナソニック製エアコンは、実績として、構造(設計)的に“臭いやすい”ので、今後は買わない。(ちなみに、2015年のエアコンのシェアは、Pana:22.4%、ダイキン:18.1%、三菱:15.1%、日立:14.9%、富士通ゼネ:10.0%(ここより))
・もし洗浄が必要になった場合は、今日と同じ業者さんに頼むことにしよう。

色々とエアコンについて“勉強した”一日であった。

160822petika <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (4)

2016年8月20日 (土)

Panaのブルーレイレコーダの温度をヒートシンクで7℃度下げた話

先日、パナソニックのブルーレイディーガDIGA(DMR-BRX7020)を買ったが、筐体の温度上昇が気になり、ヒートシンクとアルミ板で、7℃(31%)下げることが出来たので、今日はその話。

先日、「Panaのタイムシフトレコーダー「DMR-BRX7020」が素晴らしい」(ここ)という記事を書いた。
そこでも書いたのだが、筐体の下面と背面が異様に熱い。触るとヤケドするほど。
ノートPCは、発熱する底部をわざと直接机に触れさせ、熱を逃がす設計をしている。しかしこのレコーダーは、低面の板に熱を逃がし、それを自然空冷で放熱する設計らしい。しかし、背面のファンからの空気が底面を流れるとは言え、底面の熱を他に逃がしたやりたくなった。
Panaの設計を尊重すると、「底面から空冷」なので、底面の熱を逃がす方法を考える。背面は底面からの影響と考える。
1608002heat 検討したのは、アルミ製のヒートシンクとアルミ板。材質はアルミが一番。アルミは銅に次いで熱伝導率が良く、電子機器のヒートシンクは皆アルミだ。
筐体の下部の熱をヒートシンクで吸い取って放熱し、加えて下に敷いたアルミ板で放熱することを考えた。
そして、まずAmazonで色々見て、12cm×10cm×1.8cmのアルミ製のヒートシンクを4つ手配した。(送料無料で購入時@514円。現在は @436円ここ
先日それが着いたが、なかなか宜しい。

測定方法は、手元にあったSATO製の室内外デジタル温度計(PC-6800)(ここ)を使う事とした。
室外用の熱電対を、筐体の下部にガムテープで留めた。レコーダの状態は、電源を切ってチャンネル録画(10ch)だけをしている状態に統一。
やったことを順番にメモしてみる。

1)まず、ヒートシンク4つを並べ、その上にレコーダーを置いてみた。しばらく置いておくと、160820pana1 ヒートシンクがチンチン。つまりは底面の熱が逃げている。
この時の周囲温度は28.9℃、筐体下部の温度は49.6℃だった。

2)上のように、ヒートシンクを4つ並べると安定は良いが、レコーダーを裏返してみると、レコーダーの底面の形状から、4つ全部は底面に直接当たらないことが分かった。後部に2つ置くのが、ちょうど発熱部に直接当たるので都合が良い。しかし、後の方160820pana2 だけのヒートシンクでレコーダーを支えるので安定が悪い。しかし4つを発熱部に直接当てるためには、熱伝導シートか熱伝導グリースを間に付けてやる必要があるがが、セットにはグルースを塗りたくないので止めた。
よって、ヒートシンクをせっかく4つ買ったので、2段重ね、レコーダーの後方の発熱部にピッタリ当たるように置いた。上の段で受けた熱を下の段のシンクに伝えて、2段で放熱する。それに下の空間が広くなって、より空気の流れが良くなる。
こうすると、周囲温度が28.8℃で、筐体下部の温度は46.7℃になり、3℃近く下がった。なるほど、これは良い。

3)次に、下のヒートシンクの熱を、アルミ板で逃がしたらどうなるかを調べてみた。手元に、160820pana3 アルミ製のノートPCの置き台があったので、それを利用してみた。大きさは、31cm×25cm×2mmである。
下にアルミ板を敷いた結果は、周囲温度29.0℃、筐体下部の温度は44.6℃となり、アルミ板を敷いた効果で2.1℃下がった。
(なお、チャンネル録画を10ch⇒5chにすると、42.7℃だった。内部の処理量によって、当然、発熱量は変わる。)

4)これ以上の手は無いので、今度は順番に抜いて行く。ヒートシンクを2段から1段に減ら160820pana4 してみた。アルミ板はそのままである。すると、周温29.1℃、筐体下部の温度は46.1℃となり、1.5℃上昇した。つまり、2段の方が良い。

5)次にその状態で、アルミ板を抜いてみた。
160820pana5_3 すると、周温28.7℃、筐体下部の温度は49.1℃となり、3.0℃上昇した。
やはりアルミ板は敷いた方がよい。

6)最後にヒートシンクを抜いて、通常の状態にした。すると、周温29.0℃で、筐体下部の温160820pana6 度は51.5℃となった。これがPanaの設計値。つまり、筐体の底面は周温に対して、22.5℃高い設計なのである。

以上の結果から、10chのチャンネル録画時、ヒートシンクを2段重ねて底面の後に2組み置き、下にはアルミの板を敷くことで、6.9℃下げることが出来た。(本来は、周温からの差で評価するべきだが、ここでは無視している。またヒートシンクと、筐体またはアルミ板との間は、熱伝導シートや熱伝導グリスで埋めるのが普通だが、今回は汚れるのがイヤなので使っていない。)

160820heat2_2
ヒートシンクだけでなく、アルミ板の効果も確認できたので、改めて30cm×40cmのアルミ板を手配することにしよう。
熱容量からすると、アルミ板は厚い方が良い。

なお今回、ヒートシンクを購入した店は、値段は安いが(国内の店で買うより半値)、北京の店からの発送なので、注文してから着くまで、2週間弱かかった。それに、着いたシンクは傷だらけで何の梱包もなく、裸だった。まあ、機能に問題はないので、気にしないが・・・。

この方法は、メーカーがどこであれ、筐体の下面から放熱される設計のセットには応用できる。まあ、7℃下げたからと言って、機器の寿命にどれだけ影響があるかは分からない。しかし自分は、「セットの温度は低いに越したことはない」と“思い込んで”いるので、この処置をした。自分的には、22.5℃⇒15.5℃に、31%発熱を下げたことには意味があると思うのだが・・・。
3千円の温度対策ではある。

(関連記事)
Panaのタイムシフトレコーダー「DMR-BRX7020」が素晴らしい 

| コメント (0)

2016年8月19日 (金)

体調不良のときは「ユンケル黄帝顆粒」!?

今朝は体調が少しおかしかった。例のごとく、“鬼”のカミさんから朝たたき起こされ、朝ドラを見ながら朝食を採ったり、生ゴミを出したまでは良かったが、新聞を読みながら、体調が少しおかしいことに気付いた。
目が渋い。睡眠が足りないのかと、ベッドで横になるが、どうもいかん。
昼前になって居間に降りて行くと、益々体調が良くない。昼食のチンして食べる“料理”も大儀で、数少ない自分の分担のため、サボったことがない昼食の用意も、珍しく今日はサボってしまった。

そこでカミさんが言う。「元気薬飲んだら?時間がもったいないでしょう!」
160819yunker そうなのだ。我が家には、こんな時のために「元気薬」があるのだ。それもそうだと、直ぐに元気薬を飲んだ。するとどうでしょう。あれよあれよという間に、いつもの体調に戻った。これはありがたい。我が家の秘薬、「元気薬」=「ユンケル黄帝顆粒」(ここ)なのである。

この所、無かったが、たまに調子が悪くなることがある。原因は、だいたい寝冷え。夜、体を冷やすとてきめん。翌日の午前中は、体に力が入らず、調子が悪い。午後になって、やっと戻る、というのがいつものパターン。
今朝も、どうもこれらしい。でも体を冷やした記憶は無いが、まあそうなのだろう。

ふと、前の記事を検索してみたら、8年前に「我が家の秘薬~桂枝加竜骨牡蛎湯」(ここ)という記事を書いていた。その頃に比べると、今はまだ良い。こんな薬もすっかり忘れていた。しかし、ここで書いている「ヤク」こそ、今で言う「元気薬=ユンケル黄帝顆粒」なのだ。

薬は副作用があるので、なるべく飲まないのが原則。しかし、困った時は仕方が無い。頭痛の時など、薬は有り難い存在。
まあ今日なども、放っておけば治るのだろうが、あとは治るまでの時間の問題。今日は、直ぐに良くなったので、時間を有効活用できた・・・・。
いや、ホントウに有効活用した? 新聞を読んでいるだけでしょう? あとはテレビでオリンピックを見たり・・・。結局、カミさんに言わせると、ダラダラ・・・。
中性脂肪を減らすために、ラジオ体操でもしようかと2日前から始めたが、これも今日は忘れた。
考えれば考えるほど、「元気薬」で体調を戻しても、それほど時間を有効活用していない・・・。本人は毎日忙しいつもりだが、周囲からは評価されていない。

今も、パソコンで無意味にキーを叩いているだけで、これが有効活用かどうか・・・。おっと話がずれてきた。
とにかく、体調不良で元気がない時は「ユンケル黄帝顆粒」なのであ~る。

160819roomba <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (0)

2016年8月18日 (木)

さだまさしの「椎の実のママへ」~伯母の思い出

さだまさしの「椎の実のママへ」という歌を初めて聞いた。さだまさし独特の物語風の歌である。

<さだまさしの「椎の実のママへ」>

「椎の実のママへ」
  作詩・作曲:さだまさし

漢口(ハンカオ)の春は 大使館の柳の青
それから池に降る その花の白
甘露園のコール・コーヒー越しに 
うちあけられた愛 それが春

漢口の秋は 焼き栗のはじける香り
読み終えた文庫本で うけとめた愛
かぞえの二十二で嫁いでそのまま
終戦を迎え だから秋

 天津からひきあげたあと七年たって彼女にとって初めての
 そして最後の子供を産んだ
 夫は優しくて働き者だったから 誰もが彼女を幸福(しあわせ)とよんだし
 確かに幸福なはずだった

いくつかの春は 知らず知らず人を変え
淡い思い上がりが その心を変え
煙草とコルトレーンの中で二度目の恋をみつけて
それも春

ひとつ屋根の下で やがて別の愛
それぞれが違う 愛を過ごして
一人息子だけが取り残される形で
終わるも愛 つまり秋

 みんなの謗(そし)りの中で 彼女は故里の長崎へ帰って
 小さな喫茶店をはじめた
 「椎の実」のママを慕って沢山の若者達が集まって
 「椎の実」はいつでも 煙草とコルトレーンで一杯だった

 僕と同い年の一人息子は おきまりの様に
 ビーチボーイズを聴き乍ら一度ぐれたが
 自分の足で歩き出す迄に随分迷ったけれど
 やがて歩き出した
 彼は父親を愛するのと同じ位に 母親を愛していたし
 僕はそんな彼が大好きだった

長崎の春は 黄砂と凧上げ
一人息子は母と暮らすと決めた
小さな店のカウンターに二人で
立てたらいいねと そんな春
 
彼がもうひとつの 愛を手にした頃
母は突然に病いをみつけた
癒るはずのない病名を知らされて
立ちつくしたのは それも春

まさか彼が母より先に まさか逝っちまうなんて
誰も思わなかった だって恋人と海に出かけて
オールを流されて 飛び込んだまま
だって昨日まで 元気だったんだもの
        
母は嘆き悲しみ出来るなら私とひきかえにと
今までを悔やんだ
ねェ早かったよ ねェ早過ぎたよ

僕は彼の為に 唄を作った……

 ジャズとクラシック以外は耳を貸さなかった彼女が
 僕の唄を愛する様になったのはこの頃だった
 自分の残り時間のすべてをかけて 息子の為に祈り
 それと同じ位に 僕を 僕の唄を愛した

 三度目の手術の後は 彼女の生き甲斐だった
 お店にも立てなくなってしまい
 それでも生きようとしたのは
 この時初めてひとつになった 彼女の兄弟達の心と
 死んだ息子の為だったと思う
 
思い起こせば 誰も彼も皆
本当はとても愛し合っていた
わずかなすれ違いが物語を
変えてしまうなんて それも愛

椎の実のママが 死んだ晩に
みんな同じ色の涙を流した
結局愛されて死んでいった彼女は
幸福だったと 思っていいかい

ねェ愛されて死んでいったあなたは
幸福だったよね そうだよね

さよなら 椎の実のママ
さよなら 僕のおばさん

この歌はどんな歌かとNetでググってみると、1979年10月12日発売のシングル「親父の一番長い日」のB面だという。もう40年近く前の歌だが、自分はいままで巡り会わなかった。
そして、この物語は、「精霊流し」が作られた背景を歌っているようだ。

Wikiの「親父の一番長い日」の項に、こんな記述がある。
「「椎の実のママへ」は、さだの母方の叔母に当たる女性の生涯を描いた楽曲であり、叔母への哀悼歌である。彼女は離婚後に故郷の長崎で「椎の実」という名前のスナックを経営しており、それがタイトルの由来となっている。彼女の息子(さだの従兄)の水難事故死が、160818shiinominomama さだが「精霊流し」を制作したきっかけとなっていた。その事実が歌詩中にも触れられている(同時に「精霊流し」のイントロから冒頭にかけてのメロディが挿入される)。
さだにとってあまりにも重いテーマの楽曲であるため、さだはコンサートでは決してこの曲を歌おうとしなかったが、デビュー20周年コンサートでその封印を解き、レコーディング以来14年ぶりの歌唱を行った(ライヴ・アルバム『のちのおもひに』に収録)。その際、オリジナルの歌詩の一部に史実に反する箇所があったとして歌詩を修正している。シングル盤の歌詩では漢口の「大使館」と歌われていたが、当時漢口には大使館はなく、あったのは日本領事館であったため「領事館」に改められた。
レコーディングはさだ1人の演奏による弾き語りの形式で行われた。
ライナーノーツにはさだの母親に対する献辞がある。
さだの自伝的小説『精霊流し』を原作とするドラマおよび映画においても、この叔母をモデルとするキャラクターが重要人物として描かれる。」

ここ)によると、叔母さんの病気は「末期の子宮がん」だったようだ。
また(ここ)によると、「長崎では凧のことを「ハタ」と呼び、ハタ揚げは長崎くんち、精霊流しなどと並び長崎の三大行事の1つに数えられている」のだそうだ。

自分が知っている同じような歌では、「償い」(ここ)、「風に立つライオン」(ここ)がある。
さだ独特の旋律で、素人にはとても歌えない。
しかし、何故か心に響いてくる。やはり事実を背景にしている歌だからかも知れない。

こんな歌を聞きながら、自分の伯母さんを思い出した。お袋の4つ年上だった「焼津の伯母さん」は、我々が子どもの頃、最も近しい親戚だった。
戦後、満州から引き上げ、焼津に住んでいた。子どもが出来なかったことから、自分がお袋のお腹にいた頃、是非欲しいと言われていたそうだ。その後、自分の3つ下の養子を貰った。清人という従兄弟が、伯母さんの本当の子どもで無いと知ったのは、だいぶん後。
前にも書いたが、伯父夫婦は血のつながった我々兄弟を可愛がってくれて、毎月、小学館の「小学一年生」のような雑誌を送ってくれた。毎月、それは楽しみにしていた。

それが突然途絶えた。伯母さんの夫は、けんかっ早い性格だったらしく、ある夜、友人が呼びに来て、出かけていったっきり、帰らなかった。翌朝、海岸で死体で見つかった。犯人は分からなかったという。それが伯母さんの苦労の始まり。
自分は当時、小学校低学年。お袋が赤ん坊の弟と一緒に焼津に行ったことは覚えている。当時住んでいたのは埼玉県の与野。田中計器の寮に住んでいた遠い親戚の家に預けられ、そこから学校に行った。
その後、美人だった伯母さんは、再婚の話も多かったというが、息子の為にそれをしなかった。そして息子が高校を卒業するまで、焼津で雑貨屋を営んでいたが、その後、お袋を頼って、お袋のいる竜ヶ崎に引っ越してきた。それを橋渡ししたのは自分だった。学生の頃、旅行すると、いつも焼津に寄ってはたくさんの小遣いを貰っていた。その時、引っ越したいという話を聞いて、お袋に伝えた。それからまもなく、引っ越してきた。

清人という従兄弟も、新聞配達の仕事をしていたが生活は荒れていたらしく、我々従兄弟とも伯母とも縁が切れたまま、数十年の時間が過ぎた。そして2007年3月7日、警察から、アパートで孤独死しているのが発見されたという電話があった。生活保護を受けていたが、お金を取りに来ないので、アパートを調べたら亡くなっていたという。死亡推定は2週間前の2月20日。
認知症で特養に入っていた伯母は、息子が亡くなったことが理解出来なかったようで、それがせめてもの救い。そんな伯母も、東関東大震災の2日前に、93歳で亡くなった。交通がマヒしている中、葬儀は弟がすべてを取り仕切ってくれた。そんな伯母の人生だった。

改めて血のつながりを思う。伯母さんを特養に入れることに奔走し、清人を焼津の墓に葬ったのは兄貴だった。上に書いたように、兄貴も自分も、学生時代に旅行の帰りに焼津を訪れ、多額の小遣いを貰った。そのことは、年月が経っても忘れなかった。その恩を返すためもあり、伯母さんの老後は息子に代わって我々が動いた。それが伯母さんと甥の我々兄弟の関係だった。

こんなことを思い出すのもお盆の供養かも・・・

さて、8月は、お盆と終戦と高校野球のシーズン。近くの会社の新築工事も、全面休日。
そして今年は、リオ・オリンピックで毎日が騒がしい。
そんな喧噪の中でも、お盆が静かに過ぎて行く。
自分の親父も8月15日、20回目の命日を迎えた。

なぜか、こんな歌が心に沁みる、暑い夏の夜ではある。

| コメント (3)

2016年8月14日 (日)

NHK「ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目の告白~」を見て

昨夜放送になったNHKスペシャル「ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~」(2016/08/13放送ここ)を見た。時宜を得た好企画の番組で、誰にも見て欲しいと思った。

NHKの解説にはこうある。
ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~
1993年5月4日。タイ国境に近いカンボジア北西部アンピルで、UNTAC(国際連合カンボジア暫定統治機構)に文民として初めて参加していた日本人警察官5人が、ポル・ポト派とみられる武装ゲリラに襲撃された。岡山県警警視、高田晴行さん(当時警部補・33歳)が殺害され、4人が重軽傷を負った。湾岸戦争以来、日本の悲願であった人的な国際貢献の場で起きた惨劇は検証されることなく、23年の月日が流れた。しかし、今、当時の隊員たちが重い口を開き始めている。番組ではカンボジアPKOの襲撃事件を様々な角度から描き出す。そこには、戦後日本の安全保障政策が大きく転換しPKOでもさらなる任務が求められることになった今、私たちが目を背けてはならない多くの“真実”がある。」(
2016年8月13日(土)放送 ここより) (下の動画はここより)

ある文民警察官の死~カンボジアPKO 23年目... 投稿者 gomizeromirai

この番組の中で、印象に残った言葉をメモしてみた。
「外務省 柳井俊二条約局長「湾岸戦争の時はお金を出す以外に何もできなかった。国際的にもそれが批判された。やはり日本としても、ただ日本が平和を乱さないというだけの平和主義では足りない。世界の平和のために何らかの貢献をしなければいけない。人的な貢献を含めて何かしなければいけない。」

(1992年の)PKOを巡る議論は自衛隊派遣に集中。世論の関心も警察官派遣には向けられませんでした。
「参加5原則」は、①停戦合意の成立 ②紛争当事者の合意・・・など。
文民部門に派遣される警察官の任務は、「現地警察家の助演・指導・監視」。武器の携行は認められませんでした。
警察庁長官官房「最近の国会論議と同じで、要するに後方地域の民生支援だと。文民警察ですから戦闘があるような危険地域に派遣するわけではありませんと。今から思うと本当に不思議なぐらい雲をつかむような、とにかくやってみなくちゃいかんと」

UNTACの最大のミッションは、公正な総選挙を行い、民主国家としての基礎を作ることでした。しかし、ポル・ポト派が武装解除を拒否していたのです。1970年代、100万人以上を虐殺したとされるポル・ポト派。・・・

カンボジアに派遣されることになったのは、各都道府県の警察から選抜された75人でした。
「我々が成田から飛行機に乗るときの見送りで、家族がみんな泣いていた。あれを見たら失敗したと思いました。手を挙げるのではなかったと思いましたね」
「言っていいことかどうか分からないんですけど、「今日お返事ください」と最後言われたんですよね。「別に行かなくてもいいよ」「断ってもいいよ」と言われるんですけれども、警察官をいう仕事上は「君断ってもいいよ」と言われても、断れないんですよ。」

隊員たちは、最終的に29カ所に分かれて配置されることになりました。丸腰で任務地に向かった隊員たち。UNTAC本部と連絡手段が無い場所すらありました。任務地には、事前に危険だと警告されていたタイ国境に近いアンピルも含まれていました。・・
「最低限備えてある電話やFAXはおろか、UNTACへの直接の通信手段も持たず、陸の孤島だ」「このような状態をUNTAC本部は知らない」

1月12日、カンボジア北西部の日本人文民警察官の宿舎が40人の武装集団に襲撃されました。
当時の宮澤政権の河野官房長官。「一番気にかけていたのは自衛隊。文民警察は、散っていたので、注意深く見るということまで手が回っていたかどうか・・・」

山崎文民警察隊長は、出発前に政府から活動の実施要領を受け取っていました。そこには、隊員の生命や身体に危害が及ぶ可能性がある場合は、業務を一時休止できるとありました。
「具体的に業務の一時停止ってどうやるのか。「日本だけやめます」と言えるの? どう考えたって一定期間一緒にやってきた仲間がいて、彼らがみんなで「危ないからやめよう」と言ってやめるのなら、それはできるけれど、日本だけが最初に尻尾を巻いて、法律に書いてあるので業務の一時停止を行います。それはできないだろうなと思っていましたね。」

身を守るものは防弾チョッキだけ。その中で、危険にさらされた隊員たち。今回、一部の隊員たちが、独自に自動小銃を調達していたことを初めて明かしました。PKO法に反したとしても、自分の身をまもるためには、この選択しかなかったと語りました。
「自分の身を守るためには、これが一番最適の武器だと判断したからなんです。15ドルです。弾の入った物が20ドル、合わせて35ドル。高いですか?自分の身を守るためだったら僕は安いと思ったんです。・・・」

そしてポル・ポト派の最高幹部が「ポル・ポト派の政策を妨害しているのは日本である。日本大使館員・外交官の命は保証しない。」と声明。

当時のカンボジア大使は、治安に関する情報は、ほとんど秘密指定として外務省に送っていた。「本当は何も秘密指定にしたくなかった。でもそういう情報がどんどん飛び交うと、やはり危ない、危ないということだとね、誰も来なくなるし、ボランティアもいなくなるし、日本人に被害は無くなるでしょうけど、日本との関係は決して好ましい方向に進まないと思いますよね。」
事態の深刻さが必要以上に大きく伝えられることは、国益を損なうと考えていた、と言います。

そして4月14日、日本人文民警察官が初めて武装集団に襲われます。しかしUNTACはポル・ポト派とは断定できない、としました。日本政府も、派遣の前提である停戦の合意は崩れていない、との立場を変えませんでした。
そして1993年5月4日、会議に行く日本人の車列が襲撃され、高田晴行さんが死亡。それでも日本政府は、停戦合意という派遣の前提は崩れていない、という立場を変えることはありませんでした。

柳井さん「世界の他の国々は、ある程度危険があると、犠牲もありうると十分承知してやっているわけですね。みんなが力を合わせて平和を守るというのとなんで、だからそういう貢献を日本としてもしなきゃいけない。
・・・・」(
2016/08/13放送NHK「ある文民警察官の死 ~カンボジアPKO 23年目の告白~」より)

言うまでもなく、日本は自衛隊を筆頭に、海外派兵の話が前のめりで進んでいる。その陰には、こうした危険があることを誰もが“漠然と”知っている。
しかし、忘れられていたこのような事実を白日の下にさらしたこの番組の価値は計り知れない。うがった見方をすると、NHKの籾井会長が放送をよく許可したものだと思う。そこには元河野官房長官が出演していたことも影響しているのかも・・・

ともあれ、平和ぼけしている国民に、海外派兵がいかに危険かを周知させるにはよい番組だと思う。
そして、当時のカンボジア大使が、現地の危険性を隠そうとしていた事実。それは、人の命は、国益よりも軽いことを如実に示している。これは先の戦争での国の考え方そのもの。

この事件をNetで検索してみると、(ここ)に詳しい。ここから毎日新聞の記事を拝借して再掲する。(1993/05/05付「毎日新聞」より)

160814199305mainichi 160814199305mainichi1

その記事を読むと、「監視要員辞退者さらに増加も」という記事がある。
「これまでに十人前後が辞退しているだけに、今回の事件で内定者から更に辞退者が増えることも予想される。」
ここだけが救い。現地の危険に関する情報はアテにならぬ。つまり、現地大使館や政府の発表も、隊員の命よりも国としてのメンツを優先するので、アテに出来ぬ。
すると、先の自動小銃ではないが、自分で自分の身を守るしかない。この警察以上に、命令されれば従うのが自衛隊。でも辞退するしか方法はない。
今の政府の動きは、“自民党の歴史”でもあるので止められない。つまりは、こんな事件を思い出して、“命令されても拒否する、拒否できる”風土を醸成するしかないのかも知れない。

迫り来る派遣隊員の命の危険・・・。それだけに、資料を提供し、PKOに潜むこれらの危険性をNHKの番組として世に出した当時の隊員の勇気に敬意を表したい。
同時に、できるだけ皆でこの番組を見て、戦場に人を派遣することの危険性を再認識したいものだ。

| コメント (1)

2016年8月12日 (金)

「ゴキブリが出たぞ~~~~!」

昨夜は大事件!何と自室にゴキブリが出たのである!
昨夜、11時頃だったか、ボケーッとテレビを見ていたら、何やら動く気配・・・。見ると、カーテンに大きなゴキブリ。4~5センチあるだろうか。ギョッとして、血の気が引く。
カミさんは寝ているので助けも呼べない。仕方なく、そうっと、1階にハエ叩きを取りに行く。戻ってもゴキブリはそのまま動いていない。最初の一発が重要。これで仕留めなければ、家具の裏に回って、今晩は寝られなくなる・・・。
エイッ!とたたくが外れ! (後での反省だが、ゴルフの構えと同じ。先ずハエ叩きの長さなど、位置を決め、それから本番! これをしないで、やぶから棒に振っても当たらない。)

案の定、下に落ちた。そしてアンプ棚の裏に。これで思った。今晩は眠れないぞ・・・。こんなバケ物を放ったまま、安眠できるほど自分は無神経ではない。仕方がない、「殺虫スプレー」を取りに行こう。
しかし居間を探しても「殺虫スプレー」が無い。この所、ゴキが出なかったので、抜かった!
恐る恐る寝ているカミさんを起こして、「シュー」の場所を聞く。
カーテンをたくし上げて、アンプの裏に「シュー」。するとどうだ。ゴキが、カーテンが無くなったガラス戸(サッシ)をするすると登って行くではないか。シメタ!これでやっつけられる。
しかし、ハエ叩きは当たらない。落ちた!ケーブルのスキマにいる。エイッ!と何度もたたく。よし、動かなくなった。直ぐに、屋外に放り出さなければ!
そしてシャッターを開けて、ゴキをベランダに放り出す・・・。と、何とすぐそこに同じような動く物体がある。ヒエー!と慌ててシャッターをガッチャーンと下ろし、ガラス戸を閉めた。

ゾッとしながらも、ゴキをやっつけた。これで部屋には居ない。よって今夜はゆっくりと眠れる・・・
それにしても、どこから入ってきた?スキマは無いはず。分からん。ガラス戸の下からかも知れない。ここはスキマがあるので。よし、明日はスキマを埋めるように木材でも買ってくるか・・・

今朝起きて、カミさんが言う。「あのシャッターの締め方は何?」「ベランダにも他のゴキが居た。死体をベランダに放り出した。」「それでは見に行こう・・・」
二人でベランダに行ってビックリ。死体が無い。それではあの放り出した黒いものは何?ケーブルの間に居たが、たたいても一切動かなかった。若しかすると、あれはゴキでは無かった?すると、まだ部屋に居る??? ゾ~~~~!

そもそもゴキはどこから入ってくるのか? Netで見たら、親切なサイトが色々あって、そこにアドバイスがあった。
自分の部屋にあてはめると、可能性は3カ所。
1)アンテナケーブルの貫通孔
2)サッシのすき間
3)エアコンの排水ホース

アンテナケーブルの貫通孔は、ケーブルがぎっしりだったので気にしていなかったが、ゴキは1mmのすき間から入ってくるというので、ここは粘土で塞ぐことにした。
サッシのすき間も、可能性大。朝、良く見ると、サッシや網戸には、それなりの対策はしてあって、ほとんどすき間は無い。しかし、1mmのすき間は無いかと見ると、安心は出来ない。ここには「すき間テープ」という便利な物があるらしい。
そして、エアコンの排水ホース。こんな細くて長いホースから入ってくるとは思わなかったが、色々なサイトに同じような指摘があるのでホントウらしい。
そして、最後の対策後は、バルサン。まだ居るかも知れないゴキに対して、安心して眠るために、これは必須。

朝、近くのドラッグストアが開くのを待って、「16畳用の黒バルサン」「ハエ叩き」「ゴキブリ用スプレー」「すき間テープ」「防水すき間テープ」を買い込んできた。
160812sukima 「すき間テープ」はなかなか良い。粘着力もあり、スポンジ製なのですき間にピッタリと入る。サッシの下、手前のすき間を埋め、外側も防水用のすき間テープを貼った。
アンテナケーブルの孔も粘土で塞ぎ、エアコンのホースも、網状の布で覆った。
そしてバルサン。今までもゴキ退治はしたが、ホウ酸団子が一番だった。でも今回は、そんな生ぬるいことは出来ない。バルサンで一網打尽だ。

バルサンを焚いて、待つこと3時間。部屋はまだモウモウ。空気を入れ換えて、部屋の中をチェック。しかしゴキの姿は無い。
前に家中でバルサンをやった時(ここ)、目に見える形でゴキの死体があった。しかし、今回は無い。ということは、やはり居なかった? やはり昨夜ベランダに放ったのは、ゴキの死体だった? では今朝、何故無くなった? 近くに居た友人のゴキが、死体を持ち去った?いや共食いした?それにしても、影も形もなかったのだが・・・

ともあれ、1~1.5mmのすき間から入ってくる、というNetの情報にはビックリ。この観点だと、自分の部屋はすき間だらけだった。しかし手は打った。他の部屋のサッシも、主要な所は貼った。
居間やキッチンでは、最近は見かけない。
歴史をひもとくと(と言っても、このサイトを検索するだけだが)、最初の大騒ぎが04年7月、2度目の大騒ぎが11年7月だった。15年2月にもスリッパで退治したらしい。

時たま、寝ている間に虫に刺されることがあった。原因は不明。かゆくて、虫に刺されたとしか思えない肌の痕・・・。
しかし今日は、しっかりと部屋を燻蒸した。ゴキブリスプレーもベッドの脇に置いた。もちろんハエ叩きも設置した。
網戸もなるべく使わないことにした。すき間が多いので。

さてゴキちゃん、これでも入ってくる場所があるかな?
知恵比べではある。ゴキは自分の生涯の天敵。絶対に許さない!

(関連記事)
大山鳴動してゴキブリ一匹!? 

160812inu <付録>「ボケて(bokete)」より

| コメント (5)

«喜多郎のハイレゾ音源が発売された